かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【さっさと出て来い!!】

【チェ・スンシルの娘ユラの息子出産説・・・次々に明らかになる状況】
2016.10.24 09:07 アジア経済

2016102408490707598_1.jpg
SNSで急速に拡散しているユラと推測される人物のFB

 パク・クネ大統領の『非線形実力者』疑惑を持たれているチェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ氏の出産の事実が相次いで明らかになっている。

 SNS・オンラインコミュニティサイトで急速に拡散しているユラ氏のアカウントと推定されるFBには妊娠したと投稿されている。

 チョン・ユラ氏が投稿したと推定される文章には、「笑顔の私の息子、天がくれた天使が25週になりました。これ以上隠すつもりは無く、隠す事も出来ないので公表しようと思います」と書かれている。

 更に、「息子を守る為なら、何でもする覚悟です。この世に息子以上に大切なものはありません」とし、妊娠中の子供が男の子である事を推測させる。

 この文章は、『ユヨン』と言うアカウントに、2015年1月8日に投稿され、削除されたと推定されている。

2016102408490707598_2.png

 それだけで無く、チョン氏の出産に関連するメディアの報道も相次いでいる。

 『SBS 8ニュース』は、最近までチェ氏親子が生活していた住宅を尋ね、住民にインタビューしている。住民は、「隣りの韓国人を時々見かけた。おばあさんと小さい子供が1人いた」と話した。

 『MBCニュースデスク』のインタビューで女性は、「1人の男性と若い女性が乳母車を押して歩くのを見かけました」と話した。

 朝鮮日報も、「おばあさん、若い女性、子供が生活していたが、おばあさんとやっとヨチヨチ歩きを始めた子供が時々散歩していた・・・1週間前くらいに突然いなくなった」と言う隣人の証言を報じている。

 更に、東亜日報は、チョン氏が今年4月フランクフルトに出国する際、1才の男の子を連れており、チョン氏の側近と周辺人物によると2015年6月に生まれた子供だと伝えられていると報じている。

 一方、今年4月出国したとされるチェ・スンシル氏とチョン・ユラ氏の行方は分かっていない。
http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2016102408490707598


【ユラ氏、昨年6月出産したとすると
 ・・・妊娠中にアジア競技大会で金メダル?】

2016.10.24 12:28 アジア経済

 パク・クネ政権の『非線形実力者』として知らされるチェ・スンシル(60)氏と娘のユラ(20)氏が、1歳半の子供を連れてドイツに出国していたと伝えられ、チョン氏の出産説、ドイツの滞在状況が、様々なメディアで次々に報じられている。

 東亜日報は24日、チョン氏が昨年出産していた事が分かったとし、今年4月フランクフルトに出国する際、1歳半の男の子と一緒だったと報じた。更に、チョン氏の側近・周辺人物などの証言によると、2015年6月頃生まれた子供だと付け加えた。

 チョン氏の出産疑惑は、チョン氏が自身のFBに2014年後半と昨年1月、妊娠を暗示する内容の文章を投稿し、削除した事で急速に拡散し始めた。

 当時、『ユヨン』(改名前の名前)と言うFBアカウントに、超音波画像と一緒に妊娠25週と言う文章が公開されていた。

 2015年1月、チョン氏のFBに投稿された文章には、「笑顔の私の息子。天がくれた天使が25週になった。これ以上隠すつもりは無く、隠す事も出来ないので公表しようと思う」と書かれ、妊娠の噂が拡散していた。投稿が事実だとすれば、チョン氏は2014年7月頃に妊娠したと推定される。

 噂通りであれば、同年の仁川(インチョン)アジア競技大会馬場馬術団体戦に出場した時は妊娠3ヶ月だったと推定される。乗馬選手のチョン氏が、2014年10月~ 2015年9月までの1年間、国内外の競技に出場しなかった事を裏付ける内容である。

 アジア競技大会の金メダルで、特待生として梨花(イファ)女子大体育科学部に入学したチョン氏が、1年生の最初の学期、昨年1学期の授業の大半を欠席し、教諭に警告されていた事実も、チョン氏がドイツに出国する際、一緒だった男の子を昨年出産していたとすれば十分に説明出来る状況にある。

 一方、国際乗馬連盟の公式競技記録によると、チョン氏の2015年成績は低調である。2015年、梨花(イファ)女子大に体育特待生として入学後、同年10月フランスピアレッジ大会の『フリークスセントジョージ』で11人中8位、『インターメディアプログラム1』で11人中6位に入賞している。
http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2016102411243022904


【ユラ氏と乗馬選手『OO』がKISS
 結婚2015年12月12日・・・今どこに?】

2016.10.24 16:36 アジア経済

2016102416182792094_1.jpg
チョン・ユラ氏のFB

 チェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ氏が昨年末、ドイツで高校の乗馬で一緒だったシン某氏と極秘結婚式を挙げたと発表された。

 毎日経済によると、22日に削除されたと推定されるチョン氏のFBアカウント『ユヨン』には、チョン氏とある男性のKISS写真が投稿されていた。

 この男性は、チョン氏の夫と推定されるシン某氏。同日、シン氏のFBには、昨年12月12日結婚した事、ドイツのオーバーウルゼルに留まっていたと記録されている。『結婚2015年12月12日』、『オーバーウルゼル在住、既婚、ソウル出身』と書かれたプロフィールが目に飛び込んで来る。オーバーウルゼルは、チョン氏の乗馬場があるリーダーバッハ・アム・タウヌス (Liederbach am Taunus)に隣接する住居地である。

 シン氏はチョン氏と高等時代一緒に乗馬をしていた事が分かった。FBで、チョン氏がシン氏を『○○』と呼んでいる事から、同級生か年下と推定される。しかし、シン氏はその後乗馬をやめ、電子製品販売業関連の仕事をしていたと伝えられている。

 18日、毎日経済が入手したドイツの『ピデクスポーツ有限責任会社(WIDEC SPORTS GmbH ピデク)』の格付け報告書に、チョン氏は『Mrs』と記載され、結婚が確認されている。

 更に、チョン氏は昨年1月自身のFBに、「笑顔の私の息子。天がくれた天使が25週になった。これ以上隠すつもりは無く、隠す事も出来ないので公表しようと思う」と言う文章と超音波画像を投稿し、削除している。

 更に、「言葉も。 両親も。全て捨てても子供を生かしたい。後悔しても、それがこの子を失うより・・・・」と投稿されていた。当時、チェ氏が、幼い娘の出産に反対した可能性がある事を示しているのと同時に、娘を説得出来なかったチェ氏が、娘を連れて出国を決意し、婿のシン氏と一緒に生活している可能性がある事を示している。

一方、チョン氏の側近と周辺人物によると、この男の子は2015年6月に生まれた事が分かった。
http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2016102416182792094

パク・クネとチェ・スンシル気色悪い関係は、パク・クネとチェ・スンシルの父親 チェ・テミンの薄気味悪い男女関係の延長線上にある。
パク・クネを裏で動かす人物が、父チェ・テミン→娘チェ・スンシルに変わっただけや。
そして、チェ・テミンに調教されたパク・クネの肉体を支配し続ける為に、夫チョン・ユンフェを使っている。
大統領の任期満了後、ほとぼりが冷めた頃、チョン・ユンフェとパク・クネは結婚するかもね?

チェ・スンシルが、そうして手に入れた金が、娘の乗馬や贅沢な生活に使用された可能性がある、イヤ、使われているのは分かる。
が・・・今20歳って事は、19歳で結婚・出産した事になる訳だけど、法律上は何の問題も無い。
結婚・出産については、メディアや国民に、批判する資格も、権利も無い。
結婚相手が誰であろうが、公表する必要も無い。

お~い、チェ・スンシル、母親であり、祖母であるならば、さっさと出てきて釈明せんかい!!このままでは、『東京オリンピックに出場する』と言う娘の夢を奪う事になる。
母であり、祖母であるならば、我が子と孫くらい守れよ!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック