かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【夢を見るのは自由だけど?】

【韓国、『パリクラブ』の会員国になる】
先進債権国協議体『パリクラブ』加入目前
 ・・・1997年アジア通貨危機後、19年ぶりに公認債権国に
2016.06.02 21:36 Monay Today

 我が国が先進債権国協議体『パリクラブ』の21番目の正会員国になると見られている。パリクラブに正式加入する事になれば、韓国は1997年のアジア通貨危機後、19年ぶりに国際社会で公認された債権国になれる。

 2日、企画財政部によると、パク・クネ大統領は3日(現地時間)、パリでオランド大統領と首脳会談を行い、パリクラブ正会員国加入意志を表明する計画である。

 正式加入まで、既存の正会員国20ヶ国の同意が必要だが、パリクラブ議長国のフランスの招待を受け、加入は順調と見られている。フランスは昨年、韓国とフランスがG20(主要20ヶ国会議)国際金融体制実務会の共同議長国になった事をキッカケに、パリクラブ加入を薦めた。

 パリクラブは、1956年に設立された先進債権国協議体である。正会員国2ヶ国は、経済協力開発機構(OECD)の会員国を中心に構成される非公式協議体である。パリクラブは債務国が公的債務を正常に返済する事が困難な場合、公的債務の再調整を議論する。

 パリクラブは設立以降、90ヶ国の債務国と433件の公的債務の再調整交渉に妥結している。

 政府はこれまでパリクラブ正会員国加入を打診して来た。韓国の対外債権が昨年末7,176億ドルを記録するなど、2008年以降急速に増加し、新興国の債務不履行(デフォルト)危険に備える必要が大きくなったからである。

 パリクラブの正会員国になれば、債務再調整交渉時の議決権行使が可能で、国際社会での発言権も強くなると見られている。 合わせて、債務国の敏感な情報も入手出来る。

 記載部関係者は、「債務再調整は、G20など国際社会の主な関心事で、パリクラブの正会員国に加入出来れば、我が国が保有する対外公的債権の回収の可能性が高くなり、国際社会に於ける役割も大きくなると期待される」と話した。
http://cnews.mt.co.kr/mtview.php?no=2016060220481309078&cast=1&STAND

夢を見るのは自由だけど、今の状況では無理かと。(笑)

>新興国の債務不履行(デフォルト)危険に備える必要が大きくなった
 勘違いしてない?
 自国の債務再調整が出来ると。(笑)

日本、フランス、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、アイルランド、イスラエル、イタリア、オランダ、ノルウェー、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカの20ヶ国。
全ての同意を得られるかしら?
アメリカは反対するだろうね?(笑)

な~んか、韓国の名前が入ると、品位が下がる気がするのは何でだろ?

【最下位の会計透明性・・・韓国、61ヶ国中最下位】
IMD調査・・・モンゴル・ベネズエラより低い
・・・一部『質問に基いた主観的評価』反論
2016.06.03 03:13 東亞日報朝鮮語版

 『世界最下位』

 世界で10位の経済大国、韓国の会計部門の順位である。専門家は、大宇造船海洋の不良監査疑惑などで、会計法人の問題が赤裸々に暴かれ、会計業界の換骨奪胎が必要だと口を揃える。

 2日、企画財政部によると、最近発表されたスイス国際経営開発大学院(IMD)の2016年国際競争力評価の詳細項目『会計・監査の適切性』は、調査対象国61ヶ国の内、61位だった。2014年の59位→昨年60位に、今回再び一段下落している。アメリカ・日本など先進国は勿論、中国・モンゴル・ベネズエラなどの途上国も韓国より順位が高かった。

 金融当局と会計業界は、「国内の企業家と、駐韓外資系企業家のアンケート調査を基にした順位で、大きな意味が無い」と反論している。会計法人の自国企業家の認識が悪いだけで、順位が最下位だからと言って、韓国が途上国より会計レベルが低いのでは無いと言う事である。

 しかし、多数の専門家は、企業が会計士のレベルを低く評価する事は深刻な問題だと指摘する。イ・ハンサン高麗(コリョ)大経営学科教授は、「昨年の世界経済フォーラム(WEF)の調査でも、韓国は151ヶ国中72位で下位圏だった。駐韓外資系企業家が、韓国企業の財務諸表を信頼していない事が反映されている」と話した。会計法人だけで無く、会計の透明性を軽視して来た韓国企業の文化自体が問題との批判もある。

 最近、会計業界は、相次ぐ悪材料に疲弊している。金融監督院は、大宇造船海洋を監査したアンジン会計法人が、大規模な不良を見逃した原因を監理している。国内最大の会計法人三一(サミル)会計法人は、幹部役員がチェ・ウンギョン元韓進(ハンジン)海運会長に未公開情報を提供した容疑で検察の捜査を受け、道徳性に傷を負った。

 専門家は、企業の不良を適時に発見出来ない会計法人にも、企業構造調整遅延の責任があると指摘する。チェ・ジョンハク ソウル大経営学科教授は、「監査の投入人員と時間を確保出来るよう、監査人員を2~3倍に増員すべきで、金融当局は企業の外部監査人を指定する監査指定制度をきちんと運営する必要がある」と話した。金融監督院関係者は、「不良監査の責任を強化し、罰則を厳しくすれば、粉食会計を目を見逃す事は無い」と話した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160603031307993

こんな国がパリクラブ?笑わせんな!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック