かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【非常事態なのは国全体】

【両方のウィンカー点滅させたイ・ジュヨル、韓銀は明らかに非常事態である】
家計負債警告高め、通貨政策余力自信
2016.08.11 19:38 ニュース1

 韓国銀行はこれまで、景気浮揚の為、基準金利を引き下げた。「金利引下げが、家計負債問題を更に育てる」との懸念は大きかったが、努めて無視し、金融監督当局の援護射撃を信じた。

 韓国銀行が家計負債問題に乗り出す方法は、事実上1つだけ、基準金利の引上げである。現在の我が国の経済状況と世界の通貨当局の動きを綿密に分析する必要がある。このような混乱状況でも固定していればリスクは縮小する。1人別の道に入り込む事は地獄かも知れない。

 世界の通貨当局が同じようなものだろうが、イ・ジュヨル韓国銀行総裁も通貨政策の限界を身に染みて感じている。イ・ジュヨル韓銀総裁は、チャンスさえあれば「構造改革が必要で、政府が積極的に乗り出す必要がある」と泡を噛む。しかし'韓銀は、すべき事はしたとして手を引く事も、線を引く事も出来ない。11日の8月の金融通貨委員会でもそうだった。

 同日イ・ジュヨル総裁は、久しぶりに鷹(通貨緊縮選好)の爪を表わし、家計負債リスクを強く警告した。最近の通貨緩和の副作用を扱った報告書が、韓銀に溢れているのと同じ脈略である。彼はこれを、「市場とのコミュニケーションの円滑化」と説明した。

 首をかしげたのは、基準金利の下限についての発言だった。「通貨緩和基調で、金利が下限に近付いた事は、実際に政策余力が無くなっているのでは無い」と話した。家計負債の急増を煽る利下げの可能性を、これまでより鮮明に残している。

 これまでのイ総裁の発言を見れば明らかに鷹派である。しかし、『鳩(通話緩和選好)』に逆らう事は無かった。就任当時、「金利方向は上昇」とし、その後5度引下げている。自己矛盾である。

 今回も内部事情はある。家計負債問題を見ると、利下げは『握手』である。通貨量は増加しても、消費は増加しない動脈硬化現象も深刻化している。しかし、低物価の固定化は、利下げの名分である。物価安定が韓銀の存在理由で、第1目標である。アメリカの利上げが遅れ、輸出企業を固く締め付けるウォン高も懸念されている。これも利下げの名分である。

 計算は、更に複雑になっている。いずれ緊縮モードに転じる世界の金融市場に備えるには、今年残り4ヶ月間の物価でも、成長でも、成果が必要である。時間は稼いだが、政府の尻は重い。韓銀が再び孤児家庭のように乗り出さざる得ない状況になる可能性がある。

 先日、韓銀の高位関係者が記者に、「金融安定の責任を問うなら同時に手段を与えるべきではないか?しかし、手段が無い。それでも手を離していれば、韓銀は何しているのかと批判される」と苦しさを吐露した。

 韓銀の曖昧な戦略が敗着するには市場の信頼が必須である。しかし市場は、韓銀を信じていない。イ総裁が何を言っても、結局利下げの列に並ぶ。同日、イ総裁の「関係部署と家計負債問題に関し協議している」との発言についても、金融当局は不快な反応を示している。

 ジレンマに陥ったイ・ジュヨル総裁と冷遇する市場、平行線を走る事態を巡り、韓銀が、いつまで直進し続けるのか?今後を見る必要がある。これが、韓国銀行が非常の理由である。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160811193845937

非常なのは韓銀じゃなく、政府・企業・家計=経済3主体全て。
そりゃ、韓銀だって非常事態になるわよ。

韓銀と金融監督院が公表している資料から、最新のものを引っ張って計算した数字がコレ↓。

2015年末 国家負債 1,285兆2,000億ウォン
2015年末 公共機関経営情報 505兆3,000億ウォン
≪内訳≫ 
公企業 365兆ウォン
準政府機関 125兆6000億ウォン

国内企業 2,432兆4,000億ウォン 2016年第1四半期
家計・非営利団体 1,223兆7,000億ウォン 2016年第1四半期
小規模自営業者 239兆3000億ウォン 2015年末

特殊債 269兆9192億ウォン 2016年6月
・産業金融債 88兆4992億ウォン (2016年5月)
・通貨安定証券 181兆4200億ウォン (2016年6月)

債務総額 5,955兆8,192億ウォン
対実質GDP比 400.18%(GDP成長率3.2%、2015年第3四半期~2016年第2四半期までの8ヶ月間)

金融公企業、軍人・公務員年金充当額など、常に無い事にされてる債務は含まれていない。
産業銀行・輸出入銀行・ウリ銀行・農協銀行は除外されてるって事だよ。
除外されてる分を全て含むと、倍以上になるだろうね?
GDPの800%・・・どうすんだ?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック