かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【こんな言い訳アリか?】

【『退職金も払えない会社』、大宇造船の元社員初の破産申請】
2016.08.18 16:20 毎日経済

 「大宇造船海洋は、元社員に2,000万ウォンの退職金すら払えないほど、財政は底をつきました。会社に破産を宣告して下さい」

 12日、大宇造船海洋に破産宣告を要求する申請書1通が、ソウル中央地方裁判所破産部(首席部長判事キム・ジョンマン)に届いた。今年6月の退職後、未だ退職金を受取る事が出来ない元社員のA氏が、「大宇造船海洋には、債務返済能力が無い為、破産すべき」と、裁判所を訪れたのである。

 第2四半期、4,236億ウォンに達する営業赤字を記録し、完全資本蚕食状態に陥った大宇造船海洋の破産申請が、公式に受理されたのは今回が初めてである。

 申請書によると、A氏は2006年1月1日大宇造船海洋に入社後、10年以上勤務し6月23日リストラされた。しかし、会社は適時に退職金を支払わず、「大宇造船海洋は、契約通り最低2,000万ウォンを支払う法律上の義務がある」と、会社の破産を申請した。

 A氏は、「財務構造が余りに悪化し、会社の存続は不可能で、正常な債務返済も現実的には難しい状況。裁判所の破産手続きを踏み、債務関係を清算すれば、更に多数の法的不安を防ぐ事が出来る」と主張している。

 更に、「大宇造船海洋は、粉食会計で放漫な赤字を隠し続け、経営陣は私的利益の為、会社に損害を与えた事が分かっている。非常経営や公的資金の投入だけで企業の体質を改善するには遅い」と付け加えた。

 会社が破産すべき理由として、▲ほぼ同時期に退職した他の役員や社員の退職金も支払えなくなっている点▲今年、受注目標値の10%に過ぎない受注の崖に直面している点▲大宇造船海洋を被告に進行中の訴訟が15件に達する点など、細かくしてきしている。

 債務者の回復・破産に関する法律(統合倒産法)第294条第1項は、「債権者は金額に関係無く、誰でも債務者の破産を申請できる」と規定している。

 これに伴い、今後も大宇造船海洋の債権者が、返済を求め様々な法的手段を講じれば、このような破産申請は益々増加する可能性がある。退職金支給訴訟よりも尋問などの手続きが迅速に行われ、訴訟費用もあまりかからないからである。

 A氏は、大宇造船海洋は、すでに退職金の支払が不可能な状態に陥り、借金が資産を超えている為、破産宣告が可能な要件が整ったとしている。

 しかし、会社が破産手続き中にA氏に退職金を全額を支払えば、債権が消滅し、申請は自動で却下される。

 A氏の法律代理人ミン・キュシク法務法人スカイ弁護士(43・司法研修院32期)は、「大宇造船海洋は厳しい状況で、当事者の権利行使の為、破産を申請した」と説明した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160818162003488


【大宇造船『退職金未払い社員の破産申請はハプニング』】
2016.08.18 18:59 NEWSIS

集中休暇による業務遅延の影響

 大宇造船海洋は、元社員が退職金が支払われていないとして破産を申請した事について、「会社の集中休暇による業務遅延」と説明した。

 一部メディアは、「大宇造船海洋の元社員のA氏が、大宇造船は、すでに退職金の支払い不能に陥っている為、破産宣告が可能だと主張し、破産申請した」と18日報じた。

 大宇造船によると、A氏は7月23日退職し、退職金を受取っていないとして12日破産を申請した。しかし、同日午後、退職金を支払い、A氏は破産申請を取り下げた。

 大宇造船は、「問題は、会社が支払い能力を喪失して発生したのでは無く、A氏の退職直後、会社が集中休暇に入り、業務処理が遅れて発生した」と状況を説明した。

 更に、「会社は、退職前A氏との面談で、集中休暇の関係で退職金の支払いが遅延する可能性を十分で説明した。会社の支払い能力は十分で、これにより会社が受ける影響は無い」と説明した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160818185948900

こんな言い訳アリか?
弁護士が付いて、破産申請し、それを発表したもんだから慌てて振り込んだだけですね?

>会社の支払い能力は十分
 腹イテー!!
 1兆ウォンの追加支援や産業銀行が1兆以上の出資転換を計画し、上場廃止を避け
 ようと必死な時に良く言うわ。
 安易な発言は死を招くよ。
 カッコつけてる場合じゃないのに。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック