かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【現代商船はヤバイ bySCMP&ロイドリスト】

【現代商船、外信『危険な海運会社』に指定】
香港SCMP、英ロイドリスト『現代商船はヤバイ』
・・・2Mの本契約締結に経営正常化かかっている
2016.11.28 16:30 Monay Today

 『最も危険な海運会社はドイツ ハンブルク・スド、香港 OOCL、イスラエル ZIM(ジム)、韓国 現代商船』

 香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は28日、「韓進(ハンジン)海運の法廷管理後、世界の海運業界で、買収・合併(M&A)・,破産が続いている。このような流れの中、『最もヤバイ(most at risk)』海運会社はこの4社」と指摘している。最近、イギリスの海運専門紙ロイドリストも、4社を『危険な海運会社』と名指ししている。

 現代商船は、韓進(ハンジン)海運のアメリカ路線など、資産の買収で中堅船会社の大韓海運に負け、第3四半期、海運不況の長期化で2,303億ウォンの営業損失を記録し、6四半期連続赤字が続いている。

 現代商船の経営正常化の鍵は、アライアンス2Mへの加入である。現代商船が世界1~2位の海運会社、マースクとMSCが所属する2Mに加入すれば、2Mが保有する超大型船を活用し、原価を削減し、競争力を強化出来る。しかし、船の配分交渉で2Mとの異見が露出し、本契約の締結は当初予定された11月末から延期されている。2Mは、週単位のアメリカ路線船舶量の内、2万TEU(1TEUは6mの長さコンテナ1個)を現代商船に配分する計画だが、現代商船は2万~3万TEUを要求している事が分かった。現代商船は、「遅くとも12月初めまでに本契約を終える」としている。

 世界の海運会社は、『生き残り』を賭けたM%Aを行っている。フランスのCMA-CGMとシンガポールのNOLは、7月合併を決め、ドイツのハパックロイドと中東のUASCも、7月18日合併し、世界5大海運会社として再誕生し、MOL、NYK、Kラインなど、日本の3大海運会社も『生き残る』為に、コンテナ部門の合併を決め、合併法人は来年7月1日スタートする。台湾政府は、国籍海運会社のエバーグリーンとヤンミンに、総額19億ドル(約2兆ウォン)の救済金融を投入する。これは2社が今年1~第3四半期、5億8,000万ドル(約6,800億ウォン)の損失を記録したからである。

 SCMPは、「韓進(ハンジン)海運の没落は、世界貿易の好況が終わった事を意味する(Hanjin Shipping collapse may be the beginning of the end for profitable global trade)』と言うタイトルの記事で、「今日の世界の海運市場の運賃は、2年前に比べ半分になり、世界の物流量の15%を積み出す1位の海運会社のマースクでさえ、第3四半期1億1,600万ドルの損失を記録し、今年純損失を記録すると思われる」と伝えた。更に、「ドナルド・トランプが、世界の供給網(long supply chain)を諦め、企業に『アメリカ本土に回帰しろ』と主張し、世界の物流量は、現在より縮小する事が予想される」と付け加えた。

 「好況は短く、不況は長い」、海運市場の船の供給過剰と運賃の下落は解消の兆しが見えない。

 これについてキム・インヒョン高麗大教授は、「海運景気は世界的な物流量が増加し、船の供給を適切に維持すれば回復する。保護貿易主義、低成長の継続で、今年の貨物の取扱量は、前年比約5%減少し、船の供給が減少しない限り、海運景気が良くなる事は無い」と主張する。彼は、「国が乗り出し、船の供給量を調節する協議体を構成する事が対策になる」と付け加えた。

 中古船が市場に売りに出されている事も、今後の海運景気の見通しを暗くしている。中型船が廃船にならない事は、供給過剰が続く事を意味する。SCMPによると、11~12月の2ヶ月間、中古船が114隻売りに出ると見られている。
http://cnews.mt.co.kr/mtview.php?no=2016112814363227065&cast=1&STAND

most at risk=最もリスクが高い=ヤバイ、超ヤバイ。(笑)

赤字が続き現金が枯渇し、政府支援が無ければ倒産寸前。
ところが、支援を決めたはずの政府が、今や植物状態。
ハッキリ言って、企業支援どころじゃ~ない。
超ヤバイと思われるのは当然や。

リクスを背負ってまで現代商船をアライアンスに組み込む事は無い。
そもそも、来年の計画は出来上がってるんとちゃう?

現代商船は、嘘ばっかり吐いてるから信用出来へん。
用船料交渉は半年かかってポシャったし、今度は何ヶ月引っ張るつもり?
11月末まで残り2日、現代商船が言う12月初めって、何日までの事?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック