かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【三国志?】

【力学関係で逆転、また逆転・・・『通貨スワップ三国志』】
韓・中・日通貨スワップ15年史
2016.10.31 17:18 国民日報

 2001年7月に始まった韓日通貨スワップは、韓日関係や韓中日3ヶ国の力学関係で浮沈した。表面的には経済協力だが、国内外の政治状況で、通貨スワップの規模が増減し、期限より早く終了する事もあった。

 2001年、20億ドル規模でスタートした韓日通貨スワップは、2008年のリーマンショックをキッカケに300億ドルまで増加し、2011年8月の韓日首脳会談をキッカケに、当時130億ドルだった通貨スワップは700億ドルに増加した。

 しかし、2012年8月、イ・ミョンバク大統領が独島(ドクト)に上陸し、状況は逆転した。この事件が対日関係を急速に悪化させ、韓日通貨スワップは、2012年10月130億ドルに縮小し、期限を迎えた570億ドルは延長されなかった。当時、政府は、「3大国際格付け会社が国家格付けを上方修正し、対外健全性が改善された」と発表したが、遠ざかった韓日関係が影響したとの見方が優勢である。

 韓日通貨スワップは、翌年7月100億ドルに減少し、昨年2月完全に終了した。2013年6月、期限を1ヶ月後に控えた通貨スワップ30億ドルについて菅官房長官が、「韓国が要請すれば延長を検討する」と発言し、議論になった。日本との関係が冷え込み、それまで日本の担当者と定期的に会っていた経済官僚が、日本で会議する事自体がダブー視された。

 2013年6月の首脳会談で、韓中通貨スワップが3年延長されたのは、パク・クネ政権になって韓中関係が最も良かった時である。両国の首脳は、当時合意文で、「両国の金融・通貨協力を強固にする次元で、通貨スワップを継続的に強化する」とし、「3年単位の期限をもう少し長く延長する事を検討する」と発表していた。

 しかし、THAAD配備問題で中国との関係が歪み、来年10月期限の韓中通貨スワップは延長は不透明な状況になっている。このような状況で、韓国と日本は慰安婦交渉をキッカケとした関係改善を模索していた。韓日通貨スワップは、外貨流動性を確保する経済的目的の他、中国の代わりに日本との関係を強固したい韓国政府の多目的用カードと解釈される。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20161031171859815

他国に依存しないと危機に陥るような体質を変えないとね?
そして、依存先から日本を除外しろ!!
敵国に支援を頼む国がどこにある?
戦わずして負けだろうが!!(笑)

日韓スワップは議論が再開されただけで、再開が決まった訳じゃ無い。
日韓合意の内容も履行せず、慰安婦像を世界中に建てまくりながら、日韓スワップを口にする厚かましさが、日本国民の神経を逆なでするって事に気付け!!
安倍政権と言えども、現在の状況でスワップ再開を決めれば、支持率は急低下する。
そして、次の選挙で過半数割れになる可能性すらある。
日本人のバランス感覚は優秀だから、野党が与党になる事は無いにしろ、安倍総理は力を失い、東京オリンピックまで総理でいる事が難しくなる。
そんなリスクを冒してまで、韓国を支援する必要ある?

来年10月の期限前に、中韓スワップを使う事になるのは確実。
が・・必要な時に、すんなり使わせて貰えるのかしら?
THAADの配備撤回が条件だったりして。(笑)

私的には、中国の対応が見たい。
日本政府は余計な事するな!!
いいな!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック