かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【どおりで】

【『ブランド服』のチェ・スンシル、大統領の服地はどんなもの?】
2016.10.27 20:33 TV朝鮮

[アナウンサー]

 TV朝鮮が捉えたチェ・スンシル氏は、高価なブランド服を着て、ブランドのバックを持っています。では、チェ氏の指示で制作されたパク大統領の衣装は、果たして高級だったのでしょうか?

 ユン・オリ記者です。

[レポート]

1_20161028015300085.jpg

 チェ・スンシル氏が、いわゆる『サンプル室』に姿を見せた時のバックは、フランス最高級ブランド エルメスのリンディーです。価格は1,000万ウォン台です。

2_201610280153014f2.jpg

 数日後、チェ氏は別のバックを持って現れますが、同じデザインの色違いのエルメスで700~800万ウォン台です。

4_20161028015634534.jpg

 7月、TV朝鮮がチェ氏に会った時には、高級新生児衣類ブランドの袋を持っていました。自身と血縁にかかる費用は惜しみません。

3_2016102801530357f.jpg

 では、パク大統領の衣装はどうでしょう?チェ氏は250万ウォンの高価なコートを購入し、朴大統領がイベントで着る衣装には、20万ウォン台のD社の製品を選びました。

 パク大統領のジャケットは人件費を除けば、生地が30万ウォン、パターン費用が25万ウォンなど70万ウォン台で、「パク大統領のジャケットの中には2万ウォン程度の物もあった」と、サンプル室を統括したチェ氏の側近は伝えました。

 1ヶ月の人件費は、専属のテーラーと縫製の専門家を合わせて約1,000万ウォンと知らされました。

サンプル室のテーラー経験者

 「(サンプル室が)パク・クネ大統領の衣装を作り、私が大統領府に1~2度出入りしていた頃、大体(600万ウォン)そのくらい貰っていました」

 大統領は衣装などの購入に特殊活動費を支援しますが、サンプル室を統括したチェ氏の側近は、その金額は年間20億ウォンに達したと伝えました。

 しかし、この側近は、サンプル室の人件費、生地代、製作費用など、全て合わせても年間2億程度だったと話します。

 差額は、どこへ行ったのでしょう?チェ・スンシル氏を巡る、もう1つの疑惑です。
http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2016/10/27/2016102790193.html?ns_sub


【チェ・スンシルのブランド品、そして大砲フォン】
2016.10.27 21:58 TV朝鮮

[アナウンサー] 
 連日、チェ・スンシル氏に関連する疑惑が溢れています。レポートで紹介出来なかった後日談をハ・ヌリ記者に聞きます。ハ記者、今見たレポートにあったように、チェ氏は自分への金遣いが非常に荒いように感じます。

[記者]

 普通の金持ちには見えませんよね?不動産金持ちで、すでに何度も記事になった様に、車を見ると、韓国で乗っていた外車は、ベンツ・レンジローバーなど3台で、娘のユラ氏が帰国すれば、3億近いベンツS500をリースしました。ドイツを訪れたキム・テフン記者の取材によると、ドイツでもチェ氏は、ホワイトの最高級乗用車に乗り、小さな村で目立っていました。その他、頭の先~爪先まで、ブランド品で装っていました。

 チェ氏は、新寺洞(シンサドン)のサンプル室を訪れる度に、違うバックを持っていました。毎回、1つで無く、2つのブランドのバックを持って訪れました。2つの内、少し安い素材のバックからパク大統領の衣装に関連する書類や領収書を取り出し、最高級のバックから、自身の財布や携帯電話を取り出します。大統領府の荷物と個人の荷物を区別する為、2つ持ち歩いていたと推測されます。

[アナウンサー]

 バック1つが1,000万ウォンするの?

[記者]

 先ほど、普通の金持ちには見えないと言いましたが・・・チェ氏が愛用する1,000万ウォン台のエルメスは、金さえあれば買えると言う物ではありません。エルメスの店舗に行くと、エルメス製品の購入歴を見せなければ買えません。流行の色のバッグを見つけ、「コレいくらですか?」と言えば、「その人には金が無く、タダ見るだけ」と考えるのか、「商品が無い」と対応します。その為、エルメスの時計やバックを持って行けば、「この人には財力がある」と判断し、商品を渡します。

 数百万ウォンのコート(ダウン)もご覧頂きました。映像でチェ氏が着ていたコートのブランドはMoncler(モンクレール)、荷物のように投げたパッディング ブランドはCANADA GOOSE(カナダグース)です。2つのブランドは、いずれも韓国で旋風的な人気を呼びましたが、高価な事で更に有名でした。投げたカナダグースは、腕の長さが合わなかったのか?大統領のブティックでお直ししました。両ブランド共、韓国で購入するには100万ウォン、200万ウォン以上します。

[アナウンサー]

 なのに、パク大統領の衣装には、せいぜい40万~50万ウォンの生地を選んだ?

[記者]

 ハイ。大統領の地位の為でしょう。 先に報じた通り、チェ氏はヌルプム体操を国民体操として押し通し・・・ブティックでパク大統領のジャージを選ぶ様子をお見せしました。既成品なので袋を見ればブランドが分かります。ゴルフウェアとヨガウェアを主に扱うブランドの製品です。2社共、上着が5万ウォン~6万ウォン台と手頃です。チェ氏が代金を払う映像を見ると・・・女性用の上下数セットの値段にしては少ない額を払っています。

[アナウンサー]

 チェ氏が大砲フォンを使用したと報じましたが、なぜ使ったのでしょう?

[記者]

 チェ氏の行為を見ると、パク大統領の隠れた支援者です。チェ・スンシル+パク・クネの衣装を作る店にも看板は無く、密かに人選し、チョン・ユンフェゲートでも、肝心のチェ氏の疑惑は隠蔽され、水面に浮上しませんでした。民間人のチェ氏がパク大統領を補佐するのは、法的にも、常識的にも問題が大きく・・・パク大統領の最側近以外がチェ氏の存在を知る事は許されない状況でした。しかし、チェ氏が活動するには、大統領府の関係者やパク大統領と連絡を取る必要がある。その為、大砲フォンを使用したのだと思います。結局、パク大統領とのホットライン専用大砲フォンがあったと言う事です。

[アナウンサー]

 スマートフォンと、以前の折り畳み出来る、いわゆるfolder phoneも持っていた?

[記者]

 映像見ると、チェ氏が持っている物体を半分に折り畳む所が見えます。folder phoneです。イ・ヨンソンfolder phoneなど、ハッキングを防ぐ為、大統領府や国家情報院の職員がスマートフォンの代わりに使ったクヒョンフォンと似ています。大統領府の関係者は、インターネットに繋ぎ、個人情報を入力しては使いませんが・・・最近スマートフォンを使い始めました。チェ氏も、スマートフォンを持っていますが、旧式の電話を持っている事を考えると、大統領府や・・・政府関係者と連絡を取る為に契約したのではないか?と推測されます。チェ氏の側近が言うパク大統領との『ホットライン』とは、この旧式の電話を意味するようです。検察が正式捜査に乗り出しましたが、大砲フォンも違法です。この電話で、誰と、どんな事を話したのか?明らかにすべきですが、チェ氏はドイツに留まり、大砲フォンを廃棄した可能性が高く、情報が入った携帯電話の確保は容易では無さそうです。
http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2016/10/27/2016102790195.html?ns_cor

韓国メディアは、パク・クネの衣装を褒めちぎって無かったっけ?(笑)

>朴大統領がイベントで着る衣装には、20万ウォン台のD社の製品を選びました。
 ジャケットは人件費を除くと生地が30万ウォン、パターン費用が25万ウォンなど70
 万ウォン台
 パク大統領のジャケットの中には2万ウォン程度の物もあった

 どおりで、安っぽくて垢ぬけないはずだ。(笑)

なんか、もう飽きて来た。
チェ・スンシルが帰国するまで、余程の事が無い限り扱うのやめようかな?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック