かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ふ~ん】

【不況で国際造船海洋博覧会から消えた韓国の造船会社】
2016.09.14 07:31 聯合ニュース

ドイツの博覧会に出展せず・・・『広報・マーケティングコスト削減』

 造船不況で、コスト削減中の国内造船会社は、最近ドイツで行われた造船鮮・海洋博覧会に出展しなかった。

 14日、韓国造船海洋プラント協会によると、6~9日、ドイツハンブルグで開催された『国際造船海洋機資材博覧会(SMM 2016(The leading International Maritime Trade Fair))』に、協会の会員企業は1社も参加しなかった。

 2年に1度行われるSMMは、ギリシャのポシドニア、ノルウェーの『ノルシップ』と共に、世界3大造船・海洋博覧会とされている。

 今年は66ヶ国2,200社の海洋企業が参加し、日本からも、三菱重工業、大島造船所、名村造船所など、主な造船所が出展した。

 協会は、通常、会員企業が製品と技術を広報する韓国館を出展して来たが、今年は参加を希望する会員企業は1社もなかったと伝えた。

 会員企業は、現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業、現代三湖(サムホ)重工業、現代尾浦造船、城東(ソンドン)造船海洋、韓進重工業、大テソン造船など、国内の主な造船会社8社である。

 造船会社は、通常出展しない場合も、動向把握を目的に職員を送るが、今年は現代重工業が営業担当役員を送っただけである。

 業界の状況が良好だった2014年は、現代重工業、大宇造船海洋、現代三湖(サムホ)重工業、現代尾浦造船、韓進重工業の5社が韓国館を出展した。

 今回の博覧会の不参加は、6月『Big3』の首脳部を始め、国内造船会社が総出動したポシドニアと対比される。

 当時企業は、ギリシャで受注に死活をかけたが、大宇造船と城東(ソンドン)造船が契約しただけで、殆ど成果がなかった。

 業界関係者は、「博覧会に出展すれば実績(受注)が必要だが、現在の状況では容易で無い」と伝えた。

 協会関係者は、「最近の造船業界の状況が悪く、企業が広報・マーケティングコストを削減している」と話した。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2016/09/13/0302000000AKR20160913102400003.HTML

日本からは、日立造船、三菱重工舶用機械エンジン株式会社、古野電気、富士貿易株式会社、テラサキなども出展している。
多分、他にもあると思うけど出展するって知ってた企業だけ書いておく。(笑)

韓国企業に限らず、出展しない企業もあれば、新たに出展する企業もある。
韓国の造船会社が作れる船主がダメなだけで、客船、特に大型客船とか、豪華客船は景気いいのよね?
おかげでイタリアが、久しぶりに潤っている。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック