かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【自主的?イギリス?何だそれ?】

【激震・朴政権】
国政介入疑惑の崔氏帰国 韓国大統領府の捜索続行も
2016.10.30 15:19 産経ニュース

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から機密資料を受け取り国政に介入した疑惑がある友人の崔順実(チェ・スンシル)氏(60)が30日午前(日本時間同)、滞在していた欧州から空路韓国へ帰国した。崔氏の代理人を務める弁護士が記者団に明らかにした。

 一方、聯合ニュースによると検察は30日、前日に続いて大統領府に捜査官を送り、安鍾範(アン・ジョンポム)政策調整首席秘書官の事務室などの家宅捜索を認めるよう求めている。大統領は29日、事務室への立ち入りを許可しなかった。

 弁護士によると、崔氏は検察の捜査に応じる意向で、事情聴取の日程を検察側と協議している。崔氏の健康状態を考慮し、31日以降にしてほしいと要請しているという。

 崔氏は弁護士を通じ、自分の行動のために国民に「挫折感や虚脱感を与えた」ことに謝罪すると表明した。
http://www.sankei.com/world/news/161030/wor1610300026-n1.html

自主的に帰国?(笑)

ドイツ検察が、本格的に捜査に着手した事も、口座が差し押さえられ、金が引き出せなくなった事も大きかったと思うけど、韓国メディアの取材が殺到し、ドイツだけで無く、デンマーク・ベルギーにも噂が広まり、写真も出回り、居られなくなって帰国した。
それを自主的って言うのかしら?

帰国以外の選択肢を失った犯罪者が、逮捕前に帰国すれば自主的?
テロリストを英雄と崇める国の感覚は理解不能!!(笑)

朝鮮人が逃亡先にヨーロッパを選ぶ?
しかも、現地の人しか住んでいないような田舎を選ぶ?
頭悪すぎて笑えないわ。

頭の先から爪の先までブランド品づくめのアジア人のババアだよ。
『怪しい』と思われるに決まってるじゃん。(笑)

【パク・クネ政権の連続ドラマのような政治スキャンダル】
2016.10.30 17:05 中央日報朝鮮語版

 ワシントンポスト(WP)は29日、チェ・スンシル(60)氏の国政介入疑惑について、『韓国のパク・クネ政権の連続ドラマのような政治スキャンダル』と報じた。WPは、「秘密の助言者、縁戚主義、不正腐敗、SEXスキャンダルまで内包する連続ドラマ。『八天女(eight fairies)』と呼ばれる秘密結社の噂もある」としている。

 特に、「首席秘書官にさえ冷淡な事で悪名高いパク大統領が、公式職位も秘密情報の使用許可も無いチェ氏の私的な助言を受け入れた事が疑惑の核心。首席秘書官の電撃辞退で十分なのか?」と指摘し、2007年の駐韓米大使館の外交文書の内容を引用し、「(チェ氏の父親)チェ・テミンは、1974年のユク・ヨンス女史の暗殺後、パク大統領を支配していた『韓国のラスプーチン』と評価されている」としている。

 ファイナンシャルタイムス(FT)は、「パク大統領とチェ氏の神霊的な関係に触れる報道を目にした韓国の国民は、大統領が詐欺師(quack)に影響されていると信じている。韓国初の女性大統領のレイムダックが固まる可能性がある」と伝えた。チェ氏の事件を扱わなかったBBCも、29日光化門(クァンファムン)で行われた大規模下野デモを報じた。

 中国共産党の機関紙 人民日報海外版は29日、『側近政治の醜聞拡大、パク・クネ政権の遺産に責任を負う事は出来るか?』と言うタイトルの記事で、THAADの配備が延期される可能性がると予想した。この新聞は、Lu Yin(鹿音)国防大学戦略研究所副研究員の話を引用し、「短期的には、THAADの配備が変更される可能性は高く無いが、THAAD配備がパク大統領の考えなのか?韓国国民が確認出来なければ、一定の抵抗を受ける事になる」と主張した。

 中国のインターネットには、『詐欺師パク・クネ)』など、風刺する文章が登場し、バイドゥには、パク大統領関連検索では、『邪教・社会に害悪を及ぼす宗教)』が急上昇している。
http://news.joins.com/article/20799354

産経の加藤元支局長だけで無く、ワシントンポストも、フナンシャルタイムスも、海外のメディア関係者は、全て真実を知っているって事でOK?
セウォル号事件当日の7時間の謎が解ける日は近い?
いつ?誰が?口火を切るのか?
ワクワク・・・。(笑)

チェ・スンシルは逮捕される。
100%とは言えないまでも、外界より拘置所の方が安全なのは確かだしね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック