かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【そうなると思った】

[春の端境期越える造船]
『Big3』今年の受注達成率13%・・・『史上最悪』
2016.12.08 11:25 アジア経済

年初、目標358億ドル、48億ドルに留まる
約20日残っているが・・・目標達成不可能
海洋プラント部門の受注は1件も無く
当分受注干ばつ続く・・・業界溜息

 年末まで僅か20日程度しか残っていないが、国内の大手朝鮮3社の今年の受注実績は、目標の10%をやっと越えた事が分かった。残りの期間も受注干ばつが続くと見られ、造船会社の今年受注実績は、歴代最悪を記録すると見られている。

 8日、業界によると、今年の造船Big3の年初の受注目標は358億ドル、現在までの受注実績は48億ドルに過ぎない。前年(約4701億ドル)比20%縮小した今年の受注目標の達成率は13.4%に留まっている。昨年12月中旬の累積受注額264億ドルに比べ、82%減少している。

 今年の目標は、現代重工業(現代三湖(サムホ)重工業・現代尾浦造船含む)197億ドル、大宇造船海洋108億ドル、サムスン重工業53億ドルである。しかし、大宇造船は6月の自救計画で、年間受注目標を108億ドル→62億ドルに下げている。これを反映すれば、今年の造船Big3の受注目標は312億ドルで、目標達成率は15.4%である。

 3社全て、目標の相当部分を海洋プラントの受注と見込んでいたが、今年に入り海洋プラントの受注は全く無く、低調な達成率の最大の原因になった。業界関係者は、「例年は、各社100億ドルを軽々と突破していたが、夢になってしまった。年間最低100億ドル程度受注しなければ造船所の運営に影響する。当分受注干ばつが続くようで心配」と話した。

 Big3の内、唯一3四半期連続黒字を記録した現代重工業(現代三湖(サムホ)重工業・現代尾浦造船含む)は、今年197億ドルの受注目標で、27億ドルの受注で、目標の13.7%に留まっている。現代重工業だけを見ると、受注目標127億ドル、受注は21億ドルである。現代重工業グループの造船3社は、11月末まで24隻受注したが、タンカー12隻、ガス運搬船3隻、石油化学製品運搬船3隻、バルク船1隻、液化天然ガス(LNG)運搬船1隻など、商船とその他船舶で海洋プラントは無い。

 完全資本蚕食の大宇造船海洋の受注は13億ドルで、年初目標(108億ドル)の12%に過ぎない。6月大幅に縮小した62億ドルの目標でも、達成率は21%に留まっている。大宇造船は、タンカー6隻、LNG船2隻、特殊船3隻な11隻を受注したが、海洋プラントは無い。大宇造船は、最低受注目標を35億ドルとしている。

 9月まで受注が無かったサムスン重工業は、最近の2ヶ月8億ドルを受注している。タンカー7隻、LNG船2隻の9隻で、やはり海洋プラントは無い。昨年の受注目標150億ドルの1/3水準の53億ドルを目標に、現在まで15%を達成している。サムスン重工業は、今月中に、イタリアENIのモザンビークコーラル(Coral)の FLNGプロジェクトの受注を期待している。このプロジェクトで、サムスン重工業の契約額は約25億ドルで、契約に成功すれば目標の半分は達成出来る。造船業界関係者は、「通常、上半期より下半期に受注が増加する傾向があるが、今年はバルク船、コンテナ船、ガス船など種類を分けず発注が減少し、結果を大言壮語出来ない。Big3の目標達成は水の泡になった」と伝えた。
http://v.media.daum.net/v/20161208112019739

そうなると思ったわ。
大宇造船の目標なんて、政府支援の金を貰う為に産業銀行が計算した辻褄合わせの数字でしか無い。
大宇造船に限らず、韓国企業はどこも同じ。
アホなメディアは、政府や国策銀行から金貰って、政府支援を批判されない程度に報じるだけだしね?(笑)

大宇造船にも、国策銀行にも、メディアを買収するような余裕の金は無く、クソババアが末期状態に陥っているから、『池に落ちた犬は棒で叩け』と言わんばかりに不都合な事も報じられるだけで、こう言う結果になる事は構造調整の前から分かっていた。

政治や企業と癒着しないと、やっていけないのは韓国メディアも同じ。
って言うか、韓国の大手メディアの大半は、財閥グループの子会社、又は系列会社だし。(笑)
同じように目標を大幅に下回っているにも関わらず、サムスン重工業の実績に触れる部分だけ、やんわりしてるでしょ?
サムスンは、こんな糞みたいな記事にも金払ってるって事。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック