かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【監査の結果、債務4,000億増】

【昨年の国家債務1,285兆・・・監査院の監査で4,000億ウォン増加】
2016.05.31 15:00 聯合ニュース

決算報告、国会に提出・・・国の債権1,000億ウォン減少
監査院、125件のエラー発見・・・純資産は571兆280億ウォン

 監査院が昨年の国の決算報告書を検討した結果、国家債務が当初の政府の集計に比べ4,000億ウォン増の1,285兆2,000億ウォンと確認された。

 政府は、監査院の決算検査を受け、修正を反映した『2015会計年度、国家決算報告』を国会に提出したと31日発表した。

 これに先立ち、政府は4月、国の決算報告書を閣僚会議で審議・決議し、監査院に提出していた。

 監査院は、憲法と国家財政法に従い、報告書を検査し、2日企画財政部に再送付した。

 監査院は今回の検査で、125件のエラーを見つけた。.

 2015会計年度の歳入(328兆1,000億ウォン)と歳出(319兆4,000億ウォン)、国家債務(556兆5,000億ウォン)は、監査院の検査結果と変動が無く、余剰金は2兆8,139億ウォンだった。

 また、財務諸表上の資産の内、一部は過小計上され、一部は過剰計上されていたが、過小計上額と過剰計上額が2兆9,000億ウォンと同額で、結果的に資産規模は当初の政府の提出額1,856兆2,278億ウォンと変動がなかった。

 一方、債務は、政府の集計1,284兆8,000億ウォンに比べ4,000億ウォン増の1,285兆1,998億ウォンで、資産から債務を引いた純資産は571兆280億ウォンだった。

 更に、原価からコストを引いた財政運営は2,000億ウォン過小計上されていた。

 記載部関係者は、「発生主義の債務認識基準で、支払義務がすでに確定し、債務として認識すべきものが漏れていたケースなどを反映した」と説明した。

 国有資産が1,202億ウォン過剰計上、物品が194億ウォン過小計上、債権は1,097億ウォン過剰計上されていた。

 国家債務は、2014会計年度の503兆→2015会計年度556兆5,000億ウォンに、53兆5,000億ウォン増加している。

 部署別のエラー項目を見ると、国土交通部など20の中央行政機関は、社会基盤施設資産の未計上、又は重複計上し、資産を3,249億ウォン過剰計上し、財政運営の結果を978億ウォンを過小計上していた。

 更に、海洋水産部など20の中央行政機関は、土地の再評価を行っていないケースや有価証券の損失を認識せず、資産1,238億ウォンと債務123億ウォンを過剰に計上し、財政運営結果を4,394億ウォン過小計上していた。

 国防部など14の中央行政機関は、建設が終わった資産などを計上せず、資産1,524億ウォンを過小計上し、財政運営結果を1,502億ウォン過大計上していた。

 企画財政部など12の中央行政機関は、債務を計上せず、債務の引当金を設定しらおらず、資産3,286億ウォン、負債6,014億ウォン、財政運営結果1,470億ウォンを過小計上していた。

 今回提出された'2015会計年度国家決算'は、国会法により定期国会開催前の8月末までに国会で審議・決議される予定である。

 一方、監査院は、2015会計年度、9,305の機関の書類監査を、2015年5月~2016年4月96の機関の財務・機関運営監査と、86の省の特定監査を実施し、3,016件摘発したと発表した。

 主な内容を見ると、▲追徴課税の徴収、又は工事費減額などの是正要求182件(1,305億ウォン)、▲税金の還付の是正要求7件(34億ウォン)、▲不正関係者の懲戒・問責要求216件(393人)、 ▲注意勧告1,190件、▲勧告・通知・告発・捜査要請1,389件などである。

 機関別に1,575件、地方自治体719件、公共機関280件、その他442件だった。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2016/05/31/0505000000AKR20160531069900001.HTML?template=5566

国家・企業・家計の3主体全てが仲良く債務1,200兆突破。
国家債務は1200兆なんてもんじゃ無いけどね?
債権が1000億ウォン減少したのは、産業銀行や輸出入銀行のBISを維持する為に、現金で無く、債権や株で出資しているから。

どうせ監査もインチキだし。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック