かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【やっぱりレイプだった】

【南米駐在外交官、現地の未成年者2人にセクハラ容疑】
2016.12.17 03:02 朝鮮日報朝鮮語版

現地メディア『セクハラシーン』密かに撮影

 南米の公館に勤める外交官が、現地の未成年者へのセクハラ容疑で捜査を受けている。

 外交部当局者は16日、「南米の某大使館に勤務し、現地の学生に韓国語を教えていた文化業務担当の外交官が10代の女子生徒2人の身体を触った事が分かり、内部監査を進めている」と話した。

 外交部によると、最初のセクハラは9月に発生し、女子生徒は現地のTV局に情報提供した。TV局は、別の未成年の女子生徒を使い、『韓国語を学びたい』と近付いた後、今月の初め外交官が女子生徒にセクハラする様子を密かに撮影した事が分かった。このシーンは、近く現地のTVで放送される予定である。

 外交部は、該当外交官を職務停止し、真相調査に着手した。更に、事実関係を確認後、該当外交官を国内に召還し、懲戒手続きを踏むと発表された。外交部関係者は、「事実関係が確認された場合でも、免責特権がある為、現地の法で起訴される事は無いが、現地の司法当局の調査に積極的に協力する方針」と話した。在外公館に勤務する現職の外交官が、未成年者へのセクハラ容疑で捜査されるのは今回が初めてだと分かった。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/12/17/2016121700106.html

セクハラ?レイプじゃなく?(笑)
現地メディアに、言い逃れ出来ない証拠を握られた事が初めてなだけ。
現地で放送された後、世界中に拡散する事は間違いなく、同様の被害者が、世界中で続出する予感がする。

国内に召喚し、裁判で罰金刑+執行猶予で、罰金を払えば無罪放免。
ホント、恥ずかしい国だわ。
外交官は去勢するか?売春婦付きの公館にした方がいいんじゃね?(笑)

【韓外交官セクハラTV放送にチリの同胞社会『大騒ぎ』】
2016.12.18 17:09 KBS

3396011_ShY.jpg

1_2016121819540946d.jpg

2_20161218195411fe8.jpg

 韓国人外交官が、チリのドキュメンタリー番組『En Su Propia Trampa』の予告篇に登場し、衝撃を与えている。

 16日(現地時間)、FBに投稿された予告篇の動画は、再生回数約51万回で、インターネットで話題になっている。

 チリの韓国大使館の文化担当のパク某参事官は9月、14才前後の現地の女子生徒に韓国語を教えた。この女子生徒は、その過程で、パク参事官にセクハラされたと主張した。

 情報提供を受け取った現地のTV局は、別の未成年の生徒に依頼し、パク某氏を『監視取材』し、その過程で再び未成年者にセクハラした。

 予告篇の映像には、パク某氏が、性的な事を口にしながらキスしようとする様子、番組のMCに『Por favor(お願いします)』と頭を下げるシーンを含んでいる。

20161218_04_4.jpg

20161218_04_5.jpg

20161218_04_6.jpg

3_2016121820024123d.jpg

4_201612182002424f8.jpg

5_20161218200244f89.jpg

 番組のMCティオ・エミリオ(Tio Emilio)のTwitterには、「私の韓国語の先生だったが、クラスの複数の生徒に、SNSでおかしな文字を送った」と言うツィートが多数投稿され、多数の現地人が、「沢山の少女が、韓国の夢(el sueno coreano)を叶える為にパク参事官の講義を聞いた」、「韓国人XXX」などとコメントしている。

 チリは、韓国ドラマやK-POPが大好きで、訪韓を夢見るマニアがいる。

 チリに居住する同胞は、「韓国人としてとても恥ずかしい」と反応し、FBに韓国人として代わりに謝罪すると言う文章を投稿している。

 チリの首都サンティアゴに居住する同胞の話によると、現在約3,000人程度で推定されるチリの同胞の間では、この動画を知らない人はいないと言う。

 外交部は、現地滞留中のパク外交官を召還し、調査後、容疑が事実と確認されれば懲戒手続きを進める計画と発表している。外交官は免責特権が適用されるが、現地警察の捜査に協力する方針である。

 韓国外交部当局者は、「事実関係が確認された訳では無い。容疑が確認されれば、韓国の国内法による刑事手続きも進行されるだろう」と話した。

6_201612182002457bd.jpg

7_201612182002477ab.jpg

 外交官が登場する番組は、18日(現地時刻)放送される。
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3396011

>事実関係が確認された訳では無い?
 よく言うわ。
 予告編を見付けてキャプチャしてみた。
 顔もバッチリ撮られてる。

予告編にリンク(笑)
https://www.facebook.com/ensupropiatrampa/


本放送も貼っておく
YoutubeにUPされていたのは削除されてた。
dailymotionにあったから貼っておくね?


En Su Propia Trampa - Capítulo - Acosador de menores -parte 1
En Su Propia Trampa - Capítulo - Acosador de menores -parte 2

やっぱりセクハラじゃ無く、レイプでした。
12歳の少女の両親が、娘がレイプされたと情報提供した事で問題が発覚。
番組が女優を使って、隠しカメラで撮影。
番組放送後、レイプの通報が続いている。

このジジイには、12歳の娘がいる。
自分の娘と同じ年の子供をレイプするなんて・・・と言うコメントで溢れている。
が・・・朝鮮人にとっては普通の事なのよね?

【チリの同胞外交官の夫人にもセクハラ・・・有名だった】
2016.12.20 09:59 CBSノーカットニュース

 それにしても最近、外国人に見られると恥ずかしい事が沢山起こるのですが・・・。顔を上げる事さえ出来なくなりそうな事が、また起こりました。チリの韓国大使館の参事官。大韓民国を代表する外交官が、チリの未成年者をセクハラするシーンが、現地のテレビ番組で放送されたのです。この便りが我が国に伝えられ、昨日1日中ザワザワしました。現地の同胞は、さぞかし大変でしょう?私達は噂を便りに、この参事官の問題を提起し続けて来た方に接触出来ました。チリの同胞です。ユン・ソホ氏にお会いします。ユン先生、こんにちは。

◆ユン・ソホ:こんにちは。ユン・ソホです。

◇キム・ヒョンジョン:チリで生活して、どれくらい経ちますか?

◆ユン・ソホ:12年になりました。

◇キム・ヒョンジョン:12年・・・ところで、チリのTVで一体どんな内容が放送されたのですか?

◆ユン・ソホ:ここは現在月曜日です。昨日の日曜日夜10時半カナル13で、この告発プログラムが放送されました。内容は何か?この参事官は、韓国文化、韓国の韓流、K-POPなどを伝道する大使館の担当者でした。担当者の癖に・・・。サンティアゴには、とりわけK-POPが好きな現地の学生、女子学生が多く、K-POPなどを見ると韓国もそうだろうと考えるファンクラブのような、同好会がありますよね?

◇キム・ヒョンジョン:ありますね。

◆ユン・ソホ:サンティアゴにも少女の集まりがあって、パク参事官と少女が接触出来たと推察されています。

◇キム・ヒョンジョン:少女、K-POPが好きな少女の集まりと、K-POPの伝導担当の大使館の職員が接触出来た?

◆ユン・ソホ:そうです。自分の業務は、まさにK-POPの伝道だから会った。K-POPが好きな少女の年齢は10代です。

◇キム・ヒョンジョン:そうでしょう?

◆ユン・ソホ:そして、彼女達は10代ですが、容姿は殆ど大人です。大学生のように見えるので。

◇キム・ヒョンジョン:西欧人だから?

◆ユン・ソホ:TVにも、そんな内容でした。登場した少女には、まだ明らかになっていないセクハラの被害者が沢山いて、その内のある少女の両親が、このTV局の告発プログラムに情報提供したのです。

◇キム・ヒョンジョン:うちの子が、パク参事官にセクハラされたと言う告発がTV局にあって、テレビ番組がおとり取材する番組があるんです。女優をパク参事官に接近させた、同じ経路で。すると、そこで行われたセクハラが・・・身体的接触は言うまでも無く、部屋に連れて行って何をするのか?そう言うシーンが全て放送されたのですか?

◆ユン・ソホ:そうです。最初~最後まで。どの程度のセクハラかと言うと、まず最初は抱擁、そしてキスしようと抱き締め、強制的に抱き締めようとして。そして会話も・・・君のどこが美しい、好き。

◇キム・ヒョンジョン:信じられない。

◆ユン・ソホ:私がどう思ったか?いい年こいて・・やれやれ、開いた口が塞がらないと。

◇キム・ヒョンジョン:未成年者を連れて、未成年者だと明らかに分かるのに、そんな会話やそんな行為を続ける場面が、そっくりカメラに撮られていたのですか?

◆ユン・ソホ:そうです。この参事官、彼は完全に狂気のXです。到底想像出来ません。これが外交官で、ハングルを教えるとして、女の子の家を訪ねる。どこがハングルの課外授業の先生ですか?

◇キム・ヒョンジョン:先生少し落ち着いて下さい。

◆ユン・ソホ:寝室に引きずり込むところも。

◇キム・ヒョンジョン:今、海外同胞が非常に激昂していると言う事を、この会話から私は感じる事が出来ますが。

◆ユン・ソホ:激昂で無く、なぜなのかと。昨日の放送が日曜日に放送されたとさっき申し上げたでしょ?私の末息子が大学2年です。本当に熱心で、学校でも、大学で唯一の韓国人学生で、生徒会の副会長も引き受けているのに、昨日放送が終わるとすぐに、息子のSNSにメッセージがあって、英語で言えば、Korean fuck Xです。

◇キム・ヒョンジョン:チリ人が韓国人に怒り、韓国人への一種のメッセージテロをしている?

◆ユン・ソホ:これは、怒り程度のものではありません。私が見ても話にもならない。更に、映像にどんな内容が登場するかと言えば、レイプされたと告発する12才の子供の両親です。

◇キム・ヒョンジョン:セクハラの他に、レイプもある?

◆ユン・ソホ:はい。 レイプと言っています。

◇キム・ヒョンジョン:レイプの対象者が12才の少女?

◆ユン・ソホ:そうです。未成年。

◇キム・ヒョンジョン:先生、私少し整理してみます。被害者は、警察が捜査している訳では無いので正確には分かりませんが、情報提供者の14才の少女の父親と、12才の少女はレイプされたとTVで放送され、これまで明らかになったのはその程度ですか?

◆ユン・ソホ:現地で放送されたのは。

◇キム・ヒョンジョン:問題のパク参事官・・・先生は以前から知っていらした?

◆ユン・ソホ:以前から知っていました。

◇キム・ヒョンジョン:どんな人ですか?

◆ユン・ソホ:このX、本当に悪い奴です、こいつは。酔っ払いで、傍若無人、このXは。酔っぱらって路上を彷徨い警察に捕まって。
◇キム・ヒョンジョン:ひょっとすると、海外同胞と争いもあったのですか?

◆ユン・ソホ:サンティアゴの韓国同胞に、チリの女性と結婚した人がいます。その人もパク参事官と普段から知り合いで、付き合って来たのに、チリ人の奥さん、知り合いの奥さんです、海外同胞の奥さん、地元チリの人。チリの女性です。酒を飲んで醜態を働いた。醜態とは、セクハラ。

◇キム・ヒョンジョン:海外同胞の奥さんにもセクハラを?

◆ユン・ソホ:セクハラと同じような事をして。私が知る限りでは、その韓国の男と同胞がとんでもなく言い争った事実がある。そのセクハラの後、ハングルを勉強するチリ人達は、みんなやめました。

◇キム・ヒョンジョン:やれやれ。先生、私は今話を聞きながら、すでに同胞社会では、この人に問題があると言う噂は広まっていたのではありませんか?

◆ユン・ソホ:当然です。

◇キム・ヒョンジョン:ところで、なぜ大使館は何の措置も取らず、TV局の告発プログラムに登場するまで対応無策だったのですか?

◆ユン・ソホ:私が言いたい事は、まさにそれです。あんなXが、どうして大使館領事館の参事官で、文化担当の責任者、話になりますか?どれだけ管理が粗雑で、監督不十分なのか?

◇キム・ヒョンジョン:すでに同胞社会に広まっている行動の問題に大使館が目を瞑った結果、チリの社会問題に拡大する状況・・・実際これまで、チリで韓国イメージは良かった?

◆ユン・ソホ:南米で韓国に、大韓民国への好感度が最も高い国がチリです。

◇キム・ヒョンジョン:そうですね。今回の事件のせいで韓国のイメージに大きなダメージになるのではないかと心配になる。私の心配は過剰ですか?現地の雰囲気はどうですか?

◆ユン・ソホ:ダメージです。私は今日午前、周囲の知り合いに連絡しましたが、その人も韓国の言葉で言えばメンブン(メンタル崩壊)です。

◇キム・ヒョンジョン:深刻なダメージが心配なりますか?

◆ユン・ソホ:ショックですよ、完全に。

◇キム・ヒョンジョン:完全に・・・。

◆ユン・ソホ:ダメージです、心配です。ホント、話にならない。本当に何で?・・・管理監督、外交部も、大使も、全て問題です。これが話になりますか?

◇キム・ヒョンジョン:真実を伝えながら・・・。

◆ユン・ソホ:使命感も無く、自分の地位に従い、自分は何をすべきか?そういう事を知らない人ですよ。

◇キム・ヒョンジョン:私も、今伝えながら信じられなくて惨めな感じがします。外交部に一言ありますか?

◆ユン・ソホ:私が思うには、これではダメ。しっかり整えなければ、それだけです。こんな話がありますか?大使館は、国民の税金で働いているんですよ?

◇キム・ヒョンジョン:真に同胞を管理すべき大使館が、むしろ海外同胞の心配の塊り、憂い塊りになった事が信じられず、どう真相究明されるのか?徹底的に調査されるのか?処罰されるのか?見守ります。先生、今日は情報提供ありがとうございました。

◆ユン・ソホ:キム先生も、お疲れさまでした。
http://www.nocutnews.co.kr/news/4704087

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック