かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【何でもTHAAD配備の報復に】

【中国、化粧品輸出困難に・・・『急成長』国内企業非常】
重金属含有量強化した新たな規制12月施行・・・『先制対応必要』
2016.07.31 07:01 聯合ニュース

 中国は12月、化粧品の品質管理を大幅に強化する。

 これに伴い、最近中国の化粧品市場を攻撃的に攻略している我が国の企業は、先制的な対応戦略を立てる必要に迫られると分析されている。

 31日、韓国貿易協会北京支部によると、中国国家食品薬品監督管理総局(CFDA)は、重金属の含有量を厳格に制限する内容を含む『化粧品の安全技術規範』を12月1日から施行する。

 この規範は、中国衛生部が2007年発表した『化粧品衛生規範』の修正版と言える。危険物質の安全管理、監督管理の効率性向上に焦点を絞っている。

 重金属の含有量を調整している事が最大の特徴である。

 新たな規制は、鉛の含有量を現状の40㎎/㎏→10㎎/㎏、ヒ素を10㎎/㎏→2㎎/㎏に調整し、カドミウムの制限量5㎎/㎏を新たに追加している。

 ジオキサンは30㎎/㎏を超えてはならず、石綿は少量でも検出されてはならない。

 使用禁止成分は1,388種で、現状の規制より133種増加し、137種修正されている。使用制限成分は、47種に1種追加され、31種修正されている。

 新たな規制には、化粧品の禁止・制限物質の検査方法も追加されている。物理化学検査法3法、禁止成分検査法29法、防腐剤検査法11法、紫外線遮断剤検査法8法を加えた。

 すでに中国に輸入・流通している化粧品は、品質保証期限まで販売出来る。今年12月1日前にCFDA認証を取得しても、中国内に流通していない商品は、新たな基準に達しなければ、新たに認証の取得が必要になる。

 チェ・ヨンミン貿易協会北京支部長は、「今回の規制は566ページに達するほど膨大で、韓国企業は専門家を動員し、体系的に内容を把握し、対応戦略を立てる必要がある」と話した。

 チェ支部長は、「成分違反は、製品の認証拒否、流通禁止など、対中国ビジネスに大きなダメージになる可能性が高く、先制的に対応する必要がある。しかし、この規制の施行を決めた時期は昨年で、THAADの韓半島配備と関連する中国の非関税障壁強化の動きとは関係無いと考えている」と付け加えた。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160731070157802

THAADの韓国配備とは関係ないと言わないと、支持率最低のクソババアの外交戦略の失敗と思われるからね?

中国の基準に科学的根拠は無いだろうけど、韓国企業の成分偽装も深刻だから、どっちもどっち。
単純な韓国国民やメディアは、不都合な事を全てTHAAD配備の報復と解釈する。
精神的圧力としては、報復効果はあるかも?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック