かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【金融危機の足音が聞こえる】

[アメリカ0.25%利上げ]
加速するアメリカの利上げ...
金融危機対応『外貨準備の防波堤』更に積む必要

2016.12.15 18:30 聯合ニュース

外貨準備高、短期外債、経常収支良好
しかし、資金大移動時、政府の対応カード制限
『最低1,000億~1,500億ドル用意しなければ安心出来ない』

1L599768JY_2_99_20161215183004.jpg

 アメリカの利上げ発表から約3時間後の午前7時30分、利上げの影響と対応策を議論する為に集まった政府関係者は緊張していた。

 アメリカの利上げは、世界景気の流れを変える核心要素である。アメリカが利上げすれば、ドルは急騰し、マネームーブ(資金の大移動)が発生し、債権・株式・原材料市場が揺れ動き、韓国経済も大きな影響を受ける事になる。しかし、政府は現在、『最高レベルの緊張感と警戒感を維持し、必要な場合、市場安定措置を取って行く』と言うレベルで対応している。政府の手持ちのカードは極めて制限的だからである。

 15日、韓国経済研究院が主催したセミナーでは、来年韓国を含む新興国家が再び金融危機に陥る可能性があると言う予想が登場した。アメリカの利上げで内外の金利差(スプレッド)が発生し、外国人の資金が流出し、為替相場が急落し、内需・輸出など実物景気に影響しかねないからである。しかも、政治的不確実性は、以前も危機を増幅させて来た。

 オ・ジョングン招聘研究員(建国(コングク)大特任教授)は、「我が国は1997年と2008年に続き、再び危機局面に入り込んでいる。これまで2度危機が発生した背景には政治的要因がある。10月に始まったチェ・スンシルゲートで、金融危機が再演される事が懸念される。アメリカの利上げで国内金利が上昇すれば、限界企業が増加し、1,300兆ウォンに達する家計負債の不良による金融機関の危機が発生する可能性がある」と指摘した。

 外国人資金の流出で、実物経済が冷え込み、成長率に影響すると言う研究結果もある。対外経済政策研究院(KIEP)によると、アメリカの国債金利が0.25%上昇すれば、韓国の外国人の株式投資資金は3ヶ月に3兆ウォン流出すると調査されている。バンクオブアメリカ(BOA)は、アメリカが利上げすれば、韓国経済の成長率は第2四半期~第3四半期にかけて0.15~0.25%低下するが、1年6ヶ月後には安定を取り戻すと推定している。

 我が国の対外支払能力を示す3大指標の外貨準備高、短期外債比率、経常収支は良好な水準である。外貨準備は、1997年の通貨危機時に204億ドル、リーマンショック当時の2008年2,012億ドル→11月現在3,720億ドルに増加している。2008年のリーマンショックの時に比べ1.8倍に増加している。

 通貨危機当時103億ドルの赤字を記録していた経常収支の黒字は、2008年の32億ドル→10月現在819億ドルに達している。国際金融市場の混乱期、急激に流出する可能性が高い短期外債比率(償還期限まで1年未満の外債)も、1997年は36%、2008年は47%に達したが、今年9月現在27.9%と安定している。政府がアメリカの利上げに伴う急激な資本流出が発生しても、安全と考える最大の理由である。

 しかし、専門家の見方は違う。シン・ジェユン元金融委員長は最近、「危機が迫れば、現在の外貨準備高では安心出来ない。1,000億ドル程度は、1週間で流出する」と警告する。更に、「外貨準備高の内2,000億ドルは、国際通貨基金(IMF)などに事実上縛られており、我が国が勝手に使う事は出来ない」と話した。オ招聘研究員は、「通貨危機が近づけば、今より最低1,000億~1,500億ドル程度、更に外貨準備高がなければ安心出来ない」と話した。

 政府が現在、外国人の資金流出に備える事が出来るカードは、通貨スワップとマクロ健全性3点セット(先物為替ポジション規制、為替健全性負担金、外国人の債券投資課税)だけである。政府は昨年12月、アメリカが9年6ヶ月ぶりに利上げすると、2010年導入した3点セットを幾つか手入れした。しかし、これは、新興国の急激な資本流出による金融危機のドミノが発生すれば、対応は困難との指摘である。通貨スワップも、中国など、アジアの一部の国を除き、主要国とは全て中断されている。

 政府は、日本との通貨スワップを準備しているが、国内政治の不確実性で、実際締結されるのかは未知数である。同日、現代経済研究院は報告書で、「韓米両国の金利差が0.50%に縮小したのは2007年11月以来初めて。外国人の資金流出への対応が必要」と指摘した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=011&aid=0002938090

経済副総理が、格付け会社や日・米に電話で健全性をアピールしたり、死に体の外交部が、「慰安婦合意は確実に履行する」と発言するのは、韓国経済が相当悪いって事。

>政府の手持ちのカードは極めて制限的
 利上げも、利下げも出来ず、残るは為替介入だけ。
 ところが、介入に使うドルが足りない。
 現状、ドルを引き出せる唯一のスワップは、チャンマイ・イニシアティブ(CMIM)だ
 け。が・・・CMIMには、『IMFリンク(IMF融資とリンク)』制限がある。

 1997年の救済支援によるトラウマから、『IMF』の介入だけは、何としてでも避けよう
 とする。
 CMIMの韓国の引出し権は384億ドル。
 内40% 153億6,000万ドルまでは、IMF融資とリンクせずに引き出せる。
 それでも、『IMF』が怖くて、『IMFリンク』付きのCMIMを実行出来ない。(笑)

 まあ、それも、384億ドルの分担金を払っていれば・・・だけど。
 2014年度予算では、分担金を捻出出来なかったし、今現在どうなっているのか分か
 らないけど、コレ↓を見る限り、どうやら払っていないようだね?

>外貨準備高の内2,000億ドルは、国際通貨基金(IMF)などに事実上縛られており、
 我が国が勝手に使う事は出来ない

 CMIMの384億ドルの分担金の未払い分、韓国政府が約束したフィリピンなどへの
 台風被害援助額の延滞分などで2,000億ドルはIMFに差し押さえられていると言う
 事かもね?
  
>アメリカの国債金利が0.25%上昇すれば、韓国の外国人の株式投資資金は3ヶ月
 で3兆ウォン流出する
(3兆ウォン=25億3,500万ドル)
 
 金融投資協会(12月13日発表)によると、外国人投資残高は89兆9516億ウォン=約790億1,115億ドル
 790億1,115億ドルの内25億3500万ドル程度の流出で済めば問題なさそうだけど?

韓国政府が発表する世界6位だか、8位だかの外貨準備高3,751億7,000万ドル(10月末)の半分以上はIMFに押さえられて使用出来ず、米国債は867億ドルしかない。
残り884億7,000万ドルの大半はジャンク債で現金化出来ない。
焦るのも分からなくは無い。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック