かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【怖すぎ!!】

【慶州吐含山(トハムサン)、
1,040体の遺体発見・・・取材記者『殺害脅迫』も?】

2016.11.04 13:58 文化日報

201611041358_61120011046798_1.jpg

 慶州吐含山(トハムサン)の裾野にある天父教所有の林野に、違法に埋蔵されたと推定される1,040体の遺体が見付ったが、警察は捜査結果を公表していないとCBSが報じた。

 CBSは3日、2014年慶北慶州(キョンジュ)市陽南面(ヤンナムミョン)村吐含山(トハムサン)の裾野で、1040体の遺体が見付ったと報じた。

 次はCBSの報道映像である。


 報道によると、吐含山(トハムサン)の裾野は、信仰村と呼ばれる韓国天父教伝道館復興協会が所有する土地で、共同墓地の許可を受けていない事が分かった。

 天父教は、故朴泰善(パク・テソン)を教祖と崇める団体で、韓国の主要教団からは異端視されている。

 埋蔵された遺体の中には、故人の氏名、命日、遺族が分からない身元不明の遺体も40体あると伝えられている。

 カルト宗教被害対策連盟は2014年11月、天父教の違法密葬状況を暴露する記者会見を行った。しかし捜査当局は2014年この事件を捜査しながら公式には発表しなかったとメディアは伝えている。

 天父教の違法な墓地の造成事実を情報提供したホ・ビョンジュ牧師はCBSのインタビューに、「前代未聞の密葬の事実が分かったものの警察は発表を敬遠している。途方も無い権力者が裏で防いでいると噂されている」とし、天父教の背後説、いわゆる『実力者』疑惑を提起している。

 しかし、天父教は、この実力者疑惑について事実無根と一蹴している。

 警察関係者は4日、「2014年の捜査で、違法な墓地の造成事実を確認し、天父教の関係者3人を立件し、1人を逮捕した。公式には捜査結果を発表しなかった理由は、天父教内部の賛成派と反対派の葛藤があったから」と説明した。更に、「背後勢力など話にならない。天父教の一部の勢力が内部が混乱する隙を利用し、(勢力拡大の為)再び問題にしようとしていると解釈される」と話した。

 この事件に関し、チュ・ジンウ記者が4日フェイスブックに投稿した文章も、ネチズンの大きな関心を集めている。

201611041358_61120011046798_2.jpg

 チュ記者は、「吐含山(トハムサン)で、1040体の遺体が発見された」とするCBSにリンクし、「記者になりたての頃、天父教の密葬を取材し、密葬されそうになった。訴訟爆弾、尾行、暴言、殺害脅迫・・・本当に怖かった」としている。

 ネチズンの反応は交錯している。「なぜ、こんな恐ろしい事件が、今になって公開されるのか?。カルト宗教とチェ・スンシルの関係を徹底的に調査しないのか?」と反応し、一部のネチズンは、「今は天父教の事件より、パク・クネとチェ・スンシルの事件に集中すべき」と反応している。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0011046798&code=61121111&sid1=soc&cp=nv2


※天父教=韓国天父教伝道館復興協会
キリスト教長老だった朴泰善(パク・テソン、1917年 - 1990年2月10日)が、自らが神であることを強調して、1955年に「韓国イエス教復興協会」、1956年1月3日に「韓国イエス教伝道館復興協会」(1980年に「韓国天父教伝道館復興協会」に改称)を創始し、信徒らの共同体「信仰村(韓国語版)」を建設し、シオン学院傘下の教育機関と企業体を設立した。

朴泰善(パク・テソン)は、1990年2月10日持病と老患で死亡し、死後慶尚南道梁山郡機張邑竹城里770番地内(現在の釜山広域市機張郡機張邑竹城里770番地内)に埋葬された。

ウリスト教から派生したカルト集団が、自然死なのか?殺害されたのか?分からない1040人の死体を、教団が所有する土地に勝手に埋葬した?

韓国は、カトリックですらOINK。
むしろ、朝鮮半島に、カルトじゃない宗教があるのかしら?(笑)


スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック