かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【さっさと帰れ!!】

【検察、『帰国拒否』のソ・ミギョンの全財産差押え】
2016.09.20 16:21 NEWSIS

不動産・株など、天文学的財産保有推定
ソ氏の脱税、事実上国税庁も確認

  ロッテグループの不正疑惑を捜査中の検察は、シン・ギョクホ(94)総括会長の3人目の愛人ソ・ミギョン(64)氏の国内の財産を全て差押えた。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは20日、国税庁と協力し、ソ氏の不動産、株を含む全財産を一括で差押えたと発表した。検察と国税庁が差押えたソ氏の財産の規模は、まだ把握されていない。

 しかし、シン総括会長が2007年に贈与した慶南(キョンナム)金海(キムヘ)市上東面(サンドンミョン)の73数万㎡の土地(822億ウォン規模)を含め、公示価格基準で1,800億ウォン台に達する不動産を保有している事が分かった。

また、ソさんは3000億~4000億ウォンに達すると推定される日本ロッテホールディングス持分3.1%と非上場ロッテ系列会社持分など数千億ウォン台の株式を保有したと伝えられた。

検察の財産差し押さえ措置は日本に長期滞在中であるソさんの帰国を勧める一方、脱税疑惑と関連した担保目的もあると見られる。

検察はソさんが新総括会長から日本ロッテホールディングス持分を贈与してもらう過程で譲渡税と贈与税などを出さなかったと見ている。

 更に、ソ氏がシン総括会長の支援で、ロッテシネマの売店などロッテ系列会社から様々な仕事を得て、不当に利益を得た容疑もあると判断している。

 検察関係者は、「ソさん財産の差押え措置は、脱税容疑と関連する追徴と税金の納付担保目的」と話した。

 更に、「国税庁も、事実上ソ氏の脱税の事実を確認したと考えていい」と話した。

 検察は、ソ氏が調査に応じない状況で、強制入国措置はふさわしくない点を考慮し、ソ氏を書類送検する事も検討している。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160920161653372

VISA無しで滞在出来るのは90日まで。90日過ぎれば不法滞在者。
重光氏の愛人でも、韓国国籍の朝鮮人。
娘は、日本国籍らしいけどね?

脱税は立派な犯罪なんだから、逃げ回ってないでさっさと帰れ!!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック