かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【やめれば?】

【『キム・ヨンナンチケット『相次いで登場』
 ・・・企業協賛・後援の為の『苦肉の策』】

2016.10.01 17:31 毎日経済

 先月28、『不正請託・金品など授受の禁止に関する法律(通称キム・ヨンナン法)』が施行され、いわゆる『キム・ヨンナンチケット』公演が相次いで登場している。

 キム・ヨンナンチケットは、キム・ヨンナン法の上限額50,000ウォンより安いチケットの事である。これまで、文化マーケティング次元で行われた企業の協賛が減少している事による苦肉の策である。

 12月、ソウル芸術殿堂ホールで行われる指揮界の巨匠マリス・ヤンソンスとドイツ放送交響楽団の公演の場合、前売り券の発売が始まり、コンサートホールの2階、3階の全席をC席に調整し、チケットを25,000ウォンに下げた。以前、同水準のオーケストラが同会場で公演した時のC席は50,000~70,000ウォンだった。

 特に、2階席の値下げ率が大きい。通常2階席は、R・S・A・B・C席に分かれるが、2階を全席C席に下げ、これまでの公演で、最高30万ウォンを越えたR席の一部が25,000ウォンになった。

 この公演を準備するクラシック音楽公演企画会社ヴィンチェロは、「かなりの損失が予想されるが、企業の協賛や後援、団体購入に影響しないよう悩みんだ末に決めた」と伝えた。企業が、VIP顧客などに招待券を2枚プレゼントした場合でも、5万ウォン以下になるよう計算した『苦肉の策』と説明する。

 ソウルの某会場も、キム・ヨンナン法施行直後の公演で、招待席の確保の為、最も安い30,000~40,000ウォンの席の割合を拡大した。この会場は、来年のスケジュールを決める際、最も安いチケットを50,000ウォンにする方針である。

 更に、ソウルの公共芸術団体は、チケットに団体と協賛企業名を併記し、『不正請託・金品など授受の禁止に関する法律(キム・ヨンナン法)を遵守します』など、案内文を入れている。

 このような動きは、企業の協賛で製作費用を調達する慣行にブレーキがかかった結果である。

 これまで企画会社は、不足分の製作費や収益を、企業の協賛で調達し、企業は協賛金の20~50%を招待券で貰い、VIP顧客の管理や文化マーケティングに利用して来た。

 しかし、キム・ヨンナン法の施行で、5万ウォン以上の招待券は賄賂と解釈される可能性が提起され、『共生関係』にダメージを受け、企業の協賛が無くなる事を懸念する業界が、自己救済策で『キム・ヨンナンチケット』を編み出したのである。

 実際、協賛を約束したが、『キム・ヨンナン法施行後の様子見」で、協賛の決定を延期する企業が多数あると企画会社は伝えた。
http://nnews.mk.co.kr/newsRead.php?year=2016&no=688211&sc=30000001

要するにクラシックに興味がある人が少ない、又は殆どいないって事でしょ?
朝鮮人に、クラシック音楽を聴く習慣などあるはずが無いしね?(笑)

それにしても2,500円は無いわ。ピアノ教室やバレエ教室の発表会でもあるまいし・・・。
マリス・ヤンソンスやドイツバイエルン放送交響楽団に失礼だよ。

韓国の前に、11月23日~11月27日まで日本でもコンサートがある。
11月27日 / サントリーホール()内は夢倶楽部会員価格
S席:32,400円(31,300円)/A席:27,000円(25,900円)/B席:21,600円(20,500円)/C席:16,200円(15,100円)/D席:10,800円(9,700円) 
S席以外はSold Out

11月28日 / サントリーホール
S席:34,500円(33,400円)/A席:29,100円(28,000円)/B席:23,700円(22,600円)/C席:16,200円(15,100円)/D席:10,800円(9,700円)
S席、A席は残りわずか、B・C・D席はSold Out

航空券代+ホテル代+2,500円・・・韓国のコンサートに行っても金額的には大差ない。
だけどクラシックのコンサートは、聞きなれた客が多い会場で聞くに限る。
本当はドレスコードがあるし、マナーも違う、何より会場の雰囲気がまるで違う。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック