かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【勝手に競争する病気】

<オリンピック>
韓国VS日本、激しいメダル競争の勝者は
2016.08.15 07:22 聯合ニュース

15日、金メダル7:6で日本僅かに優位・・・韓国12年ぶりに逆転の危機
日本カヌー・テニスなど3種目でもメダル獲得


 『宿命のライバル』韓国と日本のメダル競争で、韓国が12年ぶりに負ける危機を迎えている。

 韓国はメダル レース10日目の15日(以下韓国時間)午前まで、金メダル6個、銀メダル3個、銅メダル5個で、メダル順位10位に上がっている。

 日本は金メダル7個、銀メダル4個、銅メダル15個で7位である。

 韓国が夏季オリンピックのメダル順位で、日本に勝ったのは、1988年のソウルオリンピックが初めてだった。

 当時、韓国は金メダル12個で4位に上がり、金メダル4個に終わった14位の日本に勝った。

 その後、1992年バルセロナ、1996年アトランタ、2000年シドニー大会で、韓国が日本より多い金メダルを獲得した。

 2004年のアテネでは、韓国(金9、銀12、銅9)が9位に終わり、5位の日本(金16、銀9、銅12)に逆転された。

 2008年の北京オリンピックで日本に勝った我が国は、2012年のロンドンでも優位に立った。

 韓国は今回の目標を『10-10』とした。金メダル10個以上、メダル順位10位以内を記録する事を意味する。

 一方日本は、金メダル14個、総メダル38個を目標にしている。

 我が国は、残りの競技の内、テコンドー、レスリング、バドミントン、ゴルフで金メダルを狙っている。

 テコンドーで2個、レスリング、バドミントン、ゴルフなどの金メダルを加えると、目標の金メダル10個以上を取ると予想される。

 この内、1~2個狂いが生じても、予想外の種目で、ビックリ金メダル'が出れば、金メダル10個は可能と見られている。

 日本は14日、リオデジャネイロ メインプレスセンターで、選手団が公式記者会見を行い、残り日程の予想値を発表した。

 日本選手団の橋本聖子団長は、「最初の週に金メダル10個程度を目標にしていたが、柔道や水泳で期待を下回った。残りの競技では、レスリング、テコンドーなどで金メダルを期待している」と話した。

 日本は、金メダルが6個かかった女子レスリングで、最大4個、テコンドー、体操、バドミントンなど更に7~8個の金メダルを考えている。

 メダルの種目別の分布を見ると、日本の内容の方が充実している。

 日本は、テニス・カヌーで銅メダルを獲得するなど、西側国家が強い種目でも上位圏の成績を記録し、金メダル7個は柔道3個、体操2個、水泳2個など広く分布している。

 一方、我が国は、金メダル6個の内4個がアーチェリーに集中し、日本のカヌー、テニスなどのように、新たに金メダルを獲得した種目はない。

 2020年、夏季オリンピックを開催する日本は、リオを境に韓国との競争に再び勝つ為、総力戦を繰り広げている。
http://www.yonhapnews.co.kr/rio2016/2016/08/15/5401000000AKR20160815011200007.HTML?template=2087

『日本と勝手に戦う病』は、益々悪化している。
ちょっとした刺激で心肺停止になりそうなほど重篤。(笑)

日本と比べる事に無理がある。
日本人にとってスポーツは、基本楽しんでやるもので、韓国は、兵役免除や生涯年金など、特典を得る為のものだからね?

スポーツマンシップなんて、朝鮮人には理解出来ない。
ズルしても勝てばいい恥知らずな民族なんです。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック