かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ざま~!!】

【米、韓国産冷延鋼鈑に最高65%の関税・・・ロシアは除外】
2016.09.03 12:07 NEWSIS

 2008年のリーマンショック以降、長期沈滞に陥る世界経済に、アメリカなど強大国が主導する保護貿易主義の波が高まっている。

 アメリカは2日(現地時間)、自動車・電気製品などに使用される韓国産冷延鋼鈑製品に最高64.68%のアンチダンピング・相殺関税を決定した。

 ロシア、イギリス、ブラジル、インドなど、冷延鋼鈑の安値輸出疑惑を持たれている国の内、韓国産に最も高い関税を決めた反面、ロシアは制裁対象から除外された。

 アメリカ国際貿易委員会(USITS)は同日、ブラジル、インド、韓国、イギリス産の冷延鋼鈑製品のアンチダンピング・相殺関税を支持する声明を発表した。USITSは、「アメリカの鉄鋼産業が、ブラジル、インド、韓国、イギリスから輸入された冷延鋼鈑製品で深刻な被害を被る、又は脅威となっている」として高関税を課す背景を説明した。

 関税対象には、当初ロシアも含まれていたが、ロシア産冷然鋼板は最終段階でアンチダンピング・相殺関税賦課対象から除外された。USITSは、ロシア産製品による被害は微々たる(negligible)水準と話した。アーヴィング・ウィリアムソン議長、デービッド・ヨハンソン副議長を始め、今回の決定に参加した委員6人全員が、このような見方を共有した。

 USITSの決定は、議長・副議長を始め、委員会の委員6人が参加し、意見を表明し表決する。この機関は、アメリカ大統領直属の準司法的独立機関で、ダンピングを始め、貿易相手国の不正行為を調査する。

 今回の決定でアメリカ商務部は、韓国、ブラジル、インド、イギリスにアンチダンピング. 相殺関税を命じる計画である。韓国、ブラジル、インドは、アンチダンピングと相殺関税が、イギリスはアンチダンピング関税が決定する。

 アメリカがUSITSの決定と商務部の命令で課す事に決めた企業別の関税規模は▲POSCOとPOSCO大宇(大宇インターナショナル)がアンチダンピング6.32%、相殺関税58.36%で64.68% ▲現代製鉄38.24%である。USITSは、ブラジル企業については最高46.52%、イギリスは25.56%、インドは17.60%のアンチダンピング、相殺関税を課す事にした。

 USITSが、今回アンチダンピング・相殺関税を課す韓国産冷延鋼鈑製品は、自動車車体や電気製品などに幅広く使用される鉄鋼材である。

 USITSは、関税の根拠を示した『ブラジル、インド、韓国、ロシア、イギリス産の冷延鋼鈑製品』と言うタイトルの報告書を、来月3日公開する方針である。

 今回のアンチダンピング・相殺関税に、POSCOは公式立場を発表していない。しかし、インド、イギリス、ブラジルなど、調査対象国の内、最も高い関税が決定し、異議を提起する可能性が高いと予想される。

 一方、アメリカは5月17日、中国産冷延鋼鈑に史上最高水準の税率522%の関税(アンチダンピング265.8%、相殺関税256.44%)を決めている。

 中国商務部はこれについて、「我が国はアメリカが4月末、世界の鉄鋼製品に関し161件の規制を施行した事実に注目し、中国の鉄鋼業界は、アメリカの保護貿易主義を深く懸念している」と発表していた。
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160903_0014365428&cID=10101&pID=10100

ざま~みろ!!
アメは、何度も警告してるのに、為替介入をやめないからでしょ?(笑)
中国で生産した製品を韓国産として輸出し、更に為替介入でウォン安に誘導してるんだから、アメが怒るのも仕方ない。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック