かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【坂を上れない車】

【IONIQ(アイオニック)エレクトリック、
坂道でスリップするタイヤ?・・・現代『原因糾明し対応』】

2016.11.06 Etnews


<電子新聞のパク・テジュン記者が、IONIQ(アイオニック)エレクトリックで坂道を上る事が出来ず、スリップ(Slip)現象が発生する様子を実験する動画.>

 現代自動車初の量産型バッテリー電気自動車(BEV)『IONIQ(アイオニック)エレクトリック』の一部に、斜面10度前後の坂道を走行する際、スリップし、上がる事が出来ない問題が発生した。現代自動車は、原因を調査後、対応に乗り出す計画である。

 6日、IONIQエレクトリックの利用者と業界によると、現代のIONIQエレクトリックに、駐車場の入口など急斜面で、タイヤが空回りする『スリップ(Slip)』現象が数回発生した。更に、この現象は、左右の道路の高さが不規則な道路でも発生した。

 今年の初めに発売された『IONIQハイブリッド』に発生した坂道に停車後、再発進する際バックする現象ほど深刻な欠陥では無い。しかし、今年、国内で納車予定車が半分ほど残り、海外発売を控えている為、初期に市場のイメージが悪化する可能性があり、対策準備が至急である。

 IONIQエレクトリックのドライバー チェ・ソクチュン氏は、「IONIQエレクトリックの引渡しから1週間も経たない内に路地を走行中、急傾斜や路面が不規則な道路で、前輪がスリップする現象を何度も経験した。運転歴は10年になったが、10度程度の傾斜の路地や道路は迂回したり、諦める事が日常になった」と不便さを訴えた。

 その後、本紙が入手した多数の映像でも、同じ問題点が確認された。国内の某専門家に同乗して貰ったIONIQエレクトリックの試運転でも、スリップ現象が発生した。

 正確な原因は確認されていない。しかし、専門家は、タイヤの摩擦、過度なアクセラレーターの問題である可能性を提起した。

 チェ・ヨンソク元法案融合研究所欠陥分析委員は、「現代が燃費効率を上げる為、低摩擦タイヤを採用し、アクセラレーターが過度に敏感に設定されている事でスリップ現象が発生する」と推定した。彼は、「パワー・ノーマル・エコなど、運転モード別のアクセラレーターの設定を改善する事が解決策になる可能性がある」と付け加えた。

 エコモード走行時、時速20km以下で初期設定を約20%下げた新モードを追加し、ノーマルモードの加速ペダルの設定を現在より弱く、パワーモードも、ノーマルモードとの中間程度に再設定すべきと言う事である。ブレーキ装置も、現在の3段階→4段階にし、ブレーキ性能を改善する事も解決策とされる。

 現代は原因を調査している。IONIQエレクトリックだけで無く、他の電気自動車モデルを確保し、坂道で走行試験を行い、対策を用意する計画である。

 現代関係者は、「坂道でスリップする現象がIONIQエレクトリックだけに発生するものか?電気自動車固有の特性の問題なのか?実験する。顧客対応チームも、この問題を受付、原因が究明され次第、早い時期に対応する」と話した。

 現代は3月、IONIQハイブリッドで、坂道で停車後、再発進する際バックする誤作動が発生したと報告を受け、無償修理を実施していた。
http://www.etnews.com/20161104000425



大した欠陥で無いか否か?は、現代が決める事じゃ無くね?
実験だから後ろに車はいないけど、後ろに車があれば確実にぶつかってる。

売れない理由が分かる気がする。(笑)
無理矢理買わされた社員は、坂の無い道を選んで通勤してるのかしら?

>坂道でスリップする現象がIONIQエレクトリックだけに発生するものか?電気自動車
 固有の特性の問題なのか?実験する。

 プリウスやフィットが坂道を上れないなんて聞いた事ある?
 坂道に弱い車は、ガソリン車にもあるし・・・。
 うちの社用車には、プリウスも、フィットもあるけど、クワトロじゃないアウディより坂道
 に強い気がする。(笑)
 
IONIQより、アシスト付き自転車の方がスムーズじゃね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック