かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【jOUT OF 眼中!!】

【現代・起亜自動車、営業利益率5%以下に墜落】
2016.11.25 05:25 韓国経済

第3四半期の利益率2010年以来最低

破産したGMより低く
BMW 10.1%、トヨタ 8.5%・・・競合他社の利益高空行進

景気悪化、人件費上昇など悪材料・・・収益性悪化でR&D投資怠慢
未来車の競争に遅れる可能性を『懸念』


 現代・起亜自動車の営業利益率が第3四半期5%以下に低下した。新たな会計基準を適用した2010年以来初めてである。

1_20161127032020cdd.jpg

 実績悪化の主な原因、新興国の景気悪化、円安、人件費の高騰など、国内外の悪材料は改善の兆しを示していない。電気自動車、自律走行車など、未来車の主導権を握る競合他社が研究開発(R&D)投資に邁進する中、現代・起亜自動車は収益性の悪化で、競争に遅れる可能性があると懸念されている。

GMより収益性悪化

 24日、現代・起亜自動車と、トヨタ・フォルクスワーゲン・GMなど、世界の10大完成車メーカーの第3四半期の実績を分析した結果、現代・起亜自動車の営業利益率は4.6%と集計された。現代・起亜自動車の四半期の営業利益率が5%を下回るのは、2010年、国際会計基準(IFRS)の施行以来初めてである。世界の完成車メーカーの中で最低水準である。一時、『非効率の代名詞』と言われたアメリカのゼネラルモータース(GM)以上に収益性が悪化している。

 年間の営業利益率も低下し続けている。リーマンショック直後の2011年、現代・起亜自動車の営業利益率は9.5%に達したが、2013年8.5%、昨年6.2%に続き、今年第3四半期5.6%に低下している。

 競合他社の収益性は良好である。トヨタの営業利益率は8.5%に達している。円安を背に負うトヨタの営業利益率は、2014と2015年、2年連続10%を上回り、今年も高空行進している。ドイツのメルセデスベンツは10.5%、BMWは10.1%を記録している。

 GMの営業利益率は6.6%で、昨年(3.2%)に比べ大幅に上昇している。リーマンショック以降8年間賃金を凍結し、体質を改善した結果と分析されている。GMは年間営業利益率で2010年以降初めて現代・起亜自動車を上回ると予想されている。

 日本企業のホンダが7.0%、日産が6.1%で、現代・起亜自動車を上回っている。排出ガス操作問題を経験したフォルクスワーゲンも、昨年の赤字を乗り越え、今年第3四半期5.4%の営業利益率を記録している。

R&D投資財源非常

 現代・起亜自動車の収益性の悪化は、世界の自動車市場が良好な中で現れている点で問題は深刻だと指摘されている。最大市場の中国の10月までの販売量は約1,813万台で、前年同期比17.7%増、ヨーロッパは約1,274万台で6.9%増、アメリカは歴代最高を記録した昨年に比べ、0.2%減の約1,230万台である。

 現代・起亜自動車の主な市場の販売量は増加したが、競争激化でマーケティング費用が増加している。現代自動車の第3四半期までのマーケティング費用は2兆3,950億ウォンで、昨年同期間比11.7%増、起亜自動車も売上に占める販促費の割合が4.6%→4.8%に上昇している。専門家は、現代・起亜自動車が強いロシア・ブラジルなど、新興国の景気悪化、相対的な円安、労働組合のストライキに伴う各種費用の増加など、悪材料が当分続く可能性が高いと見ている。


 現代・起亜自動車は、営業利益率の低下で未来車の競争に備えるR&D投資財源が不足する可能性が懸念されている。トヨタのR&Dは2014年1兆50億円(約10兆5,300億ウォン)、2015年1兆560億円(約11兆6,00億ウォン)、今年は1兆800億円の投資を計画している。

 現代・起亜自動車のR&D投資は昨年3兆3,656億ウォンで、トヨタの1/3水準である。フォルクスワーゲンのR&Dは昨年136億ユーロ(約16兆9,300億ウォン)で、現代・起亜自動車の5倍である。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016112445541#AA.12886512.1

ドイツや日本のメーカーは、現代・起亜などOut of 眼中!!
自己評価高過ぎ!!

パーツを輸入し組み立てるだけの自動車メーカーが未来車を開発する?
『 臍で茶を沸かす』ようなものですね?(笑)

韓国のR&D費用は、人件費が大半で投資じゃないしね?

デジタル時代の進化は早い。
基礎技術が無いメーカーは、完全に置いて行かれる。
IONIQが無人走行したとか嘘吐いて満足してるようじゃ、戦わずして結果は見えてる。

無駄な事せずに、とっとと倒産しろ!!
切磋琢磨出来ないライバルは少ない方がいいんだから。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック