かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【全国経済連合会解体論】

【『全経連議論』公企業の脱退続く・・・国策銀行も脱退検討】
2016.10.13 20:44 JTBC

[アナウンサー]

 ミール財団、Kスポーツ財団の違法募金疑惑の中心にある所が全国経済人連合会ですね?解体話が登場するなど、集中砲火を受けているのですが・・・。会員企業だった公共機関が、次々に脱退しています。以前から脱退を要求していたが、やっと処理された所もあると言います。

 イ・セヌリ記者です。

[記者]

 2004年、会員企業間協力を目的に、全経連に加入した仁川(インチョン)国際空港公社が、7日全経連を脱退しました。

 韓国ガス公社、石油公社、エネルギー公団も全経連を離れました。

 これまで、脱退を要求し続けていた公共機関の内、最近脱退処理された所もあります。

全国経済人連合会関係者:

 「公共・民間を企業に線を引く必要は無い為、協力次元で残って欲しいとお願いしていたんです。その後、再び脱退を希望したので・・・(脱退処理しました)」

 このように脱退が相次ぐのは、公共機関が全経連の付添人の役割を果たしているとする議論を鎮める為と思われます。

 公共機関は税金で運営され、機関の性格上、利害が衝突する懸念があるからです。

 現在、残った会員公共機関は約10社です。

 産業銀行、輸出入銀行など国策銀行、民間企業会員の一部も脱退を検討し、全経連の会員企業数は、更に減少すると思われます。
http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20161013204440422

日本の経団連も、時代遅れな前世紀の遺物でしか無く、時代遅れも甚だしい。
無くなった所で誰も困らない。全経連も同じ。

レームダックのパク・クネ政権とつるんでても、利益を得られないから脱退する。
それだけの事かと。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック