かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【はっ?】

【期待抱き中国に行ったが・・・力使えない参鶏湯(サムゲタン)】
10年待った正式輸出も月間実績は3億ウォン水準
高麗人参の含有量少なく小さな鶏使用、『大きな鶏を好む』中国人好みに合致せず
現地流通網から優先的に固め、価格競争より高品質戦略を
2016.08.25 08:48 中央日報朝鮮語版

 6月、参鶏湯(サムゲタン)の中国輸出が始まったが、輸出量は約2ヶ月で25万ドル(約2億8,000万ウォン)に終わった事が分かった。

 政府が、対中輸出有望品目として育成する米・キムチの上半期の輸出実績も、年間目標の10%に留まり、中国市場への農食品輸出戦略の再検討が要求されている。

 韓国貿易協会と業界によると、今年6月29日、全北(チョンブク)群山(グンサン)港で、中国輸出用参鶏湯(サムゲタン)20tが初めて船積みされた後~今月20日まで61t 約7万匹が輸出された。参鶏湯(サムゲタン)は、輸出指定会社ハリム・チャームフレ(Chamfre)・農協牧牛村・思潮(サジョ)ファインコリア・キョドン食品の製品で、中国の大型スーパー、オンラインショッピングモールなどで販売されている。

 まだ初期段階ではあるが、業界では『輸出量は期待以下』と反応している。政府は、2006年の輸入許可要請から10年後、中国の検疫・衛生など非関税障壁を解決し、輸出の道を開いたと大々的に広報した。しかし、『市場の開放だけを要求し、市場調査など準備は不十分だった』と評価されている。

 匿名を要求した某参鶏湯(サムゲタン)輸出メーカー関係者は、「日本の参鶏湯(サムゲタン)輸出が減少し、中国市場に期待したが、初期販売は振るわない」と話した。

20160825000408602kdzp.jpg
 韓国貿易協会によると、2011年、参鶏湯(サムゲタン)の輸出量は2,888t、輸出額は1,466万ドルで史上最高を記録した。その後3年間減少し続け、2014年半分に減少している。参鶏湯(サムゲタン)の輸出量の70%以上を占める日本の円安と、韓日関係の冷却の為と分析されている。

 その為、農林畜産食品部は、中国市場に目を向けた。中国は、我が国の農食品輸出市場の15.9%(2016年上半期金額ベース)を占める。

 キム・ハノ ソウル大学農業経済社会学部教授は、「昨年の韓中首脳会談をキッカケに、今年5月突然糸口を掴んだ事で政府や企業の事前準備が不十分だった」と話した。

 代表的なのは、中国人の食欲・食習慣を十分に考慮していない事である。800入りのレトルト1パック当たりの高麗人参の含有量は6~10gの国内用とは異なり、輸出用は3gに過ぎず、参鶏湯(サムゲタン)の味を出す事が困難である。レトルト製品を信頼しない雰囲気、大きな鶏を好む中国の食文化に合わせる事も課題である。韓国の食文化の伝承と併行すべきとの指摘もある。『現地化』に神経を使わなかったと言う事である。

 市場は、輸出当初中国で苦戦する米とキムチを反面教師にすべきと指摘する。輸出要請後7年目の今年初め、中国に輸出された米は、初船積み後の6ヶ月間で237tの輸出に終わった。今年の輸出目標は2,000tである。5年目の昨年12月輸出が再開されたキムチも、農食品部は年間100万ドル輸出を大言壮語したが、上半期9万ドルに終わり、目標の10%にも満たなかった。

 主力農食品の中国輸出が振るわない理由は、▲不十分な市場調査▲現地バイヤー確保難航▲低い認知度などが挙げられる。

 当初、政府と業界は、中国人が高麗人参を好み、ドラマなどで良く知られているとし、参鶏湯(サムゲタン)の興行に自信を持ったが、現地の認知度は低いとの意見が大半である。中国の中産層市場を確保する流通網(バイヤー)と提携する事も急務である。

 ハリム関係者は、「現地の流通構造の把握、マーケティング戦略計画が難しい。中国国内で1,700店舗運営する最大の流通グループスニンと輸出契約を締結出来て幸運」と話した。

 日本市場の韓国産キムチ・参鶏湯(サムゲタン)の墜落で見るように、企業間の出血競争は『宗主国』の地位を押し倒す可能性がある。嫌韓の雰囲気と一部企業の低価格攻勢が重なり、対日キムチ輸出額は、2011年の8,681万ドル→2015年4,454万ドルにほぼ半分に減少し、参鶏湯(サムゲタン)も同じ理由で大幅に減少している。中国で低価格競争に焦点を絞れば、日本市場のキムチや参鶏湯(サムゲタン)と同じ轍を踏みかねないと懸念される理由である。

 キム・ハノ教授は、「全ての中国人対象のマーケティングで無く、中・高所得層市場を十分しっている中国の有力バイヤーを利用し、流通網を確保する方が効果が大きい」と話した。

 政府は業界と共同で、北京・上海など人口密集地域に参鶏湯(サムゲタン)広報館を設置・運営する計画である。

 農食品部関係者は、「参鶏湯(サムゲタン)の効能を広報する広告とドキュメンタリーを準備している」と話した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160825000409735

参鶏湯は中華料理だとか。
歴史的に見ても、そうだろうな?と。

中国人は、朝鮮人を信用していないからね?
信用出来ない朝鮮人が作った食品を高い金払って買わないわよね?

ホルホルした挙句、ドボ~ンするのは良くある話。
中韓FTAの結果は、悲惨な様子。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック