かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【徳政令しか無いかもね?】

【信用7~8等級の290万人、8月以降貯蓄銀行で借入出来無い】
2016.06.07 16:46 毎日経済

 韓国信用情報院が保有する消費者金融の融資情報が、8月以降、貯蓄銀行と共有され、多重債務者の内、特に消費者金融の借入の割合が高い信用等級7等級以下の低信用者の貯蓄銀行からの借入が困難になると見られている。

 これに伴い、制度圏の金融会社が受入れ無い低信用・庶民の違法金融利用による被害が懸念され、対策が要求されている。

 7日、ナイス評価情報によると、昨年末時点で消費者金融利用者の約40%が、貯蓄銀行からも借入ていると集計された。

 貯蓄銀行の借入は信用等級8等級まで可能で、消費者金融の融資が信用下位等級に集中している事を考慮すれば、信用等級7~8等級の約288万人(7等級155万人+8等級133万人)は、8月以降貯蓄銀行の借入が制約されると予想されている。

 金融委員会は、中金利信用融資活性化の為、第2金融圏利用者の信用評価を、より詳細化する必要性が提起され、8月以降、韓国信用情報院が保有する消費者金融全体の情報を、貯蓄銀行、インターネット専門銀行と共有すると発表した。

 そうなれば、貯蓄銀行は消費者金融の情報を確認出来、融資審査を正確出来るようになる。例えば、昨年9月A氏が、消費者金融1社から300万ウォン借入れた場合、現在貯蓄銀行はA氏の消費者金融の融資情報を確認出来ないが、8月以降は、その情報を融資審査に反映する事になる。消費者金融を利用する多重債務者の融資審査を強化する条件が、貯蓄銀行に用意される事になる。

 一方、消費者金融の利用者は、融資情報が貯蓄銀行と共有され、追加融資が制約される事になる。通常、消費者金融の融資は、金利が高く、延滞率も高い。その為、金融圏は、消費者金融の融資を不良リスクが高い融資に分類し、消費者金融の借入がある事を確認すれば、融資拒否や限度額縮小などで制約する。消費者金融の借入があれば、制度圏の金融会社の利用は困難になると言う事である。

 これに対し、一部は、8月以降信用7~8等級の288万人の資金需要を吸収可能な制度圏の金融会社不足を懸念している。消費者金融と貯蓄銀行の両方を利用する信用下位等級の多重債務者は、急場の資金準備の為、違法金融に追い込まれる可能性があるからである。

 現在、金融当局は、違法金融の規模さえ正確に把握していない。

 更に8月の融資情報の共有を控え、消費者金融と貯蓄銀行を同時利用する多重債務者への消費者金融の返済圧力が強まるとの見方もある。

 関連業界関係者は、「消費者金融の融資情報が、貯蓄銀行と共有されれば、(貯蓄銀行は)融資時の不良審査防止など、リスク管理を向上出来るようになるが、低信用者は、融資拒否、返済圧力など、資金梗塞の可能性が高まる為、対策が必要だ」と話した。

 これに対し、金融委関係者は、「商品者金融の融資情報は、これまでもCB(信用評価会社)社が、格付け算出に利用して来た。今回の情報共有の拡大で、低信用者の資金梗塞が発生する事は無いと予想している」と話した。
http://nnews.mk.co.kr/newsRead.php?year=2016&no=407212&sc=30000001&sID=301

貯蓄銀行と消費者金融の違いは、預金を扱っているか?否か?だけで、金利なんかは消費者金融と大差無いからね。
対策は、得意の徳政令しか無いんじゃね。
パク・クネは、徳政令カードを切るのは3度目?
何度切っても効果が無い徳政令カードって何なんだろ?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック