かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【マジか?】

【Galaxy S7『実績ホームラン』
 ・・・サムスン電子、9四半期ぶりに『営業利益8兆』復帰】

2016.07.07 21:24 韓国経済

 サムスン電子が、9四半期ぶりに四半期の営業利益8兆ウォン台に復帰した。証券業界の推定値7兆ウォン台前・中盤をふわりと越え、2四半期連続、予想を大幅に上回る実績である。上半期の営業利益は15兆ウォンに肉迫し、年間営業利益は30兆ウォン台を記録すると見られている。30兆ウォンを越えるのは史上最大の利益を記録した2013年(36兆8,000億ウォン)以降2度目である。

 サムスン電子は今年第2四半期、売上50兆ウォン、営業利益8兆1,000億ウォンの実績(連結基準)を記録したと、暫定集計されたと7日公示した。営業利益は前四半期(6兆6,800億ウォン)比21.3%、前年同期(6兆9,000億ウォン)比17.4%増で、売上は、第1四半期(49兆7,800億ウォン)比0.4%増に留まったが、プレミアム製品の売上好調、原価削減などで、営業利益率は前四半期比約3%高い16.2%に上昇している。サムスン電子は2012年第3四半期~2014年第1四半期まで、7四半期連続8兆ウォン台の営業利益を記録した。その後、スマートフォンの販売が悪化し、2014年第3四半期4兆600億ウォンに低下していた。

 今年第2四半期、全ての事業でで善戦した事が特徴だ。IM(ITモバイル)部門は約1,600万台売れたGalaxy S7シリーズを前面に、4兆ウォン台の利益を上げた事が分かった。CE(消費者家電)部門も、量子ドットSUHD TVとエアコンの販売が急増し、2009年第2四半期(1兆1,600億ウォン)以来、7年ぶりに初めて1兆ウォンを上回る利益を記録した。半導体部門は、DRAM価格の下落の中、3次元(3D)NANDフラッシュの収益率が高く、利益は2兆ウォン台中盤に達した。

 事業部門別の正確な実績は28日に発表される。サムスン電子の株価は同日、前日比29,000ウォン(2.04%)上昇した145万ウォンで取引を終えた。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016070765491&nv=3

大規模なリストラ、グループ企業の売却、不動産の売却の影響の方が大きい気がするけど、どうなんだろ?
日本にいると、Galaxyの人気について、全く実感が無いからな?

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック