かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【朝鮮ハゲネズミ】某団体は民団だった】

【朝鮮ハゲネズミ】舛添都知事ついに終了か【核爆弾投下】
2016.06.13 

この情報を掴んだのは2週間ほど前になるが調査する担当部署から箝口令が出て私は舛添都知事叩きには参戦していなかったのですが、尻尾を掴んだのだろうか?バラ撒き許可が出たのでブログに書かせて貰う。

舛添都知事が辞めない理由は新宿区の一等地に誘致しようとした韓国人学校の問題である。 

舛添都知事はその誘致に関して韓国人のある団体から一時着手金として相当額の賄賂を受け取っていたそうだ。 

韓国人学校予定地の立地を見れば分かるように市ヶ谷にある防衛省の至近。 

これは完全に日本の国防を脅かすためのスパイ養成学校でしょう。 

パククネからの要求は韓国人のある団体を通じ舛添都知事に連絡を行っていたようですが、今回の韓国人学校は主に生徒が韓国から日本に滞在する外交官の家族向け。

日本で生まれた在日韓国人の子供が通う学校では無いとの話。 

外交官は派遣された国の実態を現地から報告する任務もありますから、その家族が通う学校はスパイ養成施設と言われても反論は出来ない。

完全に東京都には必要の無い施設ですが、都知事権限を行使してまでも韓国人学校誘致を強行しようとしていたその理由は私利私欲と売国のため。全ては祖国の韓国のため。

舛添が給料を半額カットにしても辞めない理由は?いや辞められない理由と書いたほうが良いだろう。

韓国人学校の誘致に関して舛添都知事は韓国人のある団体から前払いで一部着手金を賄賂として受け取っていた。

さらに韓国人学校の誘致に成功したら都知事の退職後には韓国人学校で要職への雇用という便宜まで図らせていたが、今回の様々な都税私的流用が発覚した失態で韓国人学校誘致が困難になりそうだと分かるとパククネとの間に入った韓国人のある団体は態度を一変して着手金を返せと要求。 

ここで双方の見解に違いが生じる。 

舛添都知事は着手金は誘致の謝礼であり、返さなくても良い賄賂だと判断して一部を使い込みしてしまった。

返金の要求があった韓国人のある団体から返さないならこの事をバラす。
家族の身の安全も保障しないと逆に脅迫される結果にまで発展。


そして慌てた舛添都知事は6/6に表向きは公用車で通いつめた湯河原の別荘をケジメをつけるために売却すると発表。 

この時点で急に大金が必要になった事で舛添都知事の黒い噂が現実味を帯びる。

湯河原の別荘は韓国人のある団体との会談に頻繁に使われたらしく証拠隠滅も舛添都知事は図ったようだ。 

それに激高した韓国人のある団体は湯河原の別荘を売却する事で得られた代金で一時着手金を受け取ると必要が無くなった舛添都知事を完全に社会から抹殺するために韓国人学校誘致の条件に舛添都知事は韓国人のある団体から賄賂を受け取っていたと情報を裏社会を中心に拡散を開始したそうだ。 

韓国人のある団体からも見放された舛添都知事は逆に一家共々狙われるハメになっていますが完全に自業自得。

大体、これだけの都税私的流用をやらかして辞職もせずに給料を半分でも貰ってまだ都知事を続けるなんて発言に厚顔無恥な舛添都知事には何か裏事情があるのだろうと考えていました。 

仮に給料半額カットでも月給は70万円、ボーナス半分カットでも190万円が2回年収は1220万円になるのです。 

ふざけるなよと思いませんか? まだ半分も欲しいのかよ?

そしてこの韓国人学校誘致では国防を担うべき防衛省の目の前にスパイ学校同然の施設を誘致しようと企む。 

さらに都知事退職後の天下り先として韓国人学校の要職へ再雇用の便宜まで要求していたとなれば、売国奴の朝鮮ハゲネズミは家族もろとも韓国のある団体に始末されても仕方ないかと思います。

おい! 舛添! おまえ幾ら貰ったんだよ! 
by三遊亭円楽
http://kudocf4r.exblog.jp/24454334/

日本のメディアに、この問題の全貌を報じる勇気があるかしら?

全てが本当で無いにしろ、韓国がする事は、女をあてがうか?金とばら撒くか?脅すか?以外に無い。
枡添は朝鮮人だから、金に汚く、下品なのは当然でしょ?
だから、4世代遡って出自を公開しろと言ってるのよ。

家族全員遺体で発見されても、自業自得としか思わない。
どんな形であれ裁かれるべき。
刑務所の方が安全かもね?
創価学会じゃ、どこにいようが安全とは言えないか?(笑)

ここにある某団体は、民団だって。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック