かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【バッカじゃね?】

【平沢(ピョンテク)米軍用住宅賃貸事業非常】
2016.08.01 14:38 イートゥデイ

居住基準不適合住宅、賃貸事業不透明

『チェ・ヨンジン論説委員の現場点検』


 京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテク)市彭城邑(ペンソンウプ)一帯の米軍用賃貸住宅市場が非常事態になっている。建設中、又は完成した米軍レンタルハウスの内、米軍が要求する住宅基準に適合しない物件が少なくないからである。

 特に、米軍レンタル用に分譲されたアンジョン里のブラウンストーンMSは、米軍の住宅基準に適合せず、投資家が慌てている。

 洗濯場所に乾燥機のスペースや換気口が無く、米軍用賃貸事業の大きな障害になりそうだからである。

 米軍は、洗濯物を乾燥器で干すのが習慣で、洗濯機とは別に乾燥器の設置を要求する。その上、安全の為、洗濯室には換気口が必要である。

 しかし、ブラウンストーンMSは、このような構造と設計で無く、米軍の賃貸の可否に関心が傾いている。米軍対象の賃貸事業が不可能な場合、大きな波紋が予想されるからである。

 リフォーム工事中のブラウンストーンMSは、110~185㎡型944世帯で、2014年11月、3.3㎡=800万ウォン台で分譲し、人気を呼び、今年11月入居予定である。

 現在、平沢一帯には、ブラウンストーンMSのように、米軍の要求基準に達しない賃貸住宅が溢れていると知らされている。3世帯居住用のテラスハウスから単身型住宅まで、米軍の検査で不合格判定になった例もある。

 アンジョン里の米軍部隊の正門近くのオフィステルは、米軍レンタル用として分譲したが、借家人が見付からず、殆ど空室になっている。

 これら基準未達住宅は、今後部隊の外に居住する米軍数で運命が交錯する。住宅が不足すれば、少し不十分でも構造を補完し、賃貸するが、供給過剰の場合、米軍対象の賃貸事業は困難になる可能性が高い。

 現地不動産会社の関係者は、「現在、営外居住需要が正確に把握出来ず、階層別の賃貸需要の予測は困難な状態で、米軍の住宅手当てを基準に見れば、下位の兵士でも140㎡型への入居が可能と見られ、110㎡型の入居需要は予想を下回る可能性がある」と話した。

 価格は、単身型の新築が6億~7億ウォン台、MSは10億~11億ウォンになる。築7~8年のMSは、7億ウォン台、坪数が大きな物件は1,500万ウォン程度追加金(チップ)が付き、中型は分譲価格水準で売りに出ているが、探している人は殆どいない。

 これまで、米軍賃貸住宅の建設場所の土地が大幅に上昇し、賃貸収益率は4~5%台と推定される。
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1364749

バッカじゃなかろうか?

在韓米軍は、6月から9ヶ月ごとのローテーション配備に変わり、海・空兵力は、ほぼ日本に移動している。
28,000人とされて来た在韓米軍の内、陸軍部隊は12,000人程度。
が・・・今年6月、テキサスで訓練を終え、韓国に派遣される兵士は4,600人と報じられた。
半分ローテーションすると考えると、在韓米軍の兵士は10,000万人を下回っている事になる。

で、9ヶ月ごとに半分ローテーション・・・赴任期間は最長1年8ヶ月=家族は来ない。
なのに、馬鹿高い保証金を払って基地の外に住宅を借りたり、住宅を買ったりすると思う?
考えなくても分かるよね?

在韓米軍の撤退は、朝鮮人が考える以上に、経済的損失が大きい。
その事に、いつ気付く?

韓国の今後を見ると、米軍撤退後の沖縄が見える・・・かも?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック