かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【取り付け騒ぎ再び?】

【貯蓄銀行の家計融資の80%が『多重債務』・・・『金利上昇期脆弱』】
2016.11.17 20:21 韓国経済TV

 貯蓄銀行の家計融資の80%が多重債務残高で、市場金利の上昇期、不健全化する可能性が高い事が分かった。

 17日、リュ・チャンウォン ハナ金融経営研究所研究委員が、預金保険公社の金融リスクレビュー秋号に寄稿した報告書によると、2016年6月末時点の貯蓄銀行の多重債務家計融資残高は約13兆3,000億ウォンで、家計融資残高16兆6,000億ウォンの80.1%に達しているだけで無く、貯蓄銀行を含む非銀行圏利用者の内、年収3,000万ウォン未満の低所得層の割合は第1四半期33.6%に達し、貯蓄銀行など第2金融圏の低所得層と多重債務者の割合が高いと分析された。トランプの当選と同時に、12月FRBの利上げが優勢になり、市場金利が急騰し、多重債務者や低所得者の融資の割合が高い貯蓄銀行が不健全化する可能性が指摘されている。

法廷最高金利引下げ・・・無理な融資拡大懸念

 今年3月、法廷最高金利が34.9%→27.9%に7%下がった。通常30%台の個人信用融資の収益性の悪化が避けられなくなり、貯蓄銀行は今年初め、小額の信用融資を縮小し、残りの融資を拡大する方向で、ポートフォリオの調整に忙しくなっている。

 実際、貯蓄銀行業界の小額信用融資残高は最近の2年間増加傾向が続き、6月末1兆1,000億ウォンで、6ヶ月前に比べ78億ウォンの減少に転じる一方、同期間、貯蓄銀行の融資残高は3兆9,000億ウォン増加し、最近の2年間で最高に増加している。相対的に金利が高い小額信用融資で収益を得る事が困難になると、信用融資の規模を拡大し、担保融資や企業融資など、残りの融資を拡大したと推定されている。

 リュ研究委員は、「貯蓄銀行が収益性を保全する為、量的拡大戦略を推進する可能性がある」とし、最近銀行が融資を回避する時流をチャンスとして、「資金難に直面する中小企業や自営業者が、貯蓄銀行を利用する可能性が高い」と指摘する。

金利差狭くなり・・・金融会社の競争は深化

 このように貯蓄銀行の健全性懸念が相次ぐ中、貯蓄銀行圏と他の金融会社の金利差が狭くなり、激しい競争に追い込まれている。最近導入された中金利融資の場合、インターネット専門銀行、キャピタル、P2P企業が、15%前後の中金利個人信用融資市場を攻略し、競争が避けられないのが実情である。特に、銀行の中金利融資『飛び石ローン』は、貯蓄銀行の『飛び石2ローン』以上に、金利競争力が高く、貯蓄銀行の5~6等級の優良顧客流出の可能性が提起されている。

 予報金融リスクレビュー報告書は、貯蓄銀行は無理な競争で健全性が悪化する可能性があると指摘している。信用リスクを縮小する為のビッグデータ信用評価技法の開発と広告宣伝費の削減など、全般的なプロセスを革新する必要があると説明している。

富村に集まる貯蓄銀行・・・『庶民金融は昔話』

 貯蓄銀行の首都圏・大型化現象は、日増しに深刻化している。79の貯蓄銀行の内、上位10社の資産の割合は、3年前の33.9%→現在42.9%に増加し、近く上位10社が貯蓄銀行全体の資産の半分を占めると予想されている。これら上位企業は、全てソウルと首都圏にある。

 合わせて、ソウルで営業している貯蓄銀行の支店の分布を見ると、ソウル25ヶ区の内、江南(カンナム)、瑞草(ソチョ)、松坡(ソンパ)、江東(カンドン)など、いわゆる江南(カンナム)4区にある支店が全122支店の内、59支店(48.3%)で半分に達している。江南(カンナム)4区の貯蓄銀行の支店は、SBI貯蓄銀行6店舗、HK貯蓄銀行6店舗、ハナ貯蓄銀行が5店舗、JT親愛貯蓄銀行が5店舗、代行貯蓄銀行が4店舗、OK貯蓄銀行が4店舗である。更に、ソウルで営業する貯蓄銀行28社が取り扱う家計融資残高は、6月時点で約11兆7,000億ウォンで、貯蓄銀行全体の家計融資残高16兆6,000億ウォンの70%を越えている。

 収益性の悪化で、貯蓄銀行が庶民金融のアイデンティティを失う中、金利上昇期を迎え、多重債務者の増加、競争激化で、健全性が悪化する可能性を懸念する声が徐々に高まると見られている。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=215&aid=0000510582

預金金利が都市銀行より高く、融資金利も都市銀行より高い金融機関の1つが『貯蓄銀行』
大統領がレームダックに陥ると貯蓄銀行が話題になるのかね?(笑)

2011年1月、釜山貯蓄銀行など9行が営業停止処分
2011年7月、トマト貯蓄銀行など7行が営業停止処分
2012年5月6日、貯蓄銀行業界1位のソロモン貯蓄銀行、韓国貯蓄銀行、未来貯蓄銀行、漢州貯蓄銀行の4行が6ヶ月間の営業停止処分
2011年~2012年5月までに20行が営業停止になり、相当数の貯蓄銀行で取り付け騒ぎに発展した。
韓国の預金者保護は5,000万ウォンまで。
殆ど預金せず、借りられるだけ借りまくる民族の事だから、5,000万ウォン以上の預金者は少なかったけどね?(笑)

釜山貯蓄銀行グループ事件では、6兆ウォン(約4,000億円)の不正融資、3兆ウォン(約2000億円)の粉飾会計が発覚。
預金保険公社は、2011年営業停止になった16行の構造調整に約15兆ウォン(約1兆円)投入。

で、問題になった貯蓄銀行の不正の多くが、経営陣の個人的な利害に絡む不正融資、政官界へのロビーで問題に・・・。

釜山貯蓄銀行事件では、元青瓦台(大統領府)広報首席秘書官、元監察院監査委員の関与が発覚し、李明博(イ・ミョンバク)の実兄の李相得(イ・サンドゥク)議員の秘書が、企業のロビー工作で現金を受け取った容疑で逮捕。

2012年営業停止になった未来貯蓄銀行の会長(キム・チャンギョン)が、京畿道の漁港から貯蓄銀行の預金(都市銀行の法人口座から引き出した現金135億ウォン、小切手68億ウォン)を持って、中国に密航しようとして逮捕された。

イ・ミョンバク=ネズミが、レームダックに陥っていた政権末期の出来事でした。(笑)

【貯蓄銀行営業停止になっても7日以内に預金保険金支払い】
2016.11.29 09:34 聯合ニュース

 貯蓄銀行が営業停止処分になっても、預金者は7日以内に預金保険金を受取る事が出来るようになった。

 預金保険公社は、個別にコンピュータ・ネットワークを運営して来た貯蓄銀行12行が、預金保険金の支払いに必要な電算システムの開発を終えたと29日発表した。

 システムの構築で、貯蓄銀行の財務情報が事前に提供され、預金保険金の支払い期間を7日以内に大幅に短縮出来る。

 財務情報が提供されなければ、営業停止後、預金保険金が支払われるまで平均5ヶ月以上がかかった。

 これで貯蓄銀行79行は、標準化された預金保険金支払いシステムを備える事になった。

 これまで、貯蓄銀行中央会の統合コンピュータ・ネットワークを使用する67社は、事前に財務情報を提供しているが、個別コンピュータ・ネットワークを使用する12行は情報提供していなかった。

 顧客数が多い大手貯蓄銀行が個別コンピュータ・ネットワークを使用しているケースが多く、預金保険金の支払いが遅滞する事が懸念されていた。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2016/11/29/0301000000AKR20161129046700002.HTML?template=5566

貯蓄銀行の財務状況なんて、粉飾塗れで、本当の財務状況は蓋を開けて見なけりゃ分からないのに、本当に機能するのかしら?(笑)

2012年には、未来貯蓄銀行のチャンギョン会長が、客の金1,200万ウォン(当時1円=14ウォン)を旅行鞄に詰め、営業停止処分直前に中国に密航しようとして漁船に乗り込んだところを海洋警察に現行犯逮捕された。
そして、未来貯蓄銀行が『5.67%』と発表していたBIS基準に基づく自己資本比率が、実際は-16.2%だった事が分かった。

その後、全ての貯蓄銀行のBIS比率がマイナス(債務が資本を上回る)だった事が分かった。(笑)
ボヘ -91.35%
エース -51.1%
釜山 -50.29%
釜山2 -43.35%
漢州 -37.32%
中央釜山 -28.48%
トマト2 -26.24%
大田 -25.29%
ウリ -20.66%
全州 -11.56%
振興 -7.45%
新羅 -6.1%
道民 -5.32%
W -4.07%
京畿 -2.86%
オーツー -0.3%
世宗 -2.09%
ユニオン -2.03%
サフル -1.46%
韓国 -1.36%
トブリュ -0.40%

イ・ミョンバクの同胞が大勢いる民主党の安住が、2,000億円のウォン建て韓国国債の購入計画を突然発表したのは、この時だった。

で、慌ててシステム構築を発表する=心配いらないと宣伝する=相当ヤバイ状態=取り付け騒ぎ再び?
預金者は、さっさと引き出した方がいいんじゃないかな?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック