かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ファビョ~ンで暴行・・・良くある話】

【『なんだ』と言われミャンマー人を暴行する韓国人アジョシの映像】
2016.07.14 00:04 文化日報

 韓国人のアジョシ(おっさん、ジジイ)が、ミャンマー人を暴行する映像が投稿され議論になっています。韓国人のアジョシは、ミャンマー人に『なんだ』と言われて怒るのですが。ネットユーザーは、「白人でも、ああするのか?韓国の恥晒し」と溜息を付いている。

 議論は11日、動画共有サイトYoutubeに映像が投稿された事で始まりました。

201607140004_61120010778890_1.jpg

 携帯電話で撮影された2分の映像には、白シャツ姿の韓国人のアジョシが、赤いTシャルのミャンマー人を殴るシーンが映っている。いつ?どこで?撮影されたのか?具体的に確認されていません。撮影者は、ミャンマー人の同行者と思われます。

 映像を見ると、韓国人のアジョシは、酔っ払っているように見える。彼は、ミャンマー人と肩を取り合、力比べをし、突然背中に担いでいたカバンを投げ、ミャンマー人を殴ります。

 韓国人のアジョシは、握り拳を振り回し、「このOOが、私になんと言った?」「何だって? 何だって?もう1度言ってみろ!!」と繰り返し、ミャンマー人も腕を振り回して対応しますが、韓国人のおっさんの勢いに負け、拳で顔を殴られ続けている。ミャンマー人は、口から血を流していますが、韓国人のアジョシは興奮し、「土下座しろ"!!このOOが・・・」と暴言を吐いている。

201607140004_61120010778890_2.jpg

 映像は有名コミュニティで紹介され、議論になりました。

 我が国のネットユーザーは恥ずかしいと反応し、映像では前後の状況を把握する事は難しいが、『なんだ』と言われミャンマー人を暴行するのは間違っていると指摘し、土下座しろと言う様な暴言を吐くのは情けないとしています。

 「自分より強い者には、『なんだ』で無く、悪口を言われても、目を背けて通り過ぎる癖に」

 「あの両班(ヤンバン)はきちんと処罰されるといいね?」

 「強い者の前では死んだフリをして、弱い者は踏みにじる虫ケラのような人間が、大韓民国にはとても多い。幼稚、凄く幼稚で、一貫性も無い」

 「土下座しろなんて、まともな精神状態では無いね?」

 「同じ韓国人として恥ずかしい。ミャンマー人に申し訳ない気がする。全ての韓国人が、あんな事をする訳じゃありません」

 「ミャンマー人が見れば、反韓感情を持ちますね?恥ずかしくて、恥ずかしくて、申し訳ない、色々考えさせられる」

 などのコメントが続いています。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0010778890&code=61121211&sid1=soc&cp=nv2


【『楊州(ヤンジュ)駅外国人暴行 事件』50代自首・・・『タメ口にカッとなった』】
2016.07.14 17:48 KBS

 地下鉄1号線京畿(キョンギ)揚州(ヨンジュ)駅で、ミャンマー人を暴行した50代の韓国人男性が、警察署に自首し、調査を受けた。

 京畿(キョンギ)揚州(ヨンジュ)警察署は14日、ミャンマー人労働者A(24)氏ら2人を暴行した容疑(傷害)で、イ某(50)氏を書類送検し、調査していると発表した。イ氏は10日午後8時50分頃、楊州(ヤンジュ)駅でA氏らと口論になり、顔を数回殴った容疑を持たれている。イ氏は警察の調査で、「地下鉄駅に立っていると、A氏らが私を見て『なんだ』とタメ口をきき、謝罪を要求したが、腕を振り切った為、2人を殴るなど争いになり暴行した」と証言した。日雇い労働者のイ氏は、事件当時酒を飲み、楊州(ヤンジュ)市内の自宅へ帰る途中だった。

 警察は、イ氏が事件にしない事を望んでいる為、A氏と外国人を立件しない方針と伝えた。
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3312172

韓国では良くある事で、時には殺人事件になる事もある。
この程度の事で立件してたら、幾つ刑務所作っても足らない。(笑)
ファビョ~ンすると獣と化す。
前後と暴行時の事は覚えて無い。
後からそれらしい理由を考える。

関係無いのに因縁付けられたらたまらないわよね?
だから、行かない、関わらない方が賢いんです。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック