かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【THAAD配備決定・・・中国を恐れるDNA】

【韓米、韓半島サド配置決定・・・『北核・ミサイルの脅威に限定運用』】
2016.07.08 11:33 聯合ニュース

数週間以内に配備地域発表予定
 ・・・平沢(ピョンテク)・原州(ウォンジュ)・漆谷(チルゴク)・陰城(ウムソン)議論
韓米発表文『大韓民国と国民の安全保障の為の防御的措置』
『THAAD体系早期配置・・・いかなる第3国も指向せず』
中国・ロシアなど周辺国には、7日決定事実事前通報

 韓国とアメリカは、北朝鮮の核とミサイルの脅威に対応し、高々度ミサイル防御体系THAADを、在韓米軍に配備する事を最終決定した。

 韓米は8日午前11時、「在韓米軍にTHAAD体系を配備する事を韓米同盟次元で決定した」と公式発表した。

 来年末を目標に、在韓米軍に配備されるTHAADの砲台は1つで、在韓米軍司令官の作戦統制を受け、韓米連合作戦に運用される計画である。

GYH2016070800070004400_P2.jpg

 両国は同日の発表文で、「両国は北朝鮮の核大量破壊兵器(WMD)、弾道ミサイルの脅威から大韓民国と韓国国民の安全を確保し、韓米同盟の軍事力を保持する為の防御的措置を決定した」と背景を説明した。

 特に、両国は「THAADシステムが早急に配備されるよう、緊密に協力し、詳細な運用手順を発展させて行く」と発表した。

 THAAD配備領域は、早ければ今月中に発表される可能性が高い事が分かった。配備地域は、京畿(キョンギ)平沢(ピョンテク)、江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)、忠北(チュンブク)陰城(ウムソン)、慶北(キョンブク)漆谷(チルゴク)が挙がっているが、中部圏、京畿(キョンギ)圏地域が有力と見られている。

GYH2016070800050004400_P2.jpg

 リュ・チェスン国防部政策室長は、「(韓米共同実務団の)運用結果報告書を早急に完成し、配置場所の選定結果の後続発表を、遅くとも数週間以内に発表する出来るよう努力している。在韓米軍配備のTHAAD体系を実戦運用出来る時期を、遅くとも2017年末を目標にしているが、更に早く配備されるよう、最大限努力する」と説明した。

 リュ室長は、「今後、韓米はSOFA(在韓米軍地位協定)協定に従い、法的に土地供与手続きを終える方針で、韓米両国は、THAAD体系が早く配置・運用されるよう、集中的に努力する」と話した。

 更に、両国は、「韓米共同実務団は、数ヶ月間の検討で、大韓民国内のTHAAD体系の軍事的効果を確認し、THAAD体系の効果、環境、健康・安全を保障可能な土地を、両国の国防長官に建議出来るよう、最終準備中にある」と説明した。

GYH2016070800060004400_P2.jpg

 特に、両国は、「THAAD体系の韓半島配置は、いかなる第3国も指向せず、北朝鮮の核とミサイルの脅威にのみ限定運用される」と強調した。

 これは、在韓米軍のTHAAD配備に強力に反発する中国とロシアを意識したものと見られている。政府は前日、外交チャネルを通じ、中国・ロシアなど周辺国に、THAADの配備決定と、その理由を事前報告した。

 両国は、「THAAD体系の配備は、多層ミサイル防御に貢献し、北朝鮮のミサイルの脅威に対し、韓米同盟のミサイル防御能力が強化される」と付け加えた。

GYH2016070800040004400_P2.jpg

 トーマス・ベンダル在韓米軍司令部参謀長は同日国防部で、『在韓米軍のTHAAD配備』の決定を発表し、「在韓米軍のTHAAD配備は、韓米同盟のミサイル防御体系の向上に貢献するだろう」と発表した。

 トーマス・ベンダル参謀長は、「本日の(THAAD配備)決定は、引き続き発展する弾道ミサイルの脅威から韓米同盟の軍事力と大韓民国の国民を保護する韓米同盟の力量の発展に極めて重要な決定で、THAADの韓半島配備は、韓米同盟の防御的戦略の重要要素、ミサイル防御体系を向上させるだろう」と話した。

 更に、「北朝鮮の続く弾道ミサイルと大量破壊兵器の開発は、国際社会との約束に反する。その為、韓米同盟は、これらの脅威の前に、自らを防御する能力を備えるだけである。今回の決定は重要な瞬間だが、まだすべき事が残っている」と説明した。

 韓米は、「増大する北朝鮮の脅威に対応する為、韓米同盟のミサイル防衛態勢を向上させる手段として、今年2月以降、在韓米軍の終末段階高々度地域防衛(THAAD)システム配備を協議して来た」と説明した。

 国防部は、「北朝鮮の核実験と、最近の中距離弾道ミサイル発射を含む多数の弾道ミサイルの試験発射は、大韓民国、完全なアジア・太平洋地域の安全保障と安定に、甚大な脅威を提起している」と発表した。

 以前韓米は、北朝鮮の核実験と長距離ミサイル発射をキッカケに、2月7日在韓米軍のTHAAD配備の公式協議開始決定を発表していた。

 更に、3月4日THAAD配備を議論する韓米共同実務団の初会議を皮切りに、これまでTHAAD配置の可否と、候補地域を検討して来た。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2016/07/08/0503000000AKR20160708055551014.HTML?template=2085

>THAAD体系の韓半島配置は、いかなる第3国も指向せず、北朝鮮の核とミサイルの
 脅威にのみ限定運用される

 そんはず無いじゃん。
 使える能力は全て使う、アメリカはそう言う国だし。(笑)

アメに脅されたか?
『出て行くぞ!!』って。

お馬鹿な習近平の報復を、楽しみ待ちましょう。(笑)

【THAAD発大衆関係悪化現実化?中国外交日程相次ぎキャンセル】
駐韓中国大使、ソン・ヨンギル議員らとの夕方、前日に一方的にキャンセル
ナム・ギョンピル知事らの中国訪問も不発
2016.07.08 18:25 Monay Today

 戦域高々度防衛ミサイル(THAAD)の韓半島配備決定に、中国が強力に反発する中、我が国と中国の外交日程に影響している。

 8日、政界によると、共に民主党代表戦に出場の意向を示したソン・ヨンギル議員と他5人とチュ・グォホン駐韓中国大使との夕食の計画が突然キャンセルされた。チュ大使が午後3時頃、キャンセルを伝え、理由を尋ねると「明日になれば分かる」と答えた事が分かった。

 ソン議員は同日、国防部がTHAAD配備の決定を発表した後、資料で「中国の反発と抵抗が予想以上に大きく、(THAADは)技術的に進歩以上に、問題点を露出する武器体系で、パク・クネ大統領は、奇襲的なサド配備計画の発表を延期し、白紙状態から再検討せよ」と主張した。

 ナム・ギョンピル京畿道(キョンギド)知事、ナ・ギョンウォン セヌリ党議員、キム・ブギョム一緒に民主党議員、イ・クァンジェ、チョン・カンウォン道知事計画していた11日~1泊2日の訪中もキャンセルされた。表面的なキャンセルの原因は、中国の水害の為だが、丁度THAAD配備が発表された日のキャンセルで、影響したのではないかと解釈されている。『大統領選挙の潜竜』とされるこれらの訪問日程が、韓国メディアに公開され、中国が負担を感じるとの見方もある。

 ナム知事一行は、当初11日中国広州胡 春華(フー・チュンフア)広東省書記に面会し、12日、北京で宋涛(ソン・タオ)共産党対外連絡部長と面談後、全国人民大会を訪れる計画だった。

 中国外交部は同日、韓米のTHAAD配備発表直後、『強烈な不満と断固たる反対』と表明した。
http://cnews.mt.co.kr/mtview.php?no=2016070818107622568&cast=1&STAND

韓国がひれ伏すまで続くね?
飴と鞭を使い分ける宗主国のお手並み拝見と行きますか?(笑)
日本政府も良~く見ておくべきかと。

中国を恐れ、ひれ伏す朝鮮人のDNAは、朝鮮人以外には理解不能。
だけど、国民の党と筆頭に、すでにヘタれた奴等は、THAAD配備を白紙撤回すべきだとか言い出している。(笑)
国民の方が、むしろ冷静な反応。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック