かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ISD、ISD】

【ローンスター、ハナ銀行に『5,500億ウォン』損害賠償訴訟】
先月22日、国際仲裁裁判所に提訴
外換銀行株の買収関連と把握
2016.09.02 13:04 ブリッジ経済新聞

 アメリカ系プライベートファンドのローンスターが、ハナ金融グループ相手に、5,500億ウォン損害賠償請求訴訟を起こした。外換銀行の売却に関連した渡り鳥が議論になったローンスターは、政府相手にISD(投資家国家間訴訟)を提起したのに続き、今回は買収者を相手取り、再び訴訟を起こした。

 ハナ金融グループは2日、金融監督院の公示で、ローンスターの子会社LSF-KEB Holdings SCAがハナ金融グループを相手取り、国際仲裁裁判所に5億ドル(5,596億5,000万ウォン)の損害賠償請求訴訟を提起したと発表した。

 これはハナ金融グループの自己資本の2.44%に当る規模で、LSFは先月22日、国際仲裁裁判所に提訴した。

 今回の訴訟は、2012年韓国外換銀行発行の株式51.02%の買収と関連されたものと知らされた。当時、ハナ金融グループは、契約額3兆9,156億ウォンの内、国税庁が徴収する事にした税金3,916億ウォンと、ローンスターが外換銀行株を担保に借りた融資1兆5,000億ウォンを除く2兆240億ウォンを支払った。

 ローンスターは協議の過程で、金融当局の承認が遅れた事で売買額を約5,000数億ウォンを下げた。金融機関は、ローンスターが、この5,000数億ウォンを問題にしていると推定している。

 金融機関関係者は、「当時、ローンスターは金融当局の承認問題などで、急いで外換銀行を売ろうとし、その為2度目の交渉の最後に価格を下げたと理解している。それを問題視しているのではないか」と説明した。

 ハナ金融グループは、法律代理人を選任し、強力に対応する計画である。ハナ金融グループ関係者は、「正確な訴訟の背景は把握していないが、法律代理人を選任し、積極的に対応する方針」と話した。
http://www.viva100.com/main/view.php?key=20160902010000529

ローンスターVS韓国政府のISD訴訟は、韓国政府の敗訴と決定しました。(笑)
韓国政府の敗訴が決定しそうだから、ハナ金融グループを提訴した。
そう見るのが正しいわね?

海外の投資を誘致しまくり、いざとなれば渡り鳥だの、国富流出だのとメディアを使って世論を煽る。
世論に迎合する司法は、OINKな判決を出しまくる。
そんな非常識な事が許される訳ないからね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック