かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【せいせいする】

【韓日合意で・・・政府、これ以上慰安婦問題で日本批判出来ず】
2016.08.12 23:08 京郷新聞

・『10億円出資』決定の意味
・25年戦った謝罪・賠償の法的責任要求10億円で『終止符』
・少女像撤去も『不明瞭』な表現・・・韓国に負担に残る可能性

 韓国が日本軍慰安婦被害者支援の為に設立した『和解・治癒財団』に、日本政府が10億円の政府予算を出資する事が最終決定され、韓国・日本の慰安婦問題は、公式終了を目前にしている。

 日本が10億円出資すれば、慰安婦問題の昨年12月の韓日合意は履行されたと見る必要がある。最低限、両国政府間の『慰安婦問題』は、『最終的・不可逆的に』解決された事を意味する。1991年8月14日、金学順(キム・ハクスンハルモニ 1997年故)が、自身の被害事実を証言し、慰安婦問題を世界に知らせた後25年間、韓日関係の最大の懸案だった慰安婦問題が公式に終了する事になる。

 政府は、日本が出す10億円が政府予算である点をあげ、日本が事実上法的責任を認め、賠償金を支払う事と同じと説明して来た。その為、10億円受取後、慰安婦問題の政府の公式立場の変化は避けられない。

 まず、日本政府の法的賠償に関し政府は、「日本政府に、法的賠償責任は残っていない」と言う立場を出さざる得ない。

 政府は2005年~「慰安婦・サハリン同胞・原爆被害者などの問題は、1965年の韓日請求権協定で扱われなかった」との立場を維持して来た。しかし、すでに「パク・クネ政権と日本政府の追加協議で解決された」と立場を再整理せざる得ない。

 2011年憲法裁判所が、「政府が慰安婦問題解決の為に努力しなかった不作為は違憲」と決めた効力も消滅したと考えざる得ない。政府は、日本と交渉を再開し、問題解決努力をし、結局合意・履行まで完了すれば、違憲状態を脱したと解釈する出来るからである。

 政府は更に、韓日合意により、国際社会で慰安婦問題で日本を批判出来ない。韓国は、国連などの国際機構で、慰安婦人権問題を最も積極的に提起して来た国だったが、今後は、民間団体・専門家の他、政府次元の問題提起は無いと予想される。国際社会で慰安婦問題が議論される頻度は減少すると見られる。更に、韓日合意で不明瞭に表現された駐韓日本大使館前の『平和の少女像』の撤去問題も、負担として残る事になった。

 日本の10億円の出資決定が、このように重大な意味を持っているにも関わらず、政府は金曜日午後、奇襲的に関連報道資料を配布する形で公開した。決定が持つ意味については説明せず、外交部スポークスマンが報道資料を読む形で公開した。同日、決定の意味が最大限浮上しないようにする意図に見える。
http://media.daum.net/society/newsview?newsid=20160812221722522

10億払えば全てが終わる。
せいせいするわ~。

クソババアは、アメリカに相当脅されてるんだよね?
納得するとか、しないとかじゃなく、合意せざる得なかった。
THAADと同じように。

今回は、日韓の話し合いで無く、日本・アメリカ・韓国と、アメが間に入っているって事。
これで蒸し返すような事をすれば、そもそも低い信用が地に落ちる。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック