かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【なるようになっただけ】

【中国輸出根元から揺れる・・・15ヶ月連続減少で黒字『半分』】
月間輸出連続減少歴代最長・・・四半期別の貿易黒字3年ぶりに半分近く減少
『中国自給率高め内需強化した影響・・・消費財輸出の拡大など競争力固める必要
2016.10.21 06:03 聯合ニュース

 我が国の貿易の核心である対中輸出が根元から揺れている。

 月間輸出は15ヶ月連続歴代最長減少が続き、善戦していた貿易収支の黒字も3年ぶりに半分に近い水準に縮小している。

 我が国の輸出の1/4を占める最大の市場中国で苦戦し、輸出全般の回復に相当な負担になると見られている。

 更に、中国輸出の不振は、世界景気の鈍化と言う要因の他、自国産の割合を高める産業構造の変化が主な原因の為、韓国企業の対中輸出戦略を根本的に再点検する必要があると指摘されている。

 21日、韓国貿易協会によると、9月の対中輸出額は109億6,148万ドル(約12兆3,400億ウォン)で、前年同期間比9.0%減少している。

 これに伴い、対中輸出は、昨年7月の-6.5%を皮切りに、15ヶ月連続マイナスが続いている。6月、これまで歴代最長だった11ヶ月連続減少記録(2008年10月~2009年8月)を塗り替えた後、記録更新を繰り返している。

 中国が、我が国の輸出に占める割合も急減し、昨年の26.0%→今年24.7%に減少している。

 更に大きな問題は、輸入以上に輸出が大幅に減少し、黒字が減少している事である。2012年282億8,532万ドルだった我が国の貿易収支の黒字が、昨年902億5,753万ドルに跳ね上がり上昇の勢いが続いたのとは正反対である。


 今年第3四半期の対中黒字は97億8,781万ドルで、黒字が大きかった2013年第4四半期の172億9,628万ドルに比べ、半分に近くに減少している。量と質、全ての面で、対中輸出はどん底に陥っている。

 9月の輸出を品目別に(以下MTI 3単位基準)見ると、中国輸出1~3位の主力品目の不振が目立っている。

 1位の半導体は22億6,690万ドルで、前年比13.4%減、2位のフラットパネルディスプレイ・センサーも17億439万ドルで前年比5.0%減、3位の無線通信機器は前年比44.8%(輸出額6億5,717万ドル)と大幅に減少している。

 このように、我が国の対中輸出が苦戦するのは、何より中国が鉄鋼・石油化学などの基礎産業や先端産業の中間材の自給率を高めている事が原因である。

 実際、中国は昨年『中国製造2025』政策を発表し、製造業分野の基礎技術向上支援に拍車をかけている。更に、経済成長の中心軸を、製造品輸出→内需、サービス、情報通信技術(ICT)中心に、急速に切り替えている。

 これによりポリエステル繊維とペットボトルの原料テレフタル酸(TPA)が、2010年の316万t→昨年67万tに急減している。

 家電の内、電球の輸出も、同期間2億6,000万ドル→2,000万ドルに減少し、乗用車輸出も15億6,000万ドル→9億3,000万ドルに減少している。

 ムン・ビョンキ国際貿易研究員動向分析室首席研究員は、「中国は最近フラットパネルディスプレイ、家電、無線通信機器、石油化学などの研究開発(R&D)を通じ、技術・品質レベルを大きく引き上げた」と説明した。

 彼は、「我が国も新たな輸出商品を発掘し、現在の主力産業と製品を更にアップグレード出来るよう、製造業のスマート化、製造業とサービス産業の相乗効果を追求すると同時に、消費財輸出を拡大し、輸出競争力を強化する必要がある」と強調した。

 同時に、賃金が上昇する中国の生産基地を、ベトナムに移している事も、対中輸出の減少を加速していると分析されている。

 サムスン電子、LG電子などは、低人件費、政府の積極的な海外からの直接投資(FDI)誘致政策などの魅力に注目し、ベトナムを中国に続く次世代の戦略的生産基地に選択している。

 おかげでベトナムは、我が国の3大輸出国になっている。9月の対ベトナム輸出額は27億9,687万ドルで、前年比16.9%増と、増加傾向が続いている。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20161021060120762

前にも書いたと思うけど、なるようになっただけの事。
中国は世界の工場として、世界中の製造企業が集まり、ノウハウを伝授した事で、それなりの製品を製造出来るようになった。
韓国に作れる物は、どこの国でも作れる。

>我が国も新たな輸出商品を発掘し、現在の主力産業と製品を更にアップグレード出
 来るよう、製造業のスマート化、製造業とサービス産業の相乗効果を追求すると同時
 に、消費財輸出を拡大し、輸出競争力を強化する必要がある

 必要がある=しなければならない。
 そんな事出来るなら、とうにやってますね?
 出来ないから、何年も同じ事を言っているだけで。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック