かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【アメリカの車両にも欠陥・・・全量運行中止】

【現代ロテム、アメリカ納品電車で品質問題・・・120両全数調査】
2016.07.07 06:31 聯合ニュース

サスペンション部品の問題で運行中止・・・ロテム『発注先と対応協議中』

 現代ロテムが、アメリカに初めて納品した電車の品質問題が見付かった。

 7日、現代ロテムと外信によると、ペンシルバニア州南東交通局(Southeastern Pennsylvania Transportation Authority)が現代ロテムから購入した『シルバーライナーV』120両を、1日全量運行中止した。

 電車のサスペンションシステムの構成部品に問題が見付かったからである。

 これらの車両は、南東交通局が40年以上の老朽化した電車の交替で発注したもので、現代ロテムは2006年、南東交通局と2億7,000万ドル規模の契約を締結した。フィラデルフィア南部の現代ロテム アメリカ工場で最終組み立てし、2010年下半期運行を開始した事が分かった。

 現代ロテムは現場に従業員を派遣し、問題がある電車数、修理・部品交替の有無を調査している。

 現代ロテム関係者は、「ひとまず120両を全量調査している。正確にどんな問題で、どのように対応するのかは、発注先と協議中で、まだ決定された事は無い」と発表した。

 現代ロテムによると、電車は納品後2年過ぎ保証期間が過ぎているが、部品の保証期間は残っている。問題になった部品は現代ロテムが製作した部品で無く『バイ アメリカ(Buy America)』規定に従いアメリカの会社が供給した部品である。

 一部外信は、現代ロテムがデンバー地域交通局に納品した電車にも、同様の問題があるか?関係当局が調査していると報じた。

 現代ロテムは、電車は発注先の要求に合わせて製作する為、デンバー地域交通局に納品した電車と南東交通局に販売した電車は違うと発表した。国内で運行する電車には、このような問題は無いと現代ロテムは説明した。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2016/07/06/0302000000AKR20160706187600003.HTML

アメリカは、ウクライナみたいに甘くない。
言い訳も、言い逃れも、嘘も通用しないよ。
どうするんでしょ?(笑)

パーツを輸入し組み立てるだけなのに、まともに組み立てすら出来無い。
韓国製は恐ろしいね?(笑)

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック