かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【見えて来た全体像】

【サムスン、政府支援約束され280億支援計画】
2016.11.06 22:22 SBS

<アナウンサー>
 本日(6日)の8時のニュースは、チェ・スンシル国政壟断事件で、財閥企業と政権の間に裏取引があったと言う証言の独占報道から始めます。

 サムスングループが、チェ・スンシル氏のドイツの乗馬事業に約280億ウォン支援する事で、事業上の政府支援を約束されたと言う証言を入手しました。

 ドイツから特別取材チーム チョン・ヘギョン記者の報道です。

<記者>
 ロベルト・クイパース ドイツヘッセン州乗馬協会経営部門代表は、かつてウィデックスポーツの前身コレスポーツの共同代表でした。

 共同代表を引き受ける過程で、韓国の乗馬選手のドイツでの訓練など、チェ・スンシル氏と詳細な事業計画を議論しました。

 クイパース代表は、当時チェ・スンシル氏から、サムスンが労組問題への協力、研究費などの政府支援を約束され、チェ氏に資金支援する事になっていると聞いたと話しました。

 政府が、サムスンに具体的な支援を約束し、サムスンはチェ氏親子を支援する『3者の協力構造』と言う説明です。

 このような支援計画が推進されたのは、昨年サムスンは、防衛産業系列会社のハンファへの売却、持株会社格のサムスン物産と第一毛織の合併など、支配構造に関連する重要な意思決定を行った時期でした。

 特に昨年、ハンファに売却された系列会社4社の労組は、売却反対を主張し、強く反発していました。

 クイパ-ス氏は更に、サムスンが、ドイツに2,200万ユーロ、我が国の金で約280億ウォンを支援する事になっていたと明かしました。

 選手の現地の訓練費用の他、チェ氏が計画したスポーツセンターの建設資金も、サムスンが負担する事になっていたと言うのです。

 これまで、サムスンは35億ウォンをドイツのチェ氏の会社ウィデックスポーツで送金し、2020年まで、現地の訓練費用など186億ウォンを支援する計画でした。

 280億の支援計画通りであれば、サムスンのチェ氏母娘への支援金が検察の捜査で更に見付る可能性があります。
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003874256&plink=STAND&cooper=NAVER

全体像が見えて来ました。
パク・クネが言い出したのか?チェ・スンシルが言い出した事か?は分からない。
が・・・2人がグルなのは一目瞭然。
パク・クネが知らなかったなんて、絶対あり得ない。

チェ・スンシルが、問題を抱える財閥企業に、
『私が設立した財団と私のドイツの会社に金を出せば、大統領に話を付けてやる』
『検察の捜査を打ち切らせてやる』
『会長を釈放し、事業がスムーズに行くように、政府に話を付けてやる』
と話を持ち掛けた。

サムスンは、イ・ゴンヒ会長が反パク・クネ派で、大統領選挙時、野党のムン・ジェインに資金提供していた事で有名な、いわば敵。
だから、要求額もデカイし、それでもイ・ジェヒョンは払わざる得ないと判断した。
韓進グループは、要求された金を拒否したから、徹底的に虐める抜く。

いやらしい。
チェ一族とパク・クネの関係は、マジで気持ち悪い!!
パク・クネはチョン・ユンフェと変態プレイに興じ、チェ・シンシルは、ホストと変態プレイに興じ・・・。
国家・国民そっちのけで男遊びに興じる変態クソババア2人に、いい年こいた企業経営者が翻弄されるってどうよ!!
収監覚悟で、事実を暴露する賢者はいないのか?
いれば、英雄になれるのに・・・。(笑)

韓国の検察の実力やいかに!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック