かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【払うべきものは、さっさと払え!!】

[韓進(ハンジン)発輸出大乱]
346社1億3,000万ドル被害・・・入港拒否155件急増
2016.09.13 13:27 アジア経済

 韓進(ハンジン)海運の法廷管理から13日、船舶の抑留、貨物の搬出入拒否などの被害企業は300社を越え、特に海外で入港拒否される例が増加している。

 13日、貿易協会の輸出貨物物流問題申告センターの受付状況は、同日午前9時時点で346社から352件の被害通報があり、申請貨物額は1億2,700万ドル、申請件数は、前日比7%増加している。

 航路別では、アジア(168件)、ヨーロッパ(155件)、アメリカ(146件)、中東(85件)の順で、類型別では、船舶抑留が前日の148件→104件に減少する一方、海外の入港拒否が99件→155件に急増し、海外搬入拒否(13件)、海外出港拒否(10件)と分かった。船荷証券の未発行、運賃が払戻しされなかったとの申請件数は33件で、韓進(ハンジン)海運の船舶で海上輸送中の貨物の被害が懸念されるとの申請件数は36件だった。

 釜山(プサン)からパナマ運河を経由し、アメリカのロングビーチ港に42万ドル規模の化粧品を輸出した企業の場合、最終目的地のロングビーチ港のステイオーダーは承認されたが、パナマ運河の通行料の未払いで、運河を通過出来なくなっている。アメリカ国内の製品供給の減少で、会社の売上に莫大な損失が予想される。更に、高温に長時間露出すると、商品の機能性の低下が懸念される。

 釜山(プサン)から中国シャーマンを経由し、ベトナムホーチミンに30万ドル規模の繊維製品を輸出した企業は、シャーマン港で船が数日間抑留されている。韓国からホーチミン工場に原副資材を送り、加工して輸出しているが、抑留による資材不足で、工場を稼動出来なくなっている。各国のバイヤーからのクレームと、クレームに伴う大幅な価格調整、代替品の航空輸送料などで、12万ドルで達する付帯費用を負担している。

 会社関係者は、「海運、船会社の問題で発生した被害と負担が、善良な輸出企業に転嫁される状況が理解が出来ない。今後、求償権行使、被害補償などで、荷主の被害が保全されるよう、政府の明確なガイドラインが必要」と話した。
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=101&cid=1041379&iid=31737726&oid=277&aid=0003827540&ptype=052


【『荷役費2倍要求『シンガポール『最大物量待機』爆弾の兆し】
2016.09.13 15:17 毎日経済

 韓進(ハンジン)海運発の物流大乱が続く中、海外で最も多くコンテナが縛られているシンガポールが、新たな物流爆弾になっている。

 13日、海運業界によると、シンガポール港の一部の荷役企業は、未払い分の荷役費用を含め、2倍以上の荷役費用を要求し、交渉が難航していると伝えられた。

 韓進(ハンジン)海運は9日、シンガポールにステイオーダー(差押え禁止命令)を申請し、発効を待っている。実際、接岸出来ても、荷役に予想以上に現金が必要になると懸念されている。

 現在、船積みされた状態で、運航・待機中の韓進(ハンジン)海運のコンテナ船は77隻で、内21隻(91,499TEU、1TEU=20フィートの長さのコンテナ1個)がシンガポールで足止めされている。韓国に回航中の36隻(126,280TEU)を除けば、拠点港湾で最も多い物量が待機している。

 39,441TEUの貨物が足止めされているドイツのハンブルグも、解決は容易で無い。韓進海運が、ターミナル利用料を支払っていないハンブルグターミナルは、コンテナボックス1個=約3,000ドルを払わなければ、ターミナルの外で持ち出し出来ないようにしている。ハンブルグは、国内の裁判所の差押え禁止命令の効力が達しない港湾である点も変数である。政府は、ハンブルグで差押え禁止命令に大きな効果が無ければ、オランダ・イギリスなど、周辺のヨーロッパの港湾にセーフゾーンを拡大する計画である。

 物流抑留に関し韓進(ハンジン)グループは、13日チョ・ヤンホ会長が私財400億ウォンを韓進(ハンジン)海運に入金し、直近の荷役費用は用意出来た。韓進(ハンジン)グループ関係者は、「チョ会長が、韓進(ハンジン)ナイフ、(株)韓進など、保有株を担保に、銀行融資を受け、物流大乱解消資金を韓進(ハンジン)海運に送った。今後、裁判所の承認の下、緊急に資金を投入する」と話した。

 政府は、私財出資など現金が確保され、拠点港湾別の細部の荷役計画を検討している。韓進(ハンジン)海運の法廷管理後、始めて荷役手順を踏むアメリカロングビーチに続き、シンガポールに尽力を集中すると見られている。

 しかし、現地荷役・輸送費は勿論、輸送遅延に我慢出来ない荷主が実力行使に乗り出し、韓進(ハンジン)海運の負担は更に大きくなると見られている。13日、デンマークの海運評価機関SeaIntel Maritime Analysisは、韓進(ハンジン)海運が荷主に支払うべき費用は最低4,000万ドル(445億ウォン)~最大3億3,000万ドル(3,600億ウォン)に達すると分析した。

 現在、世界中で足止めされている韓進(ハンジン)海運の船舶の積荷は約140億ドル規模である。韓進(ハンジン)海運の船舶に、大量の荷物を積んだサムスン電子は、追加費用を負担し、自社で積荷を降ろす事に決めた。アメリカのように、荷役作業が困難な国が多く、物流大乱は長期化すると見て、世界の工場に部品を定刻に供給する為、トラックを4台を借り、緊急投入している。

 サムスン電子関係者は、「トラックを見付ける事が容易で無かった。今後も多額の費用が必要になると思うが、そうでもしなければ損失が更に拡大すると考えた」と説明した。大企業のように、資金調達余力が無い中小企業の被害は、更に深刻なものと懸念されている。
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=101&cid=1041379&iid=31738717&oid=009&aid=0003801731&ptype=052

日産も、サムスンも、納期が遅延すれば賠償請求訴訟になる事は確実で、アメリカの賠償額は、荷役費用+トラックのチャーター費用を遥かに上回る可能性があるから、自己負担でも、納期に間に合わせる事を最優先するのは当然。

韓進海運の努力が足りないとクソババアが言ったらしいけど、「政府には金が無い。自分で何とかしろ!!」としか聞こえない不思議。(笑)

払うべきものは、さっさと払う。
その後、韓進海運のビルでも、船でも、大韓航空でも、金目のものは全て差押え、売却すればいいじゃん。
得意の事後法で、何とでもなるんだし、いつもそうしてるんだから。(笑)

【韓進海運破綻! 韓国経済を待ち受ける「超高額訴訟」の悪夢とは?】
Monay Visce

 前回メルマガで「韓進海運の破綻」について触れ、台風の目になりそうだと述べたわけだが、その影響は韓国経済自体が破綻するほどの破壊力を秘めたものだった。まさに「輸出国家の危機」である。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』

世界中で入港拒否&差し押さえ、宙に浮く140億ドルの積荷

最悪の形で破綻した韓進海運

 韓国の輸出ルートは、北朝鮮に「陸」を押さえられているので、「海」と「空」の2つの手段しかない。

 「空」というと空輸になるが、飛行機に積める荷物の重さや量は限られており、しかも輸送コストが高くつく。そこで「海上(船)」の輸出ルートを選ぶことになるわけだが、今回の韓進海運破綻で、その輸出ルートが他国に押さえられつつある。今回の韓進海運破綻を発端とする一連の物流混乱は、このメルマガを書いている9月10日現在でも継続中である。いまなお被害が拡大しているのだ。まずは経緯から説明しよう。

 実は数ヶ月前から、韓進海運が破綻するというニュースが韓国メディアを通じて出ていた。私もそのニュースに注目していたので、いくつかの記事をサイトで取り上げて、成り行きを見守っていた。そして、8月31日に韓進海運は破綻して「法定管理」となった。裁判所がここから数ヶ月をかけて、倒産させるか、再建するかを判断する。そして、現時点では倒産させるという意見が多い。

 さて、ここまでなら「韓国最大手の海運会社が巨大な負債を残して破産した」という話で終わるところだった。しかし、破綻の仕方が最悪だった。なんと、8,300社から荷物の仕事を引き受けた状態で破綻したのだ。

 法定管理になったその日、港湾使用料・備船料を600億円ほど滞納していた理由で、韓進海運は外国の港への入港を拒否された。現金で払わない限りは入港できず、コンテナも差し押さえとなったのだ。その荷物の規模は、総額140億ドルともいわれている。日本円で約1兆2,500億円である。こうして物流混乱は始まった。

米国・中国・日本からの「超高額訴訟」という悪夢

 韓進海運を再建するには、6,000億円ほど必要だといわれている。そして、港湾使用料・備船料などの滞納を含めて7,000億円があれば再生できるわけだが、当然、そんな金はどこにもない。荷物を差し押さえや入港拒否を解除するには300億円ほどが必要とされているが、事件から11日たった現在でも、そのお金すら支払われていない。

 港に入れずにいる韓進海運の船の荷物は、米国・中国・日本で9割を占める。米国には、「ハロウィーン」や「ブラック・フライデー(クリスマス商戦の開始日)」のために用意された荷物が大量に運ばれる予定だった。

 その中には、あの世界一のスーパーマーケット・ウォルマートや、Amazonなど世界的な企業の荷物が多数存在している。仮にこれらのコンテナがブラック・フライデーの準備に間に合わない場合には、140億ドルはくだらない超高額訴訟が待っているのだ。

 韓国経済はこの時点で自らを死に追いやるような、とんでもないことをしでかしたわけだ。しかも、韓国政府は韓進海運を助けようとせず、あくまでも韓進グループに金を出させるという斜め上の対応を行った。この事態を重く見たアメリカ政府は、要人を韓国に送り、韓国政府に混乱を鎮めるように要請。しかし、いまだに全くもって収まっていない。韓国政府がやっているのは、責任のなすりつけ合いである。

 現実的に、韓国政府は大宇造船海洋の構造調整で公的資金を投入して批判を浴びているので、韓進海運を助けるというのは難しいのだろう。しかし、どう考えても大宇造船海洋よりも世界的な影響が大きい。助ける義務はないが、漂流中の荷物を適正に処理しなければ、韓国経済が破綻するほどの超高額訴訟が巻き起こる。そうなってしまえば、もうどうしようもない。

 1日ごとに賠償額は膨れあがっていくわけで、コンテナの中身が生鮮食品ならば、すでに商品価値がないかもしれない。そういった意味でも、一刻も早く荷物を降ろすことが重要だ。それなのに、どうも韓国政府は事態の緊急性に気付いていないようである。韓国庶民の認識レベルも低い。

 唯一、サムスン電子だけが事態の緊急性に気が付き、韓進海運が払わない港使用料を立て替えて、自分のところの荷物だけを降ろさせて別の船で運ぶということをしている。このあたりは、さすがサムスン電子の対応力といったところだ。「Galaxy Note7」が爆発してリコールしたことで、空輸で運べなくなったのも大きいのかもしれない。

韓国経済「自滅」の理由。なぜ韓進海運は破綻したのか?

 そもそも韓進海運の破綻原因はなんだったのだろうか。問題はいろいろあるのだが、よくあるダンピングによる赤字輸送を続けていたことが原因である。ライバル企業のシェアを奪うために、相手のコストの半額以下で請け負っていたという。そして勝手に自滅したのだ。

 なお、この件で良い影響も出てきている。韓進海運が破綻したことで海上運賃が150%ほど急上昇し、なんと他の海運会社の株価が軒並み上昇しているのだ。ただ、海上運賃が適正価格に戻っただけとも言える状況だ。

 現在はブラック・フライデーに向けた準備で海運業は大忙しであり、韓進海運の破綻を事前に察知して準備していた台湾・中国・日本などの海運会社がシェア獲得に乗り出している。さらに、世界の海運大手「マースク」まで進出してきた。韓進海運が潰れたことでアジア、北米ルートのシェアは激変していくことになる。韓国は海への輸出手段を他国に委ねることになるが、それは自業自得なのでどうしようもない。

以上がこれまでの経緯である。さすがに今週中には混乱は収束に向かうとは思うのだが、韓国のやることなので実際にどうなるかは未知数。対応を誤れば韓国経済はたちまち破綻に追い込まれるので引き続き注目していく。

先週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物
05日 2060.08 1105.10 679.49 259.85
06日 2066.53 1105,20 679.26 260.85
07日 2061.88 1090.00 672.49 259.90
08日 2063.73 1092.50 667.40 261.10
09日 2037.87 1098.40 664.99 258.00 ←北朝鮮核実験/サムスン電子3.9%急落

 先週は北朝鮮の核実験により、絶好調だったKOSPIが少し下がった程度だった。サムスン電子の急落は米国や豪州、日本の航空機で「Galaxy Note7」の使用を控えるように客へと要請したことだろう。「Galaxy Note7」が爆発物扱いとされたことで、荷物にも入れることも禁止された。また、北朝鮮はG20の開催中に核実験を行ったが、経済制裁がたいして効いていないのは、見ての通りである。

 さて、米国の利上げ観測が高まっている。私は利上げの可能性については、12月ぐらいだと思っている。市場では9月利上げが30%、12月利上げで60%の予測となっているようだ。もし、利上げが行われれば、おそらくウォン安に振れるだろう。ただ、あくまでも予測であり、利上げがあると発表されたわけではない。韓国経済そのものは物流混乱はあるにせよ、安定している。KOSPIも高いし、ウォンも適正レートである。利上げが来るまでは、安定維持が続くだろう。
http://www.mag2.com/p/money/22345
http://www.mag2.com/p/money/22345/2

先週がいつか知らないけど、サムスンは自社株買いで株価を支えてるので、安定しているとは言わないのでは?と。
まあ、どちらかと言えば、この記事の通りになった方が楽しいと思うけどね?
つ~か、そうなる事を期待してるわ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック