かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ドイツ銀行より早く破綻しそう】

【ココボンド『元利金未払い』赤信号・・・格付け会社リスク警告】
農協銀行のココボンド格下げ・・・利息未払資本比率上昇し、リスク拡大
2016.10.14 16:09 NEWS PIM

 NICE信用評価は、農協銀行のココボンド(条件付き資本証券)を格下げした。都市銀行のココボンド初の格下げである。都市銀行が、ココボンドの利息と元金を適時に支払う事が出来ない可能性を排除出来ないと言う信号である。

 ココボンドは、普通債権に分類され、利息を支払うが、金融危機時、国際決済銀行(BIS)基準資本比率(利息未払い比率)に至らなければ株に変わり、利息の支払いを停止出来るハイリスク債権である。

 14日、NICE信用評価は、農協銀行のココボンドの格付け見通しをAA/安定的→AA/否定的に下方修正した。今回の修正は、農協銀行が上半期赤字を記録した事に伴う随時評価の結果である。一方、企業格付けはAAA/安定的、そして後順位の債権はAA+/安定的を維持している。

 格付けが異なる理由は、ココボンドに限り、政府支援の可能性評価点を排除するからである。つまり、農協銀行が発行した先順位債権は勿論、後順位債権は政府支援で返済が保証される。しかし、ココボンドに政府の保証は無い。つまり、利息と元金が支払われない可能性がある。

 イ・ヒョクチュン ナイス信用評価室長は、「ココボンドは、銀行の不良が深刻化すれば、最初に損失を吸収する衝撃緩衝として作用する。その為、政府の流動性支援前に、損失を被る可能性がある」と説明した。特に農協銀行は、産業銀行や企業銀行のように、国策銀行で無い為、政府の選択的支援対象である。

 このような評価は、今年農協銀行が、新韓、国民、ウリ、KEBハナ銀行と共に、システム的に重要銀行(D-SIB)に選ばれたからである。これら5行は、景気緩衝資本を更に積む必要がある為、利息未払比率が他行に比べ約1%高い。

 更に、今年以降、ココボンドの利息が支払われない資本比率の下限ラインが上昇し、昨年までは、普通株の資本比率が4.5%以下に低下すれば、利息の支払いを停止し、株で転換された。ところが今年、この割合が5.125%上昇し、年々5.75%->6.375%->7.0%に上昇する。年々利息を受け取れない可能性が高まる事を意味する。農協銀行など、システム的重要銀行5行は、この割合が約1%高い。

 また、今年以降、利息未払い基準資本比率に達しておらず、利息を支払う場合、当期純利益から貸倒準備金を引いた残りで支払わなければならない。つまり、農協銀行が赤字であれば、一銭も受け取れない。しかし、2015年までは、商法上の配当可能利益が残っていれば、利息を支払っても問題なかった。つまり、以前儲けて積上げた現金があれば、利息として支払う事が出来ると言う意味である。

 パク・イルムン韓国企業評価研究委員は、「低金利・危険資産の不健全化で、銀行の収益性の不安要因が拡大している事を考慮すれば、赤字になる可能性を排除出来ない。ココボンドの発行銀行の資本比率が利息支払基準を十分上回らなければ、発行銀行の格付けを綿密に検討する必要性が拡大している」と話した。

 上半期、唯一赤字を記録した農協銀行は、厳格になったココボンドのリスク評価の初の対象になったのである。
http://www.newspim.com/news/view/20161014000295

ココボンド=Contingent convertible bonds、又はContingent Convertible Capital Instrumentsとも言う。
通称ココボンド(CoCo bonds)Cocosとも言う。

で、ココボンドを発行するのは銀行だけ。
一般の企業は発行しない、する必要が無い。
ココボンドをドイツ銀行問題で知った人も多いと思うけど。

ココは、普通債券より利回りが高い代わりに、予め定められた条件が成就すると、株式に転換出来るもの。
投資家では無く、銀行が調子悪くなれば(大口の不良債権が発生した場合、自己保有株式などが下落し、著しく自己資本比率が低下した時)、株式に転換出来る。
韓国の銀行の発行条件は分からないけど、中には債権放棄出来るものもある。

ハイイールド債(高利回りの債券のこと。投機的格付債、ジャンク債(ジャンクボンド)と呼ばれるものとほぼ同義)と考えればいい。
銀行が発行元だからと言って、決して安心出来ないと言う事だけは覚えて置くべき。

で、韓国の銀行は、国策銀行を含め、BIS比率を上げる為、2014年あたりから狂った様にココボンドを発行している。
韓国の金融会社が発行するココボンドは、リスクプレミアムが付かないと売れない。
2014年韓国のどこぞの銀行が発行したココボンドの金利は6.4%でした。(笑)

ドイツ銀行が発行元のココすらヤバイのに、韓国の銀行が発行元のココなど買えるか!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック