かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ウケル】

【なぜシャネルにだけ特典を?】
2016.08.09 04:15 韓国経済

エスティーローダー、ハンファ免税店に従業員の派遣を中止

『出店契約不利・・・修正必要』
ハンファ『契約条件再検討』


 エスティローダーグループは、シャネルコスメティックの出店条件に抗議し、ハンファガレリア免税店との『全面戦争』を宣言した。 シャネルコスメティックの免税店への出店条件を『特典』とし、従業員約30人の派遣を中止した。エスティーローダーグループは、ハンファガレリアが条件を飲まなければ、商品の供給も、従業員の派遣もしないとしており、当分は葛藤が続くと見られている。

 8日、化粧品業界によると、エスティローダーグループの化粧品11ブランドは5日、ソウル汝矣島(ヨイド)のガレリア免税店63から職員約30人の派遣を中止した。1日、シャネルコスメティックの入店過程で、エスティローダーグループが、自社の契約条件の修正を要求したし、免税店が受け入れなかったからである。

 エスティローダーグループが、従業員の派遣を中止し、先週末以降、ハンファ免税店の本社の社員が製品を販売しているが、経験不足・在庫の不足で困難を経験している事が分かった。

 エスティローダーグループで、出店しているブランドは、エスティーローダー(Estée Lauder)、クリニーク(CLINIQUE)、メイクアップ・アート・コスメティックス(MAC)、ドゥ・ラ・メール(LA MER)、アヴェダ(Aveda)、ボビイ・ブラウン(Bobbi Brown)、オリジンズ(Origins)ジョー・マローン(Jo Malone)、オリジンズ(Origins)、トム・フォードビューティー(Tom Ford Beauty)、グラムグロー(Glamglow)の11ブランドである。全て人気ブランドの上、ロビーの中でも目立つ場所にある。その為、『店員』が製品を知らない』、『探している製品が無かった』との消費者の不満が増加している。化粧品業界関係者は、「エスティーローダーグループだけで無く、ランコム(LANCOME)、ビオテルム(Biotherm)、キールズ(Kiehl's)など、ロレアルグループのブランドも撤退を検討していると聞いた」と伝えた。これに対しハンファガレリアは、「ブランドの葛藤は、免税店が時間差でブランドを入店させる過程で常にあった。近く契約条件を再検討し、協議を終える計画」と発表した。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016080879861&nv=3

免税店にシャネルが出店するのは初めてだとか。
要するに、シャネルを引っ張って来る為に、好条件を提示したと言う事でしょ?
で、プライドの高いエスティ・ローダーグループが噛み付き、実力行使に出た。
基本、取引してやってると思ってるから仕方ない。

エスティ・ローダーは、絶対妥協しないから、条件丸呑みするしかないわね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック