かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【現代グループ、中堅企業に転落】

【現代、29年ぶりに大企業集団から除外・・・資産2兆ウォン台に急減】
公正委、現代商船系列除外要請承認・・・現代の資産12.8兆→2.5兆に減少
2016.10.20 16:42 聯合ニュース

 企業集団の現代が、現代商船の系列分離で相互出資制限企業集団(大企業集団)から除外された。

 現代の大企業集団指定除外は、1987年資産規模1位に指定されて以降29年ぶりである。

 公正取引委員会は、現代商船の現代系列会社除外要請を承認したと20日発表した。

 公正委は現代の出資転換で、現代商船の総帥関係者の持株が23.1%→1%に減少し、債権団が出資転換を通じ、株式(39.9%)を確保した点をあげ、現代は現代商船に実質的な影響力を行使出来ないと判断した。

 これにより系列会社21社、資産総額12兆8,000億ウォンだった現代は、系列会社12社、資産総額2兆5,643億ウォン水準の企業集団に縮小し、相互出資制限を受けなくなった。

 公正委は毎年4月相互出資制限企業集団を指定・公開するが、現代のように資産規模が7兆ウォン未満にで急激に減少する場合、途中で指定を除外出来るようにしている。

 現代は、1987年初めて相互出資制限企業集団に指定された後、現代自動車、現代重工業、現代百貨店、現代産業開発を親族分離などで系列会社から除外して来た。

 公正委は、資産規模10兆ウォン以上の企業集団を相互出資制限企業集団に分類し、規制している。

 相互出資制限対象に指定されると、相互・循環出資の禁止、債務保証制限、金融保険会社の議決権制限などの事前規制、総帥の私益詐取規制、公示義務など事後規制を受ける。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20161020163932590

昔は、韓国で最大最強の財閥と言えば、『現代(ヒュンダイ)グループ』と言われた。

が・・・創業者の子供達による経営権継承を巡る対立で、現代自動車や現代重工業など有力企業がグループから離脱し、残ちの有力企業も相次いで売却・離脱。
最終的に、『大企業=財閥グループ』の看板を下ろし、中堅企業に転落する事に・・・。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック