かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【報復か?否か?】

【中国のTHAAD報復?韓国人の中国商用ビザ取得が難しく】
2016.08.04 07:35 中央日報日本語版

3日午前、中国関連のコミュニティーとソーシャルネットワークサービス(SNS)に「中国マルチビザ停止」と題したコメントが載せられた。「2日から中国外務省の決定に基づき、商用(M type)マルチ(M・マルチ)ビザが全面中止された状態」とし「シングルビザに変更するか、必ずマルチビザが必要なら当分(現在期限なし)待機してマルチビザを申請することになる」という内容だった。韓国の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系導入に対する中国の報復措置という見方も提起された。

ビザ問題は在韓中国大使館が商用ビザ発行条件を厳格に強化して始まった。中国当局は商用ビザ発行に必要な招請状業務を代行してきたM旅行会社に対して3日午前、資格停止決定を下した。その間、韓国企業の関係者が中国ビザの発給を受けるのに必要な招請状関連の業務市場を事実上、M社が独占してきたという。

外交部の当局者は「招請状を発行してきた代行会社の資格が取り消しになり、今後、同社を通じて招請状の発給を受けることができなくなった。しかし韓国企業が現地協力会社を通じて正常に招請状を受ければ商用ビザの発行に問題はないというのが中国当局の説明」とし「中国側が商用ビザ発行を中断したり申請受け付けを拒否するというのは事実でない」と述べた。中国大使館公式ホームページや中国ビザ申請センター(visaforchina.org)はビザ発行条件の強化に関する案内文は掲示しなかった。

旅行会社の関係者は「国内の旅行会社に依頼すれば、ビザ業務代行会社を通じて中国現地旅行会社が発行する招請状を受け、ビザを申請すればよかった。一種の便法」と話した。

しかし旅行会社の招請状発行が禁止され、「正式」に商用ビザを受けるしかない。この関係者は「今後は商用ビザ申請者がそれぞれ個人的に正式な招請状の発給を受けてこそ、旅行会社でもビザ申請業務を代行することができる。以前よりはるかに難しくなった」と説明した。さらに、中国を初めて訪問する人は中国現地会社の招請状があってもマルチビザの発行は不可能で、シングルまたはダブル商用ビザに限り取得できるよう指針を変更した。

その代わり中国大使館はシングルだけを発行してきた観光(L)ビザにマルチビザを新設したと明らかにした。ある旅行会社の関係者は「最近2年以内に観光ビザで3回以上中国を訪問した記録があれば、最大30日の滞留が可能なマルチ観光ビザの発給を受けることができる」と説明した。中国内の韓国人社会は、「韓中人員往来『1000万人プラス』の新しい時代を開いていこう」という両国首脳間の合意への支障を懸念している。
http://japanese.joins.com/article/019/219019.html


【中国、THAAD報復現実化?
 ・・・韓流スターのファンミーティング突然中止】

2016.08.04 21:53 韓国経済

 中国で予定されていた韓流スターのファンミーティングが突然中止され、中国ドラマに出演中の韓国人俳優の中途下車説が飛び交うなど、中国国内の韓流が、異常気流に巻き込まれている。国内で予定されている様々なマイス(MICE)イベントの中止、又は無期限延期も相次ぎ、THAADの韓国配備への中国の報復措置が現実化するのでは無いかと懸念されている。

 中国最大の動画サイトYOUKUは4日、公式モバイルサイトで、「ドラマ『むやみに切なく』に主演したキム・ウビンとスジを招待し、6日北京で開催予定だったファンミーティングを、不可抗力的な理由で中止する事になった」と発表した。中国の新聞・TV・映画など、メディアを総括する国家新聞出版放送委員会が先月27日、海外のTV番組の規制を強化する内容の『TV番組の自主的創意業務推進強化に関する通知』を発表後、韓国の芸能人の公式イベントが中止されるのは初めてである。

 『むやみに切なく』の製作会社 三和(サムファ)ネットワークス関係者は、「3日、イベントの主体YOUKUから、突然ファンミーティングの延期を通知された。詳しい中国国内の状況を把握している」と話した。更に、「ファンミーティングについて、両国の関連会社の間に問題や異見は無かったが、正確な説明無く、中止を連絡して来た」と付け加えた。

 中国湖南衛星テレビが、ドラマ『イニョン王妃の男』をリメークした中国版『相爱穿梭千年2:月光下的交换』に主演したユ・インナが、撮影後半に降板する可能性が高まっている。ユ・インナの撮影は中止された状態で、製作スタッフは中国当局の態度を見守り、対策を準備していると知らされた。所属会社のYGエンターテインメントは、「噂の内容については製作会社と協議中で、現在申し上げる事は無い」と発表した。

マイス(MICE)イベントも相次いで中止

 国内のイベントにも影響している。4日、中国のエージェントによると、文化体育観光部主催で31日~9月2日まで、ソウル三成洞(サムソンドン)コエックスで行われる第17回国際放送映像見本市(BWCC)に参加する予定だった中国湖南TVが3日、出品を電撃中止した。来月8日のソウルドラマアワーズで、中国のネット生中継を担当するYOUKUは1日、現地の代理店に、「今年のイベントの中継は出来ない」と言う内容のEメールを送って来た事が確認された。

 国内のマイス・観光分野でも同じような例が続いている。韓国マイス協会によると、中国政府傘下のマイス委員会は先月29日、公式文書で韓国のTHAAD配備に伴い中国政府の政策として、11月済州(チェジュ)で行われる『済州(チェジュ)マイス産業展』に派遣する計画だった中国企業代表団の訪韓中止は勿論、今後中国で行われる韓国関連交流イベントを全面中止すると連絡して来た。

 来月、中国廈門(アモイ)で行われる『中国企業会議・褒賞観光発展フォーラム』にキム・ウンス会長など韓国代表団への出席要請計画も全て中止した。キム会長は、「中国が代表団の派遣を中止し、地域観光公社、コンベンションビューロー、関連企業を招請する計画だった『韓・中マイス ビジネス フォーラム』の開催は困難になっている」と懸念している。

 大規模な褒賞観光団体が訪問予定の地方自治体と関連業界の緊張が高まっている。イ・ドンニョル京畿(キョンギ)観光公社京畿(キョンギ)マイスビュー団長は、「公式に確認していないが、中国の旅行会社から中国政府が韓国の旅行商品を販売する旅行会社に、韓国商品を販売するなと指示していると聞いた」と話した。

 某国際会議企画会社が、11月と12月中国で行う計画の中国企業関連のマイスイベントが今週2件無期限延期された。キム・ヒョン仁川(インチョン)観光公社マイスビュー所長は、「中国のCITSやCISなど大手旅行会社は全て中国政府の影響下にある国営旅行会社で、政府の政策に従って動く。中国人観光客が急激に減少する可能性も排除出来ない」と話した。

 韓国マイス協会は今回の事態に関し3日、地域観光公社、コンベンションビューロー、関連業界の被害事例の調査を始めた。
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=1045984&iid=24729965&oid=015&aid=0003635452&ptype=052

中国も韓国も何でもアリの国だから、報復の可能性はある。

が・・・日本でも、韓流スターや、K-POP歌手がVISA申請の不備、又は観光目的で入国しようとして、入国を拒否されるケースが相次いだ。
その時も、日韓関係が悪化した事による嫌がらせだと、韓国メディアやAERA=朝日は報じていた。

中国は、ある程度裏金で解決出来る事を考えれば、VISAの取得や入国手続きに於ける不正、又は違法行為があった可能性は高い。

更に、イベントには莫大な金がかかるし、予定通り集客出来なきゃ赤字になる。
赤字確実、又は赤字になる事が予想されるイベントは直前でも中止される。
K-POPコンサートが、直前に中止になり、チケット代の払い戻しがされず、問題になる事は世界中で起きている。

K-POPブームついに終焉? チケット売れずイベント中止、返金もできず
ドイツで開催予定のK-POPコンサートが突然中止、チケット販売振るわず欧州での“韓流”発展に大打撃の見方も―韓国メディア
タイでK-POPコンサートの開催キャンセル続出、中には返金トラブルも

事前予約の段階で、どの程度集客出来るか?予測出来る。
キャンセルが相次ぐ、又は事前予約が想定を下回った可能性もあるし、スポンサーが共産党の雰囲気をおもんばかって撤退を決めた可能性もある。
不通大統領をおもんばかって、余計な事ばかりしやがる側近と同じように・・・。(笑)

これまで見逃して来た不正や違法行為を認めなくなっただけじゃね?
制裁と言えば制裁かも知れないけど。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック