かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【金払え!!】

【韓進(ハンジン)海運、43ヶ国の裁判所に『差し押さえ禁止』申請】
『ステイオーダー』申請に着手、追加船舶の仮差押さえ避ける為
・・・シンガポールが承認すれば、韓進(ハンジン)ローマ号の差し押さえ取り消し可能
2016.09.02 17:19 Moany Today

 韓進(ハンジン)海運が各国の裁判所に『ステイオーダー(Stay Order・差し押さえ禁止命令)』の承認申請に乗り出した。

 2日、海運業界と韓進(ハンジン)海運によると、韓進(ハンジン)海運法務チームは、船舶の追加抑留を避ける為、ステイオーダーを各国の裁判所に申請する手続きに着手した。申請者は韓進(ハンジン)海運法廷管理人ソク・テス代表で、対象国は国際商取引法委員会の勧告による倒産手続き制度(CBI・Cross Border Insolvency)を備える43ヶ国である。

 ステイオーダーの申請理由は、韓進(ハンジン)海運が1日、ソウル中央地方裁判所が回復手続きの開始を命じ、国内では包括的禁止命令で仮差押さえを避ける事が出来るが、海外では法的効力が制約されるからである。

 ステイオーダーで、船舶抑留(差押さえ)を解決出来る。追加抑留を避ける事は勿論、シンガポール港に抑留されている『韓進(ハンジン)ローマ号』の抑留も解除され、韓進(ハンジン)ローマ号の船員も解放される。韓進(ハンジン)ローマ号は先月31日、法廷管理の便りが伝えられるとすぐに、ドイツの船主リクモスが未払い用船料の支払いを求め、シンガポール港に抑留されている。これまで抑留された船舶は、韓進(ハンジン)ローマ号だけである。

 しかし、ステイオーダーで、入・出港問題は解決出来ない。入・出港問題は、韓進(ハンジン)海運が港湾・港湾サービス企業に関連費用を支払わなければ解決出来ない。

 韓進(ハンジン)海運関係者は、「海外の船舶金融規模が1兆5,000億ウォン、用船料など商取引の債務延滞が6,500億ウォンで、船舶やコンテナ差押さえの可能性は高いが、ステイオーダーが承認されれば、差し押さえは避けられる。物流大乱で一刻を争うファーストトラックとしてステイオーダーを申請する」と話した。

 1日、ソウル中央地方裁判所は、「韓進(ハンジン)海運の船舶が、寄港地で押収されないよう、各国の裁判所にステイオーダーを得る手続きを最大限急いで行う」と発表した。

 問題は、国毎に裁判所がステイオーダーを認める国と、認めない国がある事である。アメリカやヨーロッパなどの先進国の大半はステイオーダーを認定するが、中国・パナマなど11ヶ国は、ステイオーダーを認めていない。すでに1日、中国上海・寧波、深圳地域では、韓進(ハンジン)海運の船舶の入港が拒否され、船舶と船員は海上で立ち往生している。

 2013年、STXパンオーシャンの場合、法廷管理人がステイオーダーを申請し、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、日本、フィリピン、シンガポール、メキシコ、ベルギー、南アフリカ共和国が、ステイオーダーを承認した。これらの国でも、国内同様の保全処分、包括的禁止命令を認められ、船舶の差押さえを避けた。しかし、台湾と香港は、ステイオーダーが棄却された。

 韓進(ハンジン)海運のコンテナ船は、法廷管理を申請した先月31日以降、中国だけで無く、バレンシア(スペイン)、サバンナ・ロングビーチ(アメリカ)、プリンスルパート(カナダ)、シンガポール(シンガポール)、横浜・門司(日本)、シドニー(オーストラリア)、ハンブルグ(ドイツ)で荷役作業を拒否され、停泊待機状態にある。

 ロングビーチでは、入港出来たが、荷役企業の反発で、出港出来ず、エジプトでは通航料の支払いを理由に、スエズ運河の通行が拒否されている。スエズ運河の1回の通航料が70万ドル(約7億8,000万ウォン)に達する。

 釜山(プサン)では、釜山(プサン)港湾公社の仲裁で、入・出港問題が解決し、同日午後、港の外に待機していたジンジャーマネー号などが、次々にターミナルに接岸し、荷役作業が行われている。

 2日午後現在、正常運行出来ない船舶は、コンテナ船41隻、バルク船4隻の45隻である。韓進(ハンジン)海運が運営する船舶は、社船37隻、用船61隻の98隻である。
http://cnews.mt.co.kr/mtview.php?no=2016090214345668364&cast=1&STAND

だ~から、金払え!!
港を使用するには金がかかるねん。
まずは、金払え!!

裁判所は、国内の影響を考え再生を選択した。
再生出来るか否か?の判断を11月末に先送りして。
韓国国内の影響だけを考え、海外や海外の企業の事は眼中にない。

優良な資産を現代商船が買収する?アホか?
優良資産は真っ先に差押え、現金化して回収するやろ!!
売却先を選ぶのは、海外の金融機関や!!

普通、商売道具の船のリース料、荷役費用、港の使用料など、商売に必須な支払いを延滞するのは最後の最後。
大規模なリストラ、大幅な賃金カット、コスト削減、資産売却を先にするもんや!!
ほやろ?
それをせんと、借換・借換で借金は1銭も返済せず、経営者一族、しかも元経営者がヤバクなる前に株を全量売却する。
そんな会社の為に、差押えを解除しろ?
誰に物言うてんねん。
冗談は顔だけにしとき~!!

こんなだから信用されへんのや。

【『海運の恐竜』マークスに、国籍船会社渡す構造調整】
マークス、韓進(ハンジン)海運倒産をチャンスに『亜-北米路線』も掌握
『唯一の国籍船会社、現代商船も掌握、揺さぶる可能性』
2016.09.02 18:23 ソウル経済

: 韓進(ハンジン)海運が法廷管理に入り、世界の海運の『恐竜』マークスラインが、『アジア-北米』路線も支配する可能性が高くなっている。マークスは最近の数年間、超大型船を使用する規模の経済で単価を下げ、海運市場のチキンゲームを誘導して来たが、韓進(ハンジン)海運の倒産を利用し、世界の航路で唯一支配力が弱いアジア-北米も掌握する事になると見られている。2日、海運業界高位関係者は、「韓進(ハンジン)海運の法廷管理決定後、多数の国内輸出入企業がマークスと契約する為、接触している。荷主はこれまで、様々なサービスを受ける為、相対的に高い運送料の国籍船会社韓進(ハンジン)海運を利用して来たが、今回の事態で、超大型船を運営し、低単価な海外の大手海運会社に移動すると見られている」と伝えた。

 韓進(ハンジン)海運は、アジア-アメリカ路線の占有率が7.39%(昨年の実績基準)で、市場3位の事業者だった。ヨーロッパ、大西洋路線を支配するマークスは、アメリカ路線で台湾のエバーグリーン(10.19%)に遅れ2位(9.03%)だった。しかし、韓進(ハンジン)海運の倒産で占有率を上げ、エバーグリーンを抜きアメリカ路線の最強者に浮上すると業界関係者は見ている。

 過去17年間、買収合併(M&A)で規模を拡大したマークスは、唯一の国籍船会社になった現代商船(4.46%、アメリカ路線13位)を掌握し、揺さぶる地位にある。現代商船は6月まで債権団の条件付き自律協約条件の1つ『海運同盟加入』を充足出来ず心配されたが、劇的にマークスが主導する世界最大の海運同盟2M(マークス・MSC)に加入した。これについて、当時国内外で、マークスの現代商船M&A説が噂された。2Mを主導するマークスは、いつでも規則を変更し、現代商船の営業網を揺さぶる事が出来る地位にある。

 匿名を要求した某大学教授は、「現代商船がマークスの傘下に入っていれば、韓進(ハンジン)海運を無くすと言う極端な選択をすべきで無かった。産業への理解が無く、対策が無い構造調整で、我が国の海運産業はグローバル企業の担保になっている」と話した。
http://www.sedaily.com/NewsView/1L19G4GY9B?OutLink=nstand

救済出来るだけの金が、国内に無いんだから仕方無いじゃん。
アメリカ型資本主義にドップリ浸かっている以上、始まる前に終わってるんだから。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック