かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【信用の無い韓国政府】

【原子力発電所の周辺・・・最大M8.3の地震発生の可能性がある】
2016.09.22 07:31 京郷新聞

・『隠蔽された』地震政府報告書入手
・『慶州・釜山(プサン)周辺の蔚山(ウルサン)断層・日光断層は活性断層』
・政府、4年前に報告受けながら公開せずに原子力発電所承認


 原子力発電所14基が集中する慶州・釜山(プサン)原子力発電所に隣接する場所に2条の活性断層(地震発生の可能性のある断層)があるとする研究報告書が政府に提出されていた事が分かった。これらの断層で発生しうる地震は、最大規模M8.3に達すると分析されている。しかし、この報告は、専門家グループが『更なる調査が必要』と要求した事で公開されず、政府は追加調査も行わず、原子力発電所の建設を承認し続けている。

 21日、京郷新聞が共に民主党のムン・ミオク議員が入手した政府の『活性断層地図・地震リスク地図製作』報告書を確認した結果、12日M5.8の強震が発生した量産断層の他にも、古里原子力発電所の周辺の日光断層、月星原子力発電所の周辺の蔚山(ウルサン)断層は、全て活性断層と調査されている。消防防災庁(現国民安全処)が韓国地質資源研究院に依頼したこの報告書の作成は、2009年~3年間、政府出資の研究所の研究陣と、国内の大学の研究者23人以上が参加し、2012年消防防災庁に報告されている。

 日光断層は、蔚山(ウルサン)~釜山(プサン)に続く45kmの断層で、報告書を見ると、この断層は200万~300万年前まで活動していたと見られている。学界は通常258万年前(第4期)に活動したものを活性断層と見ている。蔚山(ウルサン)断層は、蔚山(ウルサン)岳~慶州を繋ぐ12.5kmで、第4期に活動していたと調査され、活性断層に分類されている。

 2条の断層は、原子力発電所と隣接している。日光断層は、古里原子力発電所と直線距離で僅か5kmしか離れていない。古里原子力発電所は、8基が稼働中で、更に2基の建設が予定されている世界最大の原子力発電所密集地域である。蔚山(ウルサン)断層も、原子力発電所が6基密集した月星原子力発電所と隣接している。ムン議員は、「政府は、原子力発電所周辺の活性断層の存在を4年前に把握しながら隠蔽した事は、国民の安全を無視した極めて重大な問題」と話した。キム・ヒョングォン議員(共に民主)が公開した海洋水産部韓国海洋科学技術院報告書にも、量産断層と日光断層が、新世代第4期以降に活動した事実が含まれている。

 正義党のチュ・ヘソン議員が入手した資料を見ると、蔚山(ウルサン)断層は、地震発生時の規模はM5.8~最大M8.3に達する可能性がある事が分かった。我が国の原子力発電所は、M6.5~7.0レベルに耐えるよう設計されている為、安全は担保されない事を意味する。キム・ヨンソク釜山経済大地球環境科学科教授は、「蔚山(ウルサン)断層の場合、M6.5以上の地震が発生する可能性がある。古い原子力発電所は、補強・廃棄など、政策的な悩みが必要」と話した。
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201609220600075&code=940100&nv=stand&utm_source=naver&utm_medium=newsstand&utm_campaign=top1

全ての混乱が、韓国政府が、いかに国民に信用されていないか?を証明している。
パク・クネは、隠し事が多すぎるのは事実だし、パク・クネ政権が機能しなくなっているのも事実。

どんな調査結果が出ても政府が関与すれば信用出来ない。
大好きなドイツの研究機関に金払って調査して貰った方がいいんじゃね?
市民団体は、金持ってるんだから。(笑)

で、地震後、やたらと日本と比較する記事が増え、東京防災のハングル版が話題になってるんだけど、やめて貰えないかしら?
『東京防災のせいで犠牲者が増えたニダ!!』と言う結果になる事が目に見えている。
ハッキリ言って、迷惑千万!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック