かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【良くある話】

【『危機の外面』・・・チェ・ウンギョン元韓進(ハンジン)海運会長責任論拡散】
2016.09.07 21:32 KBS

<アナウンサーコメント>

 韓進(ハンジン)海運の財務状態悪化の原因、チェ・ウンギョン元会長の責任論が大きくなっています。

 韓進(ハンジン)海運が危機に直面する状況で、沈没する会社から最後まで利益を得ていました。

 パク・ソクホ記者の報道です。

<レポート>

 夫チョ・スホ会長が死去後の2006年~2013年までの7年以上、韓進(ハンジン)海運の経営者だったチェ・ウンギョン会長。

<録音>チェ・ウンギョン(元韓進(ハンジン)海運会長/2010年)
 
 「60年の功績を羅針盤に、現在の状況を克服し、世界の顧客から信頼される・・・」

 しかし、在任期間中、韓進(ハンジン)海運の負債比率は405%→1,460%台に急増しました。

 2008年の金融危機の影響もありますが、2011年を前後し、高傭船料で船を借りた事が仇になりました。

<インタビュー>チョン・ソンソプ(財閥ドットコム代表)

 「不動産投資を拡大し続け、会社の他部門、特に外食事業とか、そのようなものを拡大する方向に・・・」

 韓進(ハンジン)海運を義理の兄であるチョ・ヤンホ会長に譲った後も、チェ会長は韓進(ハンジン)海運の下請け系列会社から数億ウォンの配当を受取り、韓進(ハンジン)海運の社屋の賃貸収益も年140億ウォンに達します。

 韓進(ハンジン)海運の自律協約申請直前、10億ウォン相当の保有株を売却し、非難されました。

<録音>

 チェ・ウンギョン(元韓進(ハンジン)海運会長/6月8日)
 「調査に誠実に臨みます」

 現在、韓進(ハンジン)海運の協力会社を経営していますが、チェ会長の家族の財産は1,800億ウォンを越えます。

 チェ元会長は明日(8日)行われる造船・海運業構造調整聴聞会の証人として出席を要求されています。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160907213218516

産業銀行から情報を得て、構造調整直前に全株売却したのよね?

チェ・ウンギョンは、ロッテの辛 格浩(シン・キョクホ)=重光武雄の姪らしい。
シン会長に支援を要請するとか、しないとかと、メディアが報じた事もあったけど、叔父は認知症と診断され、成年後見人が必要な状況だし、銭の戦争を繰り広げる息子2人に頼んだ所で、支援など期待出来るはずが無い。

韓国企業の経営者が考える事は一族の利益だけ。
で、政官界ロビーには情報を得る目的もある。
インサイダー取引なんて、韓国では良くある事だし、別にどうと言う事も・・・。

チェ・ウンギョンと産業銀行は、検察が捜査してたような気がするけど、どうなったんだっけ?(笑
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック