かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【9cmの最大への憧れ(笑)】

【『ギネス』目指した43tの大釜、CD48万枚の芸術品、古物に転落】
2016.06.22 11:03 聯合ニュース

地方自治体の功績稼ぎに数億ウォン投入し、幾らも経たずに廃棄処分
使い道無く、管理費をかけて維持する事を悩む

 忠北(チュンブク)槐山(クェサン)郡の唐辛子流通センター広場に、巨大な釜がある。

 直径5.68m、高さ2.2m、円周17.8m、厚さ7㎝の巨大な釜で、製作43.5tの鋳鉄が使用されている。

AKR20160622077100064_01_i.jpg

 槐山(クェサン)郡が2005年、世界最大の調理器具を作ると、5億1,000万ウォン投入し製作したものである。当時、数千人のご飯を炊く事が出来るとして、募金や屑鉄を集める郡民運動を繰り広げた。

 しかし、釜が大き過ぎた為、ご飯を炊けなかった。更に、オーストラリアの素焼きの土器が、この釜以上に大きい事が確認され、ギネスブックへの登録にも失敗した。

 これまで、この巨大釜は、この地域の特産品『テハッキョとうもろこし』を茹でるイベントに数回使用されただけである。

 巨大な釜を作ってから11年目の今年も、有効な利用方法は発表されず、維持・管理費用がかかる無駄なモノに、毎年少なくない金を投入し続ける事は、更に無駄である。今年も、巨大釜のサビを防ぐ、防錆処理に約500万ウォンの予算が計上されている。

 製作当時、郡長が政治家として功績を積む為のものと批判されたが、槐山(クェサン)郡は中止せず、今でも唐辛子流通センター広場に置かれているこの巨大釜は、逆説的に成果稼ぎに汲々とし、無理に事業を推進すれば、どの様な結果を生むのかを示す、為政者が反面教師にすべき象徴となっている。

 『世界最大』の誇示事業に予算を投入し、ギネスブックに登録出来れば功績だと宣伝するが、何の役にも立たない苦労の種で、貴重な血税を使い果たす例が大半である。

AKR20160622077100064_02_i.jpg

 清州(チョンジュ)市は昨年9月、国際工芸ビエンナーレを開催し、世界最大規模の芸術作品を製作すつ『CDプロジェクト』を企画した。

 市民から約489,000枚のCDを集め、イベント会場の旧煙草製造廠外壁3面(横180m、縦30m)を飾る『CDファサード』を製作した。

 費用3億7,000万ウォン、製作期間4ヶ月、63ビルを横に倒した時と同程度の大きさのこの作品は、『CDを利用した最大の設置物』としてギネスブックに登録された。

 イベントの期間中、数十万枚のCDに光が発射する光の饗宴が客の注目を浴び、『キラーコンテンツ』に浮上した。

 しかし、イベント終了後、問題が発生する。作品の維持・補修に年間1億ウォン以上かかる上、安全上の問題が指摘された。

 最終的に、この作品に使用されたCD約30万枚は廃棄物として処理された。残りのCDで、煙草製造廠内の文化産業振興財団の外壁に似た施設を作ったが、これまた管理の難しさから、1年以上維持する事は困難と見られている。

 永同(ヨンドン)郡は2010年、2億3,000万ウォンで直径5.54m、高さ6.4m、幅5.96m重量7tの 巨大な太鼓を作った。

 翌年、世界最大の太鼓に認証されたが、保管施設が無く、臨時の保管場所に4年間放置され、2015年永同(ヨンドン)郡が作った蘭契(ナンゲ)国楽器制作村に、やっと展示された。

 『世界最大』に拘り、当てが外れたのは忠北(チュンブク)だけでは無い。

 2009年の釜山(プサン)チャガルチ祭りの時に製作された長さ5m、幅3.5mの巨大な刺身皿は、ギネスブックに登録された。しかし、すぐに廃棄される事になる。

 2011年以降、巨大ビビンバ作りイベントに変わり、この皿の使い道は無くなった。

 大邱(テグ)寿城(スソン)区は2012年、『水性フェスティバル』の付帯イベントとして、1,020mのキムパプを作る。国内最長キムパプを記録したが、1回限りのイベントに終わっている。

 昨年、全南(チョンナム)高興(コフン)郡が、『居金島(コグムド)ロックフェスティバル』で1,344mのキムパプ(のり巻き)作りに成功し、大邱(テグ)は『国内最長キムパプ記録』のタイトルを失った。

 2009年、忠南(チュンナム)泰安(テアン)郡伊院面(イウォンミョン)に2.7kmの『希望壁画』を作り、ギネスブック登録を目指したが、7年後の現在、色が剥れ、壁画は擦れている。

 ギネスブック登録を目指している事が知られた当時は観光客が集まったが、現在は殆ど途切れている。

 忠清(チュンチョン)大ナム・キホン(行政学科)教授は、「自治体の長が、興味を引く為、十分に検討せず、世界最大イベントを拙速的に行うケースは少なくない。自治体の長は、任期満了後退けばいいが、製作費用の浪費は勿論、維持・運営費負担が苦労の種に転落する可能性が高く、地方議会や市民団体は、政治的功績をアピールする為の展示行政を積極的に牽制する必要がある」と話した。
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/22/0200000000AKR20160622077100064.HTML?ae861ba8

>政治的功績をアプールする為の展示行政
 ギネスブックに登録されたら、自治体の長の政治的功績になる?
 なるね?韓国では。
 
 ギネスブック登録=世界最高、世界最大、世界最速etc=世界一。
 世界一に憧れる不治の病は、世界最小(9cm)が原因かもね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック