かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【みずほ、大ピンチ!!】

【輸出入銀行、上半期史上初の赤字9,400億ウォン】
2016.09.13 19:08 イーデイリー

1976年のスタート以来40年で初の赤字
12日午前、理事会で決算承認
今年1年間赤字有力、大宇造船・STX造船・城東(ソンドン)造船の引当金が原因
大宇造船融資健全性、最近正常→『要注意』に下方修正
BIS比率10%割れ避けられず、1兆現物出資で急な火消し
ECA、構造調整機能萎縮懸念

 造船業構造調整の影響で、輸出入銀行が今年上半期(1~6月) 9,400億ウォンの赤字を記録した事が確認された。輸出入銀行が赤字を記録するのは、年間では勿論、半期でも1976年の銀行スタート以来40年で初めてだ。

 13日、金融圏によると、輸出入銀行は12日午前の理事会で、このような内容の上半期の決算内訳を承認し、企画財政部に報告した。輸出入銀行の営業利益(引当金積立前)は通常、年1兆2,000億~1兆3,000億ウォンで、第1四半期(1~3月)も123億ウォンの純利益を記録していた。

◇輸出入銀行史上初の半期赤字・・・なぜ?

 輸出入銀行の赤字は造船業の貸倒引当金が原因である。輸出入銀行は最近、大宇造船海洋の融資の健全性を、『正常』→『要注意』に下方修正している。すでに5月、STX造船海洋が法廷管理(回復手続き)に進み、融資を『推定損失』に分類した上、6月、メインバンクとして管理する中小造船会社城東(ソンドン)造船の融資の健全性を『要注意』→『固定』に下方修正している。

 銀行の正常融資の引当金は0.85%~7%だが、要注意は7%~20%の引当金を積む必要がある。輸出入銀行の大宇造船のエクスポジャー(危険露出額)は9兆2,000億ウォン水準である。輸出入銀行は、企業別の引当金は公開していないが、第2四半期の積立額の内、大宇造船の引当金が最も大きいと確認された。

 輸出入銀行が、大宇造船の融資の健全性を下方修正したのは、先月大宇造船のメインバンクの産業銀行が大宇造船の融資を要注意に下方修正した事に伴ったものと分析されている。これまで、国策銀行2行は、都市銀行とは異なり、大宇造船の融資を正常に分類して来た。しかし、上半期の大宇造船の半期報告書の会計法人の『限定』意見を受け、完全資本蚕食に陥り、立場を変えた。

 実際、輸出入銀行が、大宇造船、STX造船、城東(ソンドン)造船の引当金として第2四半期に積立てた引当金は1兆3,000億ウォンに達する。これは、同期間の輸出入銀行の上半期の引当金1兆7,000億ウォンの76%に達する。今年上半期の引当金積立額は、昨年上半期の引当金積立額3,300億ウォンの5倍を越える規模である。造船会社3社に足をとられ、赤字の沼に落ちた事を意味する。

◇ BIS比率の低下は、現物出資で鎮火・・・輸出入銀行の機能萎縮懸念

 史上初の赤字で、輸出入銀行の国際決済銀行(BIS)自己資本比率も大幅に低下し、健全性に赤信号が点いている。6月末のBIS比率は10.01%で、都市銀行を含め最下位である。

 輸出入銀行の赤字で、政府は1兆ウォンの現金出資を計画している。すでに9,350億ウォンを出資している。輸出入銀行関係者は、「赤字を考慮しても、1兆ウォンの現金出資で9月末のBIS比率は10.5%程度と予想される。残り650億ウォンは、年内に出資される予定」と話した。

 問題は、輸出入銀行の大規模な赤字で、組織縮小・人員削減など、自救策が現実化すれば、輸出入銀行の役割・機能が萎縮する可能性がある点である。輸出入銀行は6月、国策銀行の構造調整に向けた資本拡充ファンドの設立が決定し、産業銀行と共に刷新策を発表し、9月中に組織の改編策を用意する計画である。

 輸出入銀行は、輸出産業を支援するECAで、船舶・プラント産業などへの輸出金融、国内の造船業の前受金払戻保証(RG)の大半を担当している。輸出入銀行の機能が萎縮すれば、輸出金融や現在進行中の造船業の構造調整に影響する可能性があると指摘されている。金融機関関係者は、「赤字で輸出入銀行の本来の機能や役割が、過度に縮小される事は望ましくない」と話した。

 キム・ドンファン金融研究員選任研究委員は、「輸出入銀行・産業銀行など、政策金融機関の役割は、市場の失敗を補完する事で、輸出入銀行の赤字は、政府の政策失敗の面もある。政策金融機関の構造調整(自救策)は、赤字だけを根拠に近視眼的に行わず、長期的な政策金融機関再編の一環として進めるべき」と話した
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JA21&newsid=03827766612779792&DCD=A00102&OutLnkChk=Y

11兆ウォンのファンドの設立は、国会のすったもんだで遅れ、輸出入銀行が赤字に・・・。
BIS比率は10%割れで、RGの発行を躊躇している。

韓国の銀行がどうなろうが知ったこっちゃないけど、みずほは、サムスンに500億以上も融資し、輸出入銀行に10兆以上融資している。
元を正せば、日本人の、皆さまがせっせと貯めた預金・・・回収出来るかしら?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック