かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【お断り!!】

[ブレキジット ショック]
為替当局『コンティンジェンシープラン』の稼動開始
 ・・・『為替レートの微調整など、使用可能な手段総動員』

2016.06.24 20:26 韓国経済

外国為替市場

緊急マクロ経済金融会議
外貨健全性点検に万全・・・通貨スワップ拡大など議論


 政府は、スムージングオペレーション(為替相場の微調整)、銀行の外貨健全性比率の常時点検など、活用可能な全ての手段を動員し、為替・金融市場の安定化に乗り出す。ブレキジットの影響長期化に備え、政府は韓・中・日など、地域間通貨スワップの締結、金融会社の外貨建て債権の発行を通じた外貨流動性確保策も検討する計画である。

 企画財政部は24日、チェ・サンモク1次官主宰で、2度緊急マクロ経済金融会議を行った。チェ次官、チョン・ウンボ金融委員会副委員長、ユン・ミョンシク韓国銀行副総裁、ソ・テジョン金融監督院首席副院長は、午前8時に行われた会議で、ブレキジットの国民投票の進行状況、国際金融市場の動向を点検し、海外事務所が収集した現地の反応を分析した。記載部はブレキジットが有力になった午後2時、再び会議を行い、各機関が用意したコンティンジェンシープラン(非常対応計画)を本格稼動し、対応策を集中的に議論した。

 外国為替当局は、同日の会議で、為替市場の安定化の為、適時にスムージングオペレーションする事にした。同日、為替市場のウォン・ドル相場が急騰し、スムージングオペレーションと推定されるドル買いが数回行われた事が分かった。外国為替当局関係者は、「コンティンジェンシープランで、外貨流出強度が強くなれば、為替レート微調整強度を徐々に高める」と話した。

 金融当局は、銀行の外貨健全性の点検に、万全を期す計画である。金融監督院は同日、銀行8行の資金担当副頭取を呼び、流動性カバレッジ比率(LCR:資金流出項目(×掛け目)-資金流入項目(×掛け目))の報告を受けた。金融当局関係者は、「平均的な政府勧告分、70%以上を維持していた。点検を続け、外貨不足が発生すれば、流動性確保策を用意する」と説明した。

 政府は、16日発表した銀行の先物為替ポジション拡大(7月施行)、外貨LCR義務規制(来年1月施行)などで、ブレキジットに先制的に対応した為、『外貨流動性リスクを心配する状況に無い』と評価している。しかし、ブレキジットは最低2年以上かかる『長期的なリスク要因』と判断し、地域間通貨スワップの締結などを通じた外貨流動性確保策も検討する方針である。外国為替当局関係者は、「ブレキジットの進行段階に応じ、外貨建て債権の発行による外貨の確保など、強化されたコンティンジェンシープランを施行する。地域の金融安全網を通じた地域間通貨スワップも議論している」と話した。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016062410091&nv=3

検討するのはタダだから、勝手に検討しな!!
日本は関係無いし、お断り!!

ホント、人の神経を逆撫でする天才だよね?こっち見んな!!
反日で憂さでも晴らして、自力で頑張れ。

【FRB『通貨スワップの稼動準備出来ている』
・・・ブレキジットショック最小化趣旨】

2016.06.24 23:07 NEWS TOMATO

 イギリスのEU脱退で、金融市場が混乱に陥る中、アメリカの中央銀行、連邦準備制度が、ドルの供給を示唆した。

 FRBは24日(現地時間)の声明で、「金融市場を観察している。アメリカ経済に否定的な影響の可能性がある国際金融市場の圧力を緩和する為、必要があれば他国の中央銀行との通貨スワップを利用し、ドルを供給する準備が出来ている」と説明した。

 通貨スワップは、他国でドルが急激に流出し、流動性危機が発生すれば、FRBがドルを貸す形である。2008年のリーマンショック当時、アメリカと通貨スワップを締結した国家間で数千億ドル動いた。しかし、先週(~15日)は、約600万ドル交換された。

 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、FRBだけで無く、ヨーロッパ・日本など、主要国の中央銀行も、流動性供給に備えていると伝えた。

 ヨーロッパ中央銀行(ECB)は声明で、「必要があれば追加で流動性を拡大出来る」と伝えた。日本銀行・日本財務省も、「為替の流動性と関連するリスクを認知し、主要国と締結した通貨スワップを稼動する出来る」と発表している。

 スイス中央銀行は、急騰するスイスフランを下げる行動に突入している。
http://www.newstomato.com/ReadNews.aspx?no=666748

韓国は、インドネシア・中国・オーストラリアのスワップで頑張れ!!(笑)
いや~、日韓スワップ終わってて良かった。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック