かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【あれ?】

【7月の輸出10.2%↓、
19ヶ月連続減少『史上最長』・・・13大主力品目の内12品目『マイナス』】

2016.08.01 11:59 朝鮮Biz

輸入14%↓、貿易収支78億ドルの黒字
操業日数、船舶の引き渡し物量減少で
政府、8月輸出回復傾向予想・・・事実上『基底効果』

 7月の輸出実績は、前年同月比10.2%減の410億ドルに留まった。輸出は史上最長期間となる19ヶ月連続減少傾向が続いている。13大輸出主力品目の内、PCを除く12品目の輸出が減少している。政府は8月の輸出はプラスに転じるとを期待しているが、事実上前年同月が最悪(-15.2%)だった輸出の基底効果と分析されている。

◆  『史上最長』19ヶ月連続輸出減少・・・減少幅2桁に再拡大

 1日、産業通商資源部が発表した『7月の輸出入動向』によると、先月の輸出は、前年同月比10.2%減の410億ドル、輸入は14%減の333億ドルで、貿易収支は78億ドルの黒字を記録し、貿易収支は54ヶ月連続黒字行進を続けている。

 輸出は、昨年1月以降、19ヶ月連続減少し、これは、月間輸出統計を開始した1970年以来、最長期間の減少傾向である。これまで、月間で輸出が連続減少した期間は、2001年3月~2002年3月までの13ヶ月だった。

 3月、前年同月比1桁の減少率(-8.2%)→4月2桁の減少率(-11.2%)に悪化した輸出は、5月(-6%)、6月(-2.7%)と、2ヶ月連続1桁の減少幅を記録し改善する様子を見せた。しかし7月、再び2桁の減少幅に悪化している。

2016080101180_0.jpg
 イ・ミヌ産業部輸出入課長は、「7月の輸出は、前年同月比の操業日数の減少(-1.5日)、船舶の引き渡し物量の減少など、一時的な要因で、減少幅が拡大した。1日平均の輸出増減率は-4.4%で、6月(-0.6%)を除けば、今年に入り最高の成績」と話した。

 7月、輸出物量の減少率は、前月比で縮小し-1.6%に留まったが、輸出単価は前月比2%増で-8.8%に急落している。韓国企業の収益性と直結する7月のウォン換算輸出も10.2%減少している。ウォン換算輸出は2ヶ月連続増加し、減少傾向に転じている。ウォン安(ウォン-ドル相場の下落)効果が薄れたからである。

◆ 13大主力輸出品目の内12品目『マイナス』

 13大主力輸出品目の内、PC(39.1%)を除く全ての品目が減少している。PCは、2010年1月以降、最高の増加率で、これは7月末Windows10の無料アップグレード期限を控え、部品の交替需要が増加したからである。

 フラットパネルディスプレイ(-19.2%)、石油製品(-9.4%)、一般機械(-3.7%)は、単価の下落幅縮小、需要増などで前月比減少幅が縮小している。

 特に、▲船舶(-42.5%)は、引き渡し延期▲自動車(-14.6%)は、新興国の需要不振と国内のストライキ▲石油化学(-12.3%)は、原油価格下落の継続▲鉄鋼(-11.1%)は、世界の需要不振で減少幅が拡大している。

 善戦した5大有望消費財(化粧品・医薬品・生活乳児用品・農水産食品・ファッション-衣料品)の内、ファッション-衣料品の輸出が9.1%減少している。政府は一時的なもので、下半期には改善すると見ている。

 地域別でも、ベトナム(7.6%)、独立国家共同体(CIS、0.9%)を除く全ての地域で減少している。EU(-4.3%)、ASEAN(-3.5%)、日本(-2.1%)、中国(-9.3%)、アメリカ(-14.3%)、中南米(-16.3%)、中東(-19.3%)等である。

◆ 政府、8月輸出回復予想・・・基底効果が大きい

 政府は8月、輸出がプラスで転じると期待しいている。最近、ユ・イルホ経済副総理兼企画財政部長官と、チュ・ヒョンファン産業通商資源部長官も楽観した。しかし、輸出の減少傾向が長期化し、2年近くマイナスが続く状況で、基底効果による輸出増加傾向では無いかとする分析ある。

 パク・ジンギュ産業部貿易政策官はブリーフィングで、「(チュ長官の8月は輸出がプラスに転じる発言)基調は変わらない。世界貿易と経済は、微弱ながら改善すると見ている」と話した。

 更に、「液晶ディスプレイ(LCD)、鉄鋼など、一部の品目の単価は回復すると見ているが、ブレキジットや原油価格の下落基調は、変動要因として作用する。昨年8月の輸出増減率は-15.2%で、昨年2番目に減少幅が大きかった。それに伴う基底効果もある」と話した。

 産業部は下半期、短期輸出支援対策を速度感を持って進める方針である。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2016/08/01/2016080101234.html?main_hot4

経済副総理は、交代する度に劣化し、当たらない占い師チェ・ギョンファンの後釜ユ・イルホは詐欺師レベルのホラ吹きジジイ。
毎月、輸出回復論を唱え、ほぼ毎月2.8~3%の成長は可能だと発言するけど、輸出も、成長率も、一向に回復しない処か、益々悪化して行く。

>EU(-4.3%)、ASEAN(-3.5%)、日本(-2.1%)、中国(-9.3%)、
 アメリカ(-14.3%)、中南米(-16.3%)、中東(-19.3%)

 韓国の対日輸出は、2012年8月のネズミ男の不敬発言以降順調に減少し続け、
 2012年2.2%減、13年10.7%減、14年7.2%減、2015年20.5%減の255億
 9,600万ドル(約3兆100億円)に・・・今年に入っても順調に減少。
 いい話じゃ~ないの?(笑)

対中輸出の減少分をカバー出来る市場が見当たらないから回復・改善は不可能。
更に減少する事はあっても、増加に転じる事は無い。
VW問題で、メルケルが激怒し、嫌韓が拡散すれば面白くなるのに。
世界に広がる嫌韓の輪・・・なんちゃって。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック