かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【知ってた】

【株取引で、脅迫で、脱税で、金を稼いだ者の名はジャーナリスト】
メディアの道徳的不信数十年、キム・ヨンナン法施行の意味を探ってみる
2016.08.14 メディアオヌル

1997年の大統領選挙。東亜日報のイ某政治部長は、イ某元国税庁次長から1,500万ウォン受取った。この金は1997年の大統領選挙のハンナラ党の不法資金の一部だった。イ部長は大統領選挙当時、選挙政党チーム長を担当し、この金は記事請託の対価だった事が分かった。2003年事件を捜査したソウル地検は、イ部長の他、約20人のジャーナリストに金が渡った事実を掴んだ。イ部長はどうなったか?控訴時効が過ぎた事を理由に、法的処罰されなかった。

 今日、キム・ヨンナン法が出来る背景には、ジャーナリストの地位を利用し不当に利得を得て来た多数の事件がある。2000年、毎日経済TVのチョ某PDは、Daumコミュニケーションのイ・ジェウン社長に数回、株式を売れと要求して株を取得した後、KOSDAQの上場前後に売却し、数十億ウォンの収益を得た。チョPDは、非難世論が起きると辞表を提出したものの法的措置はされなかった。中央日報のキル某記者は、未公開情報を兄弟に教え、4億6,000万ウォンの相場差益を得た容疑で、1999年書類証券された。

 2002年のユン・テシク ゲート当時には、ベンチャー企業とメディアの癒着関係が発覚する。検察は、ジャーナリスト25人が、『パス21』の株を3,000株近く保有していたと発表した。これらは市価の数十分の1の価格で株を購入し、売却する形で利益を得ていた。新聞で、少しでもベンチャー企業を広報すれば株価が上昇した為、癒着は激しかった。一部のベンチャー企業は、10%の株を公務員と記者のロビー用に別に管理していた事が分かった。

 2002年のブンダンパークビューの特典分譲事件には、9人のジャーナリストが関与していた事が分かり、同年のタイガープルスロビー事件では、メディア10社が株を取得し経営参加し、自社メディアを通じ広報していた事が分かったが、ジャーナリストが法的処罰される事は無かった。

 大田(テジョン)MBCのコ某記者は、法曹出入り記者の地位を利用し、金品を恐喝し、利権に介入し、2001年大田(テジョン)地方裁判所で懲役3年、追徴金2億1,800万ウォンを判決された。彼は、ゲームセンターの違法営業を報じない対価として400万ウォンを脅し取り、特定病院の院長を逮捕させると言い7,600万ウォンを受取り、MSの事業承認を受けられるようにしてやるとして、建設会社から1億4,200万ウォン受取った。2004年には、建設会社に新聞を売り付け、金品を受け取った容疑で記者2人が逮捕され、記者4人が書類送検された。これらは建設現場のホコリなどを理由に、リベートを受取っていた。

 2001年には、一部の映画会社が広告代理店と議論し、スポーツ誌の記者に韓国映画の場合200~500万ウォン、外国映画の場合50~100万ウォンの寸志を支払っている事が分かり、検察が対価を受取った一部の記者の捜査に着手した。某広告代理店関係者は当時、メディアオヌルのインタビューに、「金を払わなければ記事にならない。映画担当の記者に会い、金を報道資料に入れて渡す。通常、映画が始まる時と終る時に分けて支払う」と話した。

 2001年、国税庁は、メディアの税務調査の結果、23社の脱税額が1兆3,500億ウォンと発表した。当時、国民のショックは大きかった。公正取引委員会は、主要メディア13社に最近の4年間5,434億ウォン規模の不当なインサイダー取引があった事実を摘発し、242億ウォンの罰金を課したと発表した。社主や親戚など、特殊関係人に非上場株を低価格で売却後、高値で買い入れる不当な取引きだった。

 当時の罰金の規模は、東亜日報62億、朝鮮日報34億、中央日報25億の順だった。社会の不条理を告発するメディアの『腐敗』は、メディアの信頼を深刻に棄損し、メディア改革運動に燃料を入れ火を点けた。数十年間積み重なったメディアへの道徳的不信が、今日のキム・ヨンナン法を生んだのである。

 ジャーナリストも、メディア界の腐敗を認識している。韓国メディア振興財団の2013年の記者意識調査によると、メディア界で寸志は『しばしば、或いは非常に、しばしば受取っている』と答えた割合は、『無料チケット』と『プレゼント』が54.6%、『もてなしや接待』が53.%、『取材関連無料旅行』が44.6%、『外遊性取材旅行』が21.7%、『金銭』が18.4%の順だった。メディア財団は、「寸志の種類別の受取頻度が、2009年の調査に比べ、全体的に高くなっている」と発表した。回答者の40.3%は、『寸志の受取が記事に影響する』と答えてた。
http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=131547

知ってた。
腐りきった国でジャーナリストだけは例外なんて事は絶対に無い。
ジャーナリストだから知り得た情報で金を稼ぐ。
いかにも、THE朝鮮人。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック