かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【得意の誤魔化し】

【輸出減少・・・免税店の販売額も統計に入れる】
2016.10.17 18:30 国民日報

 韓進(ハンジン)海運発の物流大乱、Galaxy Note7の販売中止、現代自動車のストライキなど、大型の悪材料が続き、韓国の輸出見通しは暗い。

 16日、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が発表した第4四半期の『KOTRA輸出先行指数』は0.4ポイント低下した49.6だった。輸出先行指数が50未満の場合、輸出景気が前四半期比悪化している事を意味する。

 このような状況で、産業通商資源部が発表した対策の1つが、輸出への政府の悩みが並大抵で無いと言う事を示している。産業部は17日、『免税店で外国人に販売される国産品を輸出に認定する』事を、主な内容とする対外貿易法施行令一部改正案を官報に掲載し、施行すると発表した。国産品は、国内で生産(製造・加工・組立・修理・再生、又は改造)されたものである。これに伴い、免税店の納品企業も輸出実績を認められ、貿易保険、海外展示会への参加など、約200の恩恵を受ける事になる。

 産業部は、「7月、貿易投資振興会議に出席した企業の意見を反映した」と言う。

 しかし、政府が輸出統計に免税店の販売額を入れ、減少する輸出実績を少しでも挽回しようとしているのでは無いかと言われている。韓国貿易協会によると、昨年の輸出額は593兆ウォンで、免税店の売上は昨年9兆1,984億ウォン、中国産品の販売が3兆4,037億ウォンである。

 政府は、すぐに免税店の売上が輸出統計に入る可能性は無いと言う。免税店の納品企業の輸出実績は、免税店の販売実績を根拠に発行する購入確認書が必要だが、システムが無く、手書きで作成しており、集めるまでに時間がかかると言うのである。更に、輸出統計に免税店の売上を入れるには、関係部署と協議も必要だと言う。

 政府説明とは異なり、プロセスは難しくないようである。産業部は、関税庁など関係機関が合意すれば、今すぐ輸出統計に免税店の売上を入れる事が出来、今年の年末まで、産業部と関税庁は、『免税店販売輸出申請システム』を構築する計画である。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20161017183001891

銀行のBISを上げる為に、貸倒引当金を資産としてカウントする様にしたのに続き、発表する数字をプラスに見せるだけの誤魔化し。
何がしたいのかサッパリ分からん。
しかも、手書き?(笑)

韓国政府の統計など、そもそも信用に値しないのに、更に信用出来ない代物になる。
国として、終わって無いか?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック