かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【日本ガ~】

[Weekly BIZ]
韓国の輸出不振・企業構造調整事態、円安が主犯
2016.05.28 03:06 朝鮮Biz

円・ウォンレート、3年間に71%ウォン高
韓国経済危機に追い込み

 いつも為替レートの問題である。輸出依存度が高く、隣国とグローバル市場で競合する商品が多い国ほど、為替レートが輸出を左右し、経済の決定打になる。韓国も例外では無い。1990年の経常収支赤字転落、1997年の金融危機、2008年の外貨不足、最近の輸出不振は、円・ウォン相場の問題である。2012年6月、100円=1,510ウォンだった円・ウォン相場は、最近100円=1,072ウォンで41%上昇している。2015年6月885ウォンで71%ウォン高になっている。技術革新で、ウォン高の波を越えるべきだと言うが、程度を越えている。

 日本製品はグローバル市場で50%割引販売しても問題無く、韓国は値上げしなければ利益にならない状況で、アメリカではトヨタのカムリが現代のソナタより安く販売され始めている。莫大な研究開発費が必要な技術革新も、利益が出て、内部留保があってこそである。日本企業は続く黒字で、自動車・エレクトロニクス企業が蘇生し、次世代研究開発に邁進している。

 一方、韓国企業は赤字と構造調整に苦しんでいる。昨年12月、決算上場企業1717社の内、利子すら返済出来ない利子補償倍率1未満の企業は450社で、26.2%に達している。負債比率200%以上の企業は135社で、20社は資本蚕食、負債比率1000%以上の超高リスク企業である。このまま行けば企業不良が金融不良に転移し、金融危機が発生する可能性があると思えるほどである。格付け会社のムーディーズとフィッチは、格付け見通しの下方修正など、警告を発している。

 主犯は、円・ウォン為替レートである。2012年中盤から始まった円安は、時差を置いて輸出に影響し、2011年19.0%だった輸出の増加率は、2012年1.3%、2013年2.1%、2014年2.3%、昨年15.4%と、昨年1月~今年4月まで、16ヶ月連続マイナスが続いている。

 中国など、グローバル経済の悪化も重要な要因だが、他の国に比べ、韓国の輸出が大きく振るわないのは、円・ウォン相場の上昇が根本的な原因である。更に、今回は以前の危機の時以上に長期間、すでに4年間円安が続き、当分解消の兆しが見られなくなっている。

 この様に輸出が振るわず、輸出好調を予想して行った投資が過剰投資となり、企業構造調整問題が台頭している。現在、構造調整危機の企業の大半は、2010年世界経済がリーマンショックから回復するとすぐに投資を拡大したものの2011年ユーロ危機が発生し、世界経済が再び悪化し、輸出が悪化し、不良が累積した企業である。日本は、グローバル経済の悪化に対応し、果敢に量的緩和し円安政策を推し進めて来たが、韓国は2014年中盤まで、ウォン高を放置した。円・ウォン相場が、韓国経済を危機に追い込んでいる。

 1980年代後半の産業合理化対策、1997年の金融危機、2008年の外貨不足、16ヶ月連続の前例無き長期間の輸出減少には共通点がある。経済状況を誤認した過剰投資、金融機関の過剰融資、ウォン高、特に円・ウォン相場の上昇、輸出悪化、企業不良の増加、金融不良への移転、企業構造調整、国家債務の増加の順である。ハーバード大学のケネス・ロゴフ、カルメン・ラインハルト教授が世界の金融危機800年史を研究し、2009年に出版した『「This Time is Different: Eight Centuries of Financial Folly(これまでとは違う)』の主なメッセージもこれである。本では、この様な過程を経る度に、成長率が半減するとしている。1997年の危機後9%台→5%台に、2008年の危機後2~3%台に墜落した韓国経済は、今回の危機の後どうなるのか?心配である。

 6月、アメリカの利上げの可能性が高まり、下半期の為替相場は揺れ動くと見られている。アメリカは2014年~2015年まで、2.4%の成長率を記録し、潜在成長率は2.5%近い。完全雇用率5.0%、消費者物価上昇率0.9%を記録し、追加利上げが予想されている。しかし、利上げ期待に伴うドル高で、今年第1四半期の輸出増加率は前年同期比8.0%と振るわず、産業生産が鈍化している事が障害になっている。ここで発表されたアメリカの政策が、対米黒字国の通貨安を抑制する財務部の為替報告書である。この様な警告にも関わらず日本と中国が、どれ位自国通貨安に誘導するかが、下半期の外国為替市場の重要な変数である。

 現在、ドル・ウォン相場は1ドル=1,190ウォン、元・ウォン相場は1元=180ウォンで概ね均衡水準を維持している。しかし、100円=1,070ウォンが均衡水準と分析される1ドル=1,250ウォンを大幅に上回っている事が、韓国の輸出にダメージを与えている。アメリカの利上げで、ウォン・円・元が下落しても、ウォンと円は同時に下落し、円・ウォン相場は改善しない事が予想される。

 中国は、ドルは勿論、ウォン、円を考慮した通貨バスケット制(複自国の通貨を複数の外貨に連動したレートにする固定相場制の事)を導入している。基軸通貨国の日本は、自由変動相場制で、量的緩和による円安政策を拡大する可能性がある。基軸通貨国で無く、自由変動相場制の韓国は、通貨政策だけで円・ウォン相場を改善出来ず、弱り目に祟り目でアメリカの為替報告書により、為替政策の身動き幅が狭くなっている。資本移動マクロ健全性規制の改編、国際金融外交強化は勿論、為替制度を含む抜本的な対策を緊急に準備すべきである。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2016/05/27/2016052701770.html

韓国も例外では無い?
資本主義の悪魔が、経済を完全に掌握している国と言う意味では、例外でしょ?(笑)
1度目は国家・国民を戦わずして失い、2度目は資本主義の悪魔に抵抗する事無く国を奪われた。
馬鹿だから気付いていないようだけど・・・。
支配者が資本主義の悪魔→共産主義の悪魔に変わる事はあっても、永遠に国は奪われたままですね?(笑)

どうせなら、もっと反日しろ!!
日本人全員が、嫌悪する位に・・・。

【財閥~バイトまで危機の韓国経済】
2016.05.28 18:47 京郷新聞

3社に1社は不良兆候企業
家計負債1,223兆ウォン突破
青年失業率史上最高

 忠北(チュンブク)で暮すホン・スンヒ氏(58・仮名)、4人家族の所得は、失業給与と労災保険金、そして介護職のホン氏の約150万ウォンの給与である。中小企業を退職後、公共施設で働いていたホン氏の夫(61)は、腰を痛め4ヵ月間休職している。2年間、ソウルのIT企業で働いていた長女(31)は、契約が満了し、新たな職場を探している。失業給与でソウルの家賃50万ウォンを払う事は困難でホン氏が仕送りしている。『経歴職の再就職』は、少しでも良くなるのではないかと希望を持っている。文系専攻で、大学を卒業し、就職した事が無い次女(26)は、一生アルバイトのままかと心配している。娘の部屋を掃除していると履歴書を見かけたが、ある時を境に履歴書は見当たらなくなった。企業が選ばないと言う。ホン氏は、自身が病気になった時の事を心配している。ホン氏が倒れると家計が不安定になる。

 大企業に就職して6年の社員パク・ヒョンウ氏(31)は、最近退職し、公務員試験の準備中である。朴氏は、「財務チームで毎晩夜勤するなど余りに仕事がきつく、構造調整が噂されている。少しでも若く、能力ある時に逃げ出そうとする雰囲気」と話した。3年以上付き合っているガールフレンドはいるが、結婚は考えていない。取り敢えず、新たな仕事を見付ける事が急務である。ソウルの有名薬科大を卒業したチョン・ヒョンソン氏(31・仮名)は最近、2年近く経営していた薬局をやめた。近くに新たな薬局が出来、売上は大幅に減少した。結婚しているが、妊娠計画は無期限延期した。結婚当初、家を用意する為に作った借金の返済を考えると途方に暮れる。チョン氏は、「安定性だけを見て薬科大を選んだがガッカリした。韓国に安定した雇用や生活の道はあるのか?と考える」と話した。

 韓国経済は現在、どんな状況なのか?『第2IMF』と言う表現でも足りないと専門家は指摘する。IMF危機の時と同じ様に、不良企業の連鎖倒産懸念が感知され、同時に20年前には無かった『少子化高齢化』の影響が、経済を困難に陥れている。20代国家で『構造調整』『社会的大妥協』などの言葉が行き来する理由である。階層を越えた『総体的』な危機である。

 不良企業が大幅に増加している。 2007年、4社に1社は3年間営業利益で利子を返済出来ない『不良兆候企業』だった。韓国銀行の最新の統計を見ると、昨年の不良兆候企業は3社に1社以上、36.0%が不良兆候企業である。3年連続利子費用を返済出来ない慢性的限界企業の割合は、2009年の8.2%(1,851社)→2014年10.6%(2,561社)と、2.4%上昇し、非製造業では運輸業・建設業、製造業では造船・鉄鋼業種の慢性的限界企業の割合が大幅に上昇している。危険企業数の割合は、造船(62.5%)、建設(28.7%)、鉄鋼(24.2%)が高く、危険負債額の割合は、造船(93.7%)、輸送(53.9%)、機械設備(38.5%)が高い事が分かった。

 零細企業だけが限界企業、或いは不良兆候企業では無い。20大企業グループのグループ企業の37%が不良の兆候を示している。4ヶ月連続法廷管理を受けているSTXが代表的である。チョ・ヨンチョル前国会予算政策処事業評価局長は、「財閥企業と輸出・製造業中心の体制に依存する既存の成長体制が限界に来ている事を意味する」と話す。造船業の場合、中国の追撃への対応に失敗し、いい加減に海洋プラント産業に進出し、不良が拡大した。経済改革センターによると、20大企業の内、負債比率200%以上、利子補償費率1倍未満のグループは、2007年の2グループ→2014年10グループに増加している。

 キム・サンジョ経済改革連帯所長(漢城(ハンソン)大教授)は、「4大グループを除けば、財閥・大企業も3社に1社は不良状態で、2008年以降、不良が慢性化している」と話した。2008年、経済力集中と財閥の支配構造を改善する企業構造調整を行わず、4大河川・資源外交などの対処療法で危機を乗り越えた事、3代目の継承経営者は企業家精神を失っている事、中国の追撃など、様々な要因が複合的に作用した結果である。

 政府に失敗の責任を問う声も高い。『造船業』危機の始まりだった大宇造船海洋の財務状況悪化が発覚し、2015年10月、イム・ジョンリョン金融委員長、企画財政部長官、金融監督院長、大統領府経済首席が出席する『青別館会議』(非公開の経済金融点検会議)で、大宇造船海洋への4兆2,000億ウォンの支援を決めた。これまで、運営資金として2兆8,000億ウォン支援し、4,000億ウォンの有償増資も行われ、今後1兆ウォン追加執行する。これ程大規模な資金を支援したにも関わらず、大宇造船海洋の財務状況悪化の原因や不良の責任糾明は不透明である。大宇造船海洋の負債比率は、2014年の530%→2015年4,266%に上昇している。産業銀行の不良債権の急増は、産業銀行だけで無く、政府にも責任があると分析されている。高強度の構造調整と、政府の管理不良の責任糾明の必要性が、同時に提起されている。

 民間経済の数値も悪い。韓国銀行の資料を見ると、国民が借りた家計負債総額は3ヶ月で20兆6,000億ウォン増加し、3月末1,223兆ウォンを越えた。第1四半期、ノンバンク預金取扱機関のその他貸付は4兆9,000億ウォン増の154兆ウォンを記録している。相対的に生活が厳しく、急場の資金が必要な者が借入を拡大したと見られている。自営業者の廃業率も高水準である。統計庁によると、昨年の自営業者数は5,563,000人で、前年比89,000人減少し、1994年以降最も少なかった。年間の自営業者数の減少幅は、2010年(118,000人)以来の最大である。はっかり示された内需沈滞の局面である。

 昨年の青年失業率は9.2%で、史上最高、昨年の自然増加人口は439,000人で歴代最低である。昨年の出生数は史上4番目に少なく、出産率は1.24人で『超少子化』気流が続いている。金が回らず、未来の為の活動は停止している。財閥~雑貨屋経営者やコンビニのアルバイトまで、全てが危機から逃れられない状況にある。

 労働界も、『雇用保護』『構造調整反対』を越え、総体的な改革を要求している。チャン・インスック韓国労総雇用政策局長は5月25日、ソウル高麗(コリョ)大安岩(アンアム)キャンパスで行われた討論会『危機の韓国経済と労働』で、「我が国の経済・社会の継続可能な発展の為には社会の統合が要求され、大韓民国の未来を決める経済民主化、社会安全網拡大、公平課税租税改革、良質な雇用創出の為の実労働時間短縮、労働基本権拡大保障をすぐに始める必要がある。経済民主化、社会安全網拡充、雇用維持・創出、産業構造再編に向け国会次元の労・使・政社会的議論を行うべきである」と話した。アン・ジェウォン金属労組労働研究院研究委員は、造船業を例に、政府に労働政策と関連した強力な産業政策を要求した。アン研究委員は、「既存の事業を廃棄し、新たな産業を創出し、現在の造船産業と同程度の雇用を創出出来る産業を見付ける事は困難。造船産業が継続成長可能な競争力を維持する為、産業的次元の課題を、どの様に実行するかについて、政府と利害当事者の労働組合の意見を聴取する仕組みが必要である」と話した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160528184708940

今頃気付いてどうする?
気付かない方が幸せな事ってあるんじゃないかな?(笑)

教えてやろうか?
余命3ヶ月、持って6ヶ月だよ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック